映画
ジョンQ-最後の決断-

ジョンQ-最後の決断-
現在、放送予定はありません。

最愛の息子を救うため、父親はやむなく救急病院を占拠する。オスカー俳優D・ワシントン主演。米国の矛盾した医療保険制度に警鐘を鳴らしたヒューマンサスペンスの話題作。

「クリムゾン・タイド」「トレーニング デイ」などの演技派ワシントンが、息子の心臓移植手術を実現させるため、人質篭城事件を起こす父親を熱演した社会派サスペンス。通知も無しに契約を書き換えられ、パートタイマーには適用されないなど、あまりに労働者を無視した保険制度や、貧乏人は死ねといわんばかりの医療現場の実態など、他国のことと無視できない、社会問題を浮き彫りにする力作となった。監督はジョン・カサヴェテスとジーナ・ローランズの息子で、本作の後も映画監督として活躍するN・カサヴェテス。

My番組登録者数
  • 0
ジョンQ-最後の決断-

最愛の息子を救うため、父親はやむなく救急病院を占拠する。オスカー俳優D・ワシントン主演。米国の矛盾した医療保険制度に警鐘を鳴らしたヒューマンサスペンスの話題作。

家族と幸福に暮らす労働者ジョンだが、突然倒れた幼い息子が心臓病だと判明。ジョンは心臓移植手術を希望するが、知らない間に会社の保険契約が書き換えられており、不況から半日勤務となっていた彼には保険が適用されないことが分かる。入院費用のため、ジョンは家財道具を手放して金を工面するが、万策尽きて退院勧告が出されてしまう。息子の容体への焦りと度重なる不当な仕打ちから、ついにジョンは拳銃を手に病院を占拠する。

作品データ

  • 原題/John Q.
  • 制作年/2002
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/117分
  • ジャンル/ドラマ・サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
ジョン・クインシー(ジョン・Q) デンゼル・ワシントン
グリムス警部補 ロバート・デュヴァル
レイモンド・ターナー医師 ジェームズ・ウッズ
レベッカ・ペイン アン・ヘッシュ
レスター・マシューズ エディ・グリフィン
デニース・アーチボルド キンバリー・エリス
ミッチ ショーン・ハトシー
ガス・モンロー レイ・リオッタ

スタッフ

  • 監督
    ニック・カサヴェテス
  • 製作
    マーク・バーグ
  • 製作
    オーレン・クールズ
  • 脚本
    ジェームズ・カーンズ
  • 撮影
    ロジェ・ストファーズ
  • 音楽
    アーロン・ジグマン

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • 偽善者を喜ばせるために作られた映画です。

    • ★☆☆☆☆
    • クロエ4477
    • 2014/02/19 17:19

    偽善者を喜ばせるために作られた、偽善者が作った映画です。こんな薄っぺらい話で、私は違う意味で涙が出てしまいました。呆れて物も言えません。本作の出演で、デンゼル・ 続きを読む

  • D・ワシントンの人間ドラマの代表作

    • ★★★★★
    • 祭ばやしが聞こえる
    • 2013/06/26 17:29

    わが子を思う気持ちは、何者にも代えがたいものである。一人息子を突然の心臓発作で病院に搬送するが、心臓移植という大きな壁が立ちはだかります。それには高額の医療費と 続きを読む

  • 理不尽と矛盾

    • ★★★★☆
    • rutanderin
    • 2013/06/25 10:45

    デンゼル・ワシントンの映画は好きなのが多いので今月のデンゼル・ワシントンの特集は楽しみにしてました。『戦火の勇気』と『デンジェラス・ラン』はまだ観てないので嬉し 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの