映画
ベスト・キッド4

ベスト・キッド4

3/5(金)午後2:45

3/28(日)深夜2:00

大ヒット青春スポーツアクション「ベスト・キッド」シリーズの第4作。主人公はなんと少女にバトンタッチ。演じるのは後にアカデミー主演女優賞に2度輝いたH・スワンク。

前作までは、ラルフ・マッチオ扮する少年ダニエルに、日系人男性ミヤギ(引き続いて同じ役を演じる日系人俳優N・P・モリタは第1作でアカデミー賞の助演男優賞候補に)が空手道を教えてきたストーリーだったが、本作でミヤギはなんとひとりの少女に空手の秘伝を伝授する。そんなヒロイン役に抜擢されたのは、本作が映画初主演となった当時まだ新人のスワンク。後にボクシング映画「ミリオンダラー・ベイビー」でオスカーに輝くことを考えると、空手を使う本作は興味深い偶然か。監督はシリーズ初登板のC・ケイン。

My番組登録者数
  • 329
ベスト・キッド4

大ヒット青春スポーツアクション「ベスト・キッド」シリーズの第4作。主人公はなんと少女にバトンタッチ。演じるのは後にアカデミー主演女優賞に2度輝いたH・スワンク。

日系人である空手の名人ミヤギは、亡くなった自身の旧友の妻からその孫娘ジュリーを紹介される。両親を交通事故で失ったジュリーは孤独なあまり、反抗的態度を取り続けるようになっていて祖母を困らせていた。ミヤギはジュリーを更生させるべく、彼女と同居し、その優れた運動神経を空手に活かそうと、ジュリーの修行を開始。やがてミヤギとジュリーという師弟コンビは、ジュリーが通う高校を暴力で牛耳る、自警団との対決へ……。

作品データ

  • 原題/The Next Karate Kid
  • 制作年/1994
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/108分
  • 内容時間(吹替版)/108分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
ミヤギ ノリユキ・パット・モリタ
ジュリー・ピアース ヒラリー・スワンク
エリック クリス・コンラッド
デューガン大佐 マイケル・アイアンサイド
ルイーザ・ピアース コンスタンス・タワーズ

スタッフ

  • 監督
    クリストファー・ケイン
  • 製作
    ジェリー・ワイントローブ
  • 脚本
    マーク・リー
  • 撮影
    ラズロ・コヴァックス
  • 音楽
    ビル・コンティ

関連特集

「ベスト・キッド」5作品一挙放送

空手に打ち込む少年少女を描く人気シリーズ

吹替で楽しむ!「ベスト・キッド」5作品一挙放送

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ続編・・・ではないと思って観るといいかも

    • ★★★☆☆
    • Hackl Hideman
    • 2011/08/16 19:03

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

「ベスト・キッド」5作品一挙放送

空手に打ち込む少年少女を描く人気シリーズ

吹替で楽しむ!「ベスト・キッド」5作品一挙放送

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの