映画
幸福の黄色いハンカチ

幸福の黄色いハンカチ

5/12(水)よる7:00

5/12(水)よる7:00

刑期を終えた男性は、戻るべきかどうか葛藤しながら妻のもとを目指すが……。名匠、山田洋次監督が高倉健を主演に迎えて描いた感動のロードムービー。後に米国でリメイク!

「男はつらいよ」シリーズと並ぶ山田洋次監督の人気作。広大な北海道を舞台に、笑いと涙をたっぷりと誘うロードムービーに仕立てた山田監督と、監督と共同で脚本を担当した朝間義隆のアイデアがまず出色。加えて、次第に明らかになる主人公の過去と愛する妻への想い、そして武田鉄矢と桃井かおり扮する若い男女のコミカルな恋模様と、ぜひストーリーテリングの妙に酔いしれたい名作。2008年、米国でウィリアム・ハート主演「イエロー・ハンカチーフ」としてリメイクされたのも話題だ。

My番組登録者数
  • 321
幸福の黄色いハンカチ

刑期を終えた男性は、戻るべきかどうか葛藤しながら妻のもとを目指すが……。名匠、山田洋次監督が高倉健を主演に迎えて描いた感動のロードムービー。後に米国でリメイク!

北海道をドライブ旅行する青年・花田は網走で若い女性・朱美と知り合い、ともに旅をすることに。2人は海辺で中年男性の島と出会うが、島は刑期を終えて網走刑務所から出所したばかり。花田たちに同行することになった島は、やがて自分の過去と、服役中に妻の光枝に宛てた手紙のことを明かす。その手紙の中で、島は光枝に“もし今も自分を待っているのなら、家の前に黄色いハンカチを下げておいてほしい”と書き記していたが……。

作品データ

  • 制作年/1977
  • 制作国/日本
  • 内容時間/109分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
島勇作 高倉健
島光枝 倍賞千恵子
花田欽也 武田鉄矢
小川朱美 桃井かおり
帯広のヤクザ風 たこ八郎
農夫 小野泰次郎
旅館の親父 太宰久雄
ラーメン屋の女の子 岡本茉利

スタッフ

  • 監督
    山田洋次
  • 製作
    名島徹
  • 脚本
    山田洋次
  • 脚本
    朝間義隆
  • 撮影
    高羽哲夫
  • 音楽
    佐藤勝

関連特集

生誕90年 高倉健特集

名優の主演作品&ドキュメンタリーの大特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

現在、4件のレビューが登録されています。

  • この映画について……

    • ★★★★★
    • pipiro_b
    • 2015/10/29 12:43

     山田洋次監督本人のコメントをのせているものをみたので、メモがわりに書いておきます。シナリオ的な側面についてなんですが、「映画を書くためにあなたがしなくてはなら 続きを読む

  • 幸せの黄色いファミリア

    • ★★★★★
    • kamadat12
    • 2011/09/22 11:27

    この映画を観てすっかり感動し、黄色のファミリアを購入し、
    夫婦と幼き子の家族4人で、当時、よくドライブ旅行に出かけていました。

    夕張の炭住街の社宅、島勇
    続きを読む

  • やっぱり名作

    • ★★★★★
    • CloverMania
    • 2011/09/19 05:02

    何年ぶりかに観ましたけど、やっぱりいいですね何度観ても。
    70年代の町の風景などが妙に懐かしく感じました。
    そしてラストはわかっているものの泣けます。
    続きを読む

  • 久々に見たよ!

    • ★★★★★
    • ぢゅんぢゅん
    • 2011/09/18 17:01

    刑務所帰りの健さんはいつ見ても良い!

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

生誕90年 高倉健特集

名優の主演作品&ドキュメンタリーの大特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの