映画
アダムス・ファミリー2

アダムス・ファミリー2

10/26(火)深夜0:45

私たちって、どこかヘンですか……? 不気味な一家を描いてヒットした「アダムス・ファミリー」の続編。赤ちゃんの“アダムス・ベイビー”も加わり、ますますにぎやかに。

1964年から「アダムズのお化け一家」としてTVドラマ化されてカルト化した、伝説のコミックを映画化し、世界的にヒットした1991年の「アダムス・ファミリー」のパート2。不気味な屋敷に住む魔女やモンスターなどの不思議な一家。彼らが繰り広げる珍騒動を前作に引き続き、1990年代前半で最先端だったVFXや特殊メイクを駆使してスケッチ。おどろおどろしいファミリーだが、どこかで家族愛や固い絆を感じさせるのも前作通りで、前作に続いて全米公開時にナンバーワンヒットしたのも納得の楽しさだ。

My番組登録者数
  • 20
アダムス・ファミリー2

私たちって、どこかヘンですか……? 不気味な一家を描いてヒットした「アダムス・ファミリー」の続編。赤ちゃんの“アダムス・ベイビー”も加わり、ますますにぎやかに。

人間界の常識が通用しないアダムス一家の母親モーティシアは次男ピューバートを出産するが、ベビーシッターとして雇われた女性デビーの正体は、遺産目的に裕福な男性と結婚しては惨殺してきた連続殺人鬼で、一家の家長ゴメズの兄フェスターを新たな標的に選んだ。デビーは自分にとって邪魔な長女ウェンズデーをサマーキャンプに預ける一方、フェスターと結婚しようとするが、ウェンズデーはサマーキャンプで騒ぎを起こし続け……。

作品データ

  • 原題/Addams Family Values
  • 制作年/1993
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(吹替版)/95分
  • ジャンル/コメディ

出演

役名 役者名
モーティシア アンジェリカ・ヒューストン 沢田敏子
ゴメズ ラウル・ジュリア 阪脩
フェスター クリストファー・ロイド 青野武
ウェンズデー クリスティナ・リッチ 小林優子
デビー ジョーン・キューザック 小宮和枝
グラニー キャロル・ケイン 京田尚子
ヘザー シンシア・ニクソン 安達忍

スタッフ

  • 監督
    バリー・ソネンフェルド
  • 製作
    スコット・ルーディン
  • 脚本
    ポール・ラドニック
  • 撮影
    ドン・ピーターマン
  • 音楽
    マーク・シャイマン
  • 美術
    ケン・アダム

関連特集

吹替で楽しむ!実写劇場版「アダムス・ファミリー」一挙放送

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 2もこれじゃない

    • ★★★☆☆
    • 碧洛
    • 2016/11/27 16:16

    WOWOW、吹き替え日本テレビ版を頼む
    今回の吹き替え、ゴメス以外日本テレビ版のキャストに変わってる。
    ゴメスは池田勝こそ。
    字幕版より面白い、日本テレビ版の吹
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

吹替で楽しむ!実写劇場版「アダムス・ファミリー」一挙放送

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの