映画
星の王子ニューヨークへ行く

星の王子ニューヨークへ行く
現在、放送予定はありません。

E・マーフィ主演のヒットコメディ。アフリカの王国の王子が花嫁探しのため、米国のニューヨークにやって来たことからドタバタ騒動が始まる。マーフィのひとり4役も話題。

本作と同じ1980年代、「48時間」「大逆転」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒット作に主演したマーフィが、あらためてその人気と実力を証明。アフリカ某国の世間知らずの王子が大都会ニューヨークで起こす事件の数々をユーモラスに描いた、カルチャーギャップコメディとして爆笑を誘う。マーフィとやはり芸達者な共演者A・ホールが特殊メイクの力を借り、それぞれひとり4役を演じたのが公開当時話題に。監督はマーフィ主演の「大逆転」を監督したコメディの名手J・ランディス。33年後に続編も生まれた。

星の王子ニューヨークへ行く

E・マーフィ主演のヒットコメディ。アフリカの王国の王子が花嫁探しのため、米国のニューヨークにやって来たことからドタバタ騒動が始まる。マーフィのひとり4役も話題。

アフリカのザムンダ王国。アキーム王子は21歳の誕生日を迎えるが、父親である国王から自分の花嫁を勝手に押しつけられそうに。それが不満な王子は自分の花嫁は自分で見つけると主張し、世話係のセミと米国のニューヨークへ。そこで王子は自分の正体を隠し、アフリカからの留学生ということにしてハンバーガーショップで働きだすが、次々と騒動を起こす。そんな中、ハンバーガーショップの店長の娘リサを愛するようになるが……。

作品データ

  • 原題/Coming to America
  • 制作年/1988
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(吹替版)/117分
  • ジャンル/コメディ

出演

役名 役者名
アキーム王子ほか計4役 エディ・マーフィ 谷口節
セミほか計4役 アーセニオ・ホール 山寺宏一
ザムンダ国王 ジェームズ・アール・ジョーンズ 藤本譲
リサ・マクドウォール シャーリー・ヘッドリー 鵜飼るみ子
クレオ・マクドウォール ジョン・エイモス 加藤精三

スタッフ

  • 監督
    ジョン・ランディス
  • 製作
    レスリー・バルツバーク
  • 製作
    マーク・リップスキー
  • 原案
    エディ・マーフィ
  • 脚本
    デヴィッド・シェフィールド
  • 脚本
    バリー・W・ブラウスタイン
  • 撮影
    ウディ・オーメンズ
  • 音楽
    ナイル・ロジャース
  • 特殊メーク
    リック・ベイカー
  • 振付
    ポーラ・アブドゥル

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 星の王子ニューヨークに行く

    • ★★★★★
    • ねこのひげ
    • 2023/10/09 09:17

    これは良い時代の映画ですが、良く出来ていて面白いと思います。何回も観てしまいます。これこそエンターテインメントって感じですね。エディ・マフィーのあの笑い方が売り 続きを読む

  • もう、滅茶苦茶おもしろい!

    • ★★★★★
    • クロエ4477
    • 2013/04/18 17:26

    放送されるたびに繰り返し見てしまう。笑ってしまう。でもなぜ吹き替えばかりの放送なんだろう。エディ・マーフィーが一番油が乗っていた頃の作品です。王子役と付き人役の 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの