映画
突然炎のごとく(1962)

7/24(水)午後7:00

7/31(水)午前8:00

突然炎のごとく(1962)

ヌーヴェルヴァーグの名匠、F・トリュフォー監督の長編第3作。奔放な愛しか知らない女性と、彼女に魅せられた青年2人の三角関係を描き切った。人気女優J・モロー主演。

男性2人と女性ひとりという若い3人が織り成す、恋愛感情と友情が入り混じったユニークな関係を描き、後に多数の作品に影響を与えた青春ラブストーリーの名作。トリュフォーが映画批評家時代から映画化を切望したA=P・ロシェの小説(ロシェが74歳のときに発表したデビュー作)を原作に、2人の青年ジュールとジム、若い女性カトリーヌの日常を見つめた。モロー演じるカトリーヌが青年2人を困惑させながらも生気を吹き込んでいくのはトリュフォーらしい。軽やかさと繊細さが同居した、いつ見ても斬新な傑作だ。

突然炎のごとく(1962)

ヌーヴェルヴァーグの名匠、F・トリュフォー監督の長編第3作。奔放な愛しか知らない女性と、彼女に魅せられた青年2人の三角関係を描き切った。人気女優J・モロー主演。

1912年。パリのモンパルナスに来たオーストリア人青年ジュールはフランス人青年ジムと出会い、文学好き同士で意気投合する。2人はアドリア海のある島の女性の彫像に自分たちの理想の女性像を見いだす。やがて2人は島の彫像とそっくりな女性カトリーヌと出会い、3人で幸福な友情を育み始める。しかし第1次世界大戦が勃発し、ジュールはオーストリアに帰国して出征し、ジムも自国の軍人として出征せざるを得なくなるが……。

作品データ

  • 原題/Jules et Jim
  • 制作年/1962
  • 制作国/フランス
  • 内容時間(字幕版)/107分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
カトリーヌ ジャンヌ・モロー
ジュール オスカー・ウェルナー
ジム アンリ・セール
テレーズ マリー・デュボワ
ジルベルト ヴァナ・ユルビノ

スタッフ

  • 監督
    フランソワ・トリュフォー
  • 脚本
    フランソワ・トリュフォー
  • 脚本
    ジャン・グリュオー
  • 撮影
    ラウール・クタール
  • 音楽
    ジョルジュ・ドルリュー

関連特集

[ボンジュール!フランス映画の祭典]定番フランス映画5選

まずはこの5作品! フランス映画の代表作

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

[ボンジュール!フランス映画の祭典]定番フランス映画5選

まずはこの5作品! フランス映画の代表作

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの