映画
ダブル・ジョパディー

ダブル・ジョパディー

10/26(火)午後1:00

10/28(木)午後5:00

同じ罪で2度有罪にはならないという“ダブル・ジョパディー”の原則。無実の夫殺しで服役するヒロインは夫の生存を知って…。A・ジャッドが主人公を熱演したサスペンス。

合衆国憲法修正5条“ダブル・ジョパディー”に従えば、ヒロインは死んだはずの夫をあらためて殺しても罪には問われない。身に覚えのない夫殺しで人生を台無しにされたヒロインは、すべて夫の策略だったと知り、復讐と息子の奪回のために脱走するが……。「氷の接吻」「恋する遺伝子」などの美人女優のジャッドがハードなヒロイン像を熱演。共演は「メン・イン・ブラック」の大物俳優T・L・ジョーンズ。ジョーンズはヒロインを追う保護監察官という、「逃亡者」「追跡者」にも似た役柄を貫禄たっぷりに演じきった。

My番組登録者数
  • 503
ダブル・ジョパディー

同じ罪で2度有罪にはならないという“ダブル・ジョパディー”の原則。無実の夫殺しで服役するヒロインは夫の生存を知って…。A・ジャッドが主人公を熱演したサスペンス。

夫ニックや息子マティと幸せに暮らしていた主婦リビーだが、身に覚えのない夫殺しの罪を着せられて有罪判決を受ける。やがてリビーはニックが生きており、自分がマティを託した友人アンジーと暮らしているという衝撃の事実を知る。“ダブル・ジョパディー”の原則で復讐しても罪にならないと知ったリビーは仮釈放後、姿を消したニックを追い、保護観察官トラヴィスの目を盗んで脱走する。トラヴィスも消えたリビーを追うが……。

作品データ

  • 原題/Double Jeopardy
  • 制作年/1999
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/106分
  • 内容時間(吹替版)/106分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
トラヴィス・レーマン トミー・リー・ジョーンズ
リビー・パーソンズ アシュレイ・ジャッド
ニック・パーソンズ ブルース・グリーンウッド
アンジー アナベス・ギッシュ
マーガレット ローマ・マフィア
イヴリン ダヴェニア・マクファーデン
マティ ベンジャミン・ウィアー

スタッフ

  • 監督
    ブルース・ベレスフォード
  • 製作
    レナード・ゴールドバーグ
  • 脚本
    デヴィッド・ウェイスバーグ
  • 脚本
    ダグラス・S・クック
  • 撮影
    ピーター・ジェームズ
  • 音楽
    ノーマンド・コーベイル

関連特集

放送と配信で観る!秋のサスペンス月間[社会派編]

社会問題が絡んだ事件を描くサスペンス5本

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • トミー・リー・ジョーンズが若い。

    • ★★★★☆
    • 祭ばやしが聞こえる
    • 2014/10/02 17:12

    これも懐かしい作品ですね。スト−リ−は、平凡な主婦リビー(アシュレイ・ジャッド)は、夫ニック(ブルース・グリーンウッド)と幼い息子マティ(スペンサー・トリート・ 続きを読む

  • 夫が妻を・・・怖いです。

    • ★★★★☆
    • ミカンプリン
    • 2014/08/29 22:18

    自分がこのような状況に置かれたら・・と考えると怖くなってしまいますが、映画自体はスリリングにどんどん観ている我々を引き込んでいってくれる展開で面白いです。トミー 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

放送と配信で観る!秋のサスペンス月間[社会派編]

社会問題が絡んだ事件を描くサスペンス5本

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの