映画
アンドリューNDR114

アンドリューNDR114
現在、放送予定はありません。

ロボットは人間になれるのか。200年にわたって心を育んでいく、あるロボットの物語。I・アシモフの短編小説を人気者R・ウィリアムズ主演で映画化したヒューマンSF。

「アイ,ロボット」として映画化された「われはロボット」などで知られるSF作家アシモフ。“ロボット三原則”の生みの親としても知られる彼の短編「バイセンテニアル・マン」を、「ハリー・ポッターと賢者の石」のC・コロンバス監督が映画化したヒューマンSF。「いまを生きる」などの人気男優ウィリアムズが、特殊メイクで銀色のロボットマンに扮して巧演。派手なVFXやアクションはないがウィリアムズらしいユーモアと温かさで心に染み入る感動作となった。共演は「ジュラシック・パーク」のS・ニールなど。

My番組登録者数
  • 0
アンドリューNDR114

ロボットは人間になれるのか。200年にわたって心を育んでいく、あるロボットの物語。I・アシモフの短編小説を人気者R・ウィリアムズ主演で映画化したヒューマンSF。

近未来。マーティン一家に大きな荷物がやって来る。中に入っていたのはNDR型家事手伝いロボット。一家はアンドリューと名付けられたそのロボットを少し警戒しながら家の一員にする。そんなある日、2階の窓から転落したアンドリューは、故障をきっかけに自我を持ち始める。やがてアンドリューは彼が“リトル・ミス”と呼ぶ末娘アマンダの子守を通じながら人間らしい感情を育て、いつしか人間になりたいという願いを強めていく。

作品データ

  • 原題/Bicentennial Man
  • 制作年/1999
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/132分
  • ジャンル/SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
アンドリュー ロビン・ウィリアムズ
アマンダ・マーティン/ポーシャ エンベス・デヴィッツ
リチャード・マーティン サム・ニール
ルパート・バーンズ オリヴァー・プラット
ガラテア キルステン・ウォーレン
マダム・マーティン ウェンディ・クルーソン
7歳のアマンダ ハリー・ケイト・アイゼンバーグ

スタッフ

  • 監督
    クリス・コロンバス
  • 製作
    ウォルフガング・ペーターゼン
  • 製作
    クリス・コロンバス
  • 製作
    ゲイル・カッツほか
  • 脚本
    ニコラス・カザン
  • 撮影
    フィル・メヒュー
  • 音楽
    ジェームズ・ホーナー

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの