映画
恋におちたシェイクスピア

恋におちたシェイクスピア

7/22(月)深夜1:30

第71回アカデミー賞で作品・脚本・主演女優賞ほか計7部門を受賞。文豪シェイクスピアが恋をしていた……というユニークなアイデア、爽やかな感動に満ちたラブロマンス。

16世紀末の英国を舞台に、いまだになおその詳しい正体と生涯が謎に包まれている天才的文豪にして名劇作家だったシェイクスピア。その若き日の姿を、虚実を織り交ぜながら魅力的に描写。歴史には秘められた彼自身の鮮烈で劇的な恋愛体験があったからこそ、あの不朽の名作「ロミオとジュリエット」が生まれたという斬新で大胆な仮説の下、絢爛たる愛のドラマが綴られていく。見事オスカーを獲得したG・パルトロウの優雅で気品あふれるヒロイン役も見ものだ。

My番組登録者数
  • 210
恋におちたシェイクスピア

第71回アカデミー賞で作品・脚本・主演女優賞ほか計7部門を受賞。文豪シェイクスピアが恋をしていた……というユニークなアイデア、爽やかな感動に満ちたラブロマンス。

16世紀末の英国。新進気鋭の人気劇作家シェイクスピアは、新作の準備に取りかかったものの、近頃どうもスランプ気味。そんな折、彼は舞台に立ちたいがあまりに男装までした、裕福な商人の娘であるヴァイオラと知り合って恋に落ちる。しかし、彼女には既に親が決めた婚約者がいた。許されない仲の2人は、相手への想いを次第に募らせ、その恋と並行して、悲恋劇「ロミオとジュリエット」は徐々に形作られていく。

作品データ

  • 原題/Shakespeare In Love
  • 制作年/1998
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/124分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

受賞歴

  • 第71回(1998)アカデミー賞作品賞
  • 第71回(1998)アカデミー賞主演女優賞「グウィネス・パルトロウ」
  • 第71回(1998)アカデミー賞助演女優賞「ジュディ・デンチ」
  • 第71回(1998)アカデミー賞脚本賞「マーク・ノーマン、トム・ストッパード」
  • 第71回(1998)アカデミー賞美術賞「ジル・クォーティアー、マーティン・チャイルズ」
  • 第71回(1998)アカデミー賞衣装デザイン賞「サンディ・パウエル」
  • 第71回(1998)アカデミー賞ミュージカル/コメディ作曲賞「スティーヴン・ウォーベック 」

出演

役名 役者名
ヴァイオラ・デ・レセップス グウィネス・パルトロウ
ウィル・シェイクスピア ジョゼフ・ファインズ
フィリップ・ヘンズロー ジェフリー・ラッシュ
エリザベス女王 ジュディ・デンチ
ウェセックス卿 コリン・ファース
ネッド・アレン ベン・アフレック
ヒュー・フェニマン トム・ウィルキンソン
ティルニー サイモン・カロウ
ラルフ・バシュフォード ジム・カーター

スタッフ

  • 監督
    ジョン・マッデン
  • 製作総指揮
    ボブ・ワインスタイン
  • 製作総指揮
    ジュリー・ゴールドスタイン
  • 製作
    デヴィッド・パーフィット
  • 製作
    エドワード・ズウィックほか
  • 脚本
    マーク・ノーマン
  • 脚本
    トム・ストッパード
  • 撮影
    リチャード・グレートレックス
  • 音楽
    スティーヴン・ウォーベック

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ大好きな作品☆

    • ★★★★★
    • ISHU
    • 2019/04/22 18:02

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの