映画
デイ・アフター・トゥモロー

デイ・アフター・トゥモロー

6/14(月)午後3:55

7/4(日)午前8:15

地球温暖化を引き金に世界各地で天災が連続発生し、氷河期が到来。「インデペンデンス・デイ」のR・エメリッヒ監督が人類滅亡の危機を描いた、パニックスペクタクル大作。

地球温暖化で極地の氷が溶けると海水の塩分濃度が低くなり、海中で暖流と寒流のバランスが崩れ、これは気温にも影響を与え、強力な嵐“スーパー・ストーム”が発生し、続いて氷河期が到来する……。大胆不敵な科学的仮説をもとに、世界各地を襲うパニック(東京にはグレープフルーツ大の雹が降る)を、大作が得意なエメリッヒらしく、スケールの大きな映像で畳みかけるようにして描いて迫力満点。米国人がメキシコを目指す場面(メキシコから米国への不法移民が多い現実に対する皮肉)など、あの手この手で盛り上げる。

My番組登録者数
  • 360
デイ・アフター・トゥモロー

地球温暖化を引き金に世界各地で天災が連続発生し、氷河期が到来。「インデペンデンス・デイ」のR・エメリッヒ監督が人類滅亡の危機を描いた、パニックスペクタクル大作。

古代気象学者のジャック・ホールは自身の調査をもとに猛烈な嵐、“スーパー・ストーム”が出現すると警告。それは現実となり、巨大竜巻がLAを襲い、NYでは大西洋からの高波が街を水没させてしまう。友人たちとNYを訪れていたジャックの高校生の息子、サムも洪水にのみ込まれかけるが、図書館に飛び込んで辛うじて難を逃れる。ジャックはサムを救おうと、危険を覚悟でNYに向かうが、今度は猛烈な寒波が米東海岸を襲い……。

作品データ

  • 原題/The Day After Tomorrow
  • 制作年/2004
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/124分
  • 内容時間(吹替版)/124分
  • ジャンル/ドラマ・SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
ジャック・ホール デニス・クエイド 原康義
サム・ホール ジェイク・ギレンホール 浪川大輔
ローラ・チャップマン エミー・ロッサム 小笠原亜里沙
ジェイソン・エヴァンス ダッシュ・ミホク 内田夕夜
フランク・ハリス ジェイ・O・サンダース 土師孝也
ルーシー・ホール医師 セラ・ウォード 小山茉美
J・D オースティン・ニコルズ 坂詰貴之
ブライアン アージェイ・スミス 日野聡

スタッフ

  • 監督
    ローランド・エメリッヒ
  • 製作
    ローランド・エメリッヒ
  • 製作
    マーク・ゴードン
  • 原案
    ローランド・エメリッヒ
  • 脚本
    ローランド・エメリッヒ
  • 脚本
    ジェフリー・ナクマノフ
  • 撮影
    ウェリ・スタイガー
  • 音楽
    ハラルド・クローサー

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 自然災害と家族愛

    • ★★★☆☆
    • kakashir
    • 2014/10/11 04:57

    ちょっとギクシャクしていた家族が災害を機に絆を深めあうお話。
    北半球が氷河期になってしまい、そこに取り残された人達がいかに生き残るかを描いているので、インディ
    続きを読む

  • 好きだなこんな映画

    • ★★★★★
    • hyde
    • 2009/10/21 20:44

    自然災害って怖いなぁ…でも面白かった♪
    学者の父が欲しい。なら、こんなこと起こっても、生き残れそう

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの