映画
トーク・トゥ・ハー

トーク・トゥ・ハー
現在、放送予定はありません。

鬼才P・アルモドバル監督が愛の奇跡を切なく描き上げた異色の感動作。事故で昏睡状態に陥っていた美しいバレリーナを目覚めさせたのは、青年看護師のいちずな愛だった…。

自分の愛する相手が突然事故で昏睡状態に陥り、手の届かない世界へ行ってしまった時、果たして残された者はどうすればいいのか……。そんな絶望的な状況に直面した男女2組の気になる運命の行方を、ユニークな作家性で知られるアルモドバル監督が、彼ならではの奇抜なタッチで描写。愛の奇跡を切なくうたい上げ、自ら第75回アカデミー賞で脚本賞に輝いた感動作。主役陣の好演に加え、ドイツの一流舞踏家P・バウシュ、ブラジル音楽界のトップスター、C・ヴェローゾの特別出演も見どころだ。

My番組登録者数
  • 0
トーク・トゥ・ハー

鬼才P・アルモドバル監督が愛の奇跡を切なく描き上げた異色の感動作。事故で昏睡状態に陥っていた美しいバレリーナを目覚めさせたのは、青年看護師のいちずな愛だった…。

不慮の交通事故に遭って以来、昏睡状態に陥り、病室のベッドで4年間もひたすら眠り続ける美しいバレリーナ、アリシア。そんな彼女に対し、純真な青年看護師のベニグノは毎日、あれこれと彼女に話しかけては、彼女の身の回りの世話をかいがいしく焼いていた。一方、別の病室ではやはり競技中のアクシデントで昏睡状態に陥った女性闘牛士リディアを恋人のマルコがなすすべもなく見守っていたが、ベニグノと交流するようになり……。

作品データ

  • 原題/Hable Con Ella
  • 制作年/2002
  • 制作国/スペイン
  • 内容時間(字幕版)/114分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第75回(2002)アカデミー賞脚本賞「ペドロ・アルモドバル」

出演

役名 役者名
ベニグノ ハビエル・カマラ
アリシア レオノール・ワトリング
マルコ ダリオ・グランディネッティ
リディア ロサリオ・フローレス
カタリナ ジェラルディン・チャップリン
映画「縮みゆく恋人」のヒロイン パス・ベガ
あるダンサー ピナ・バウシュ
パーティーの歌手 カエターノ・ヴェローゾ

スタッフ

  • 監督
    ペドロ・アルモドバル
  • 製作総指揮
    アグスティン・アルモドバル
  • 脚本
    エステル・ガルシア
  • 脚本
    ペドロ・アルモドバル
  • 撮影
    ハビエル・アギーレサロベ
  • 音楽
    アルベルト・イグレシアス

関連特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの