映画
奇跡の海(1996)

奇跡の海(1996)
現在、放送予定はありません。

第49回カンヌ国際映画祭審査員グランプリを受賞。本作で映画デビューしたE・ワトソンが多くの演技賞に輝くなど、L・フォン・トリアー監督の名声を確立した長編第5作。

1970年代初頭、厳格なプロテスタント信仰の根強いスコットランドの寒村を舞台に、純朴で無垢な女性ベスに降りかかる試練を章仕立てで描写。デンマークの鬼才フォン・トリアー監督が、北欧を代表する巨匠監督カール・テオドア・ドライヤーやイングマール・ベルイマンの影響を色濃く受け継ぎながら、神への愛と献身というテーマを鮮烈なタッチで追求。第49回カンヌ国際映画祭で審査員グランプリを受賞したほか、本作で映画主演デビューを果たしたワトソンが圧巻の演技と存在感を披露して、数々の演技賞に輝いた。

奇跡の海(1996)

第49回カンヌ国際映画祭審査員グランプリを受賞。本作で映画デビューしたE・ワトソンが多くの演技賞に輝くなど、L・フォン・トリアー監督の名声を確立した長編第5作。

1970年代初頭、スコットランド北西部の海沿いの寒村。周囲から隔絶したその村では、プロテスタント信仰の中でもとりわけ戒律の厳しいカルヴァン主義の教えが浸透していた。そんな中、信仰心の厚い純朴で無垢な女性ベスは、油田で石油採掘の仕事に就くよそ者のヤンと恋に落ち、結婚。仕事で家を空けがちなヤンと早く会えるよう、ベスは天に祈る。やがてヤンが村に戻ってくるが、仕事で重傷を負った彼は全身が麻痺していた。

作品データ

  • 原題/Breaking the Waves
  • 制作年/1996
  • 制作国/デンマーク
  • 内容時間(字幕版)/159分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
ベス エミリー・ワトソン
ヤン ステラン・スカルスガルド
ドド カトリン・カートリッジ
テリー ジャン=マルク・バール
トロール船の男 ウド・キアー

スタッフ

  • 監督
    ラース・フォン・トリアー
  • 製作
    ヴィベク・ウィンドレフ
  • 製作
    ペーター・アールバック・ヤンセン
  • 脚本
    ラース・フォン・トリアー
  • 撮影
    ロビー・ミュラー

関連特集

ラース・フォン・トリアー監督特集

4Kシアター

週末はWOWOWで4K映画を。

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ラース・フォン・トリアー監督特集

4Kシアター

週末はWOWOWで4K映画を。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの