映画
波止場

波止場

3/19(木)午前9:15

アカデミー賞で作品賞など大量8部門に輝いた、社会派ドラマの名作。悪辣なボスが労働者たちを支配する波止場ではみだし者の青年(M・ブランド)が正義に目覚める感動作!

後に「ゴッドファーザー」のドン・コルレオーネ役でも名演を披露する名優ブランドが、アカデミー賞で主演男優賞を初受賞したのが本作。また、受賞は逃したものの、主人公の親分役のL・J・コッブ、神父役のK・マルデン、主人公の兄役R・スタイガーといった、そろって助演男優賞にノミネートされた面々の熱演も印象に残る、骨太な傑作だ。監督は「エデンの東」「草原の輝き」などの名匠、E・カザン。ニューヨーク・サン紙に連載された実録記事を原作にしている。

My番組登録者数
  • 239
波止場

アカデミー賞で作品賞など大量8部門に輝いた、社会派ドラマの名作。悪辣なボスが労働者たちを支配する波止場ではみだし者の青年(M・ブランド)が正義に目覚める感動作!

ニューヨーク。元ボクサーである男性テリーは、組合の下に港湾労働者たちを牛耳る町のボス、ジョニーの手先として働くが、ある殺人事件に兄チャーリーとともに関わってしまう。やがてテリーは、被害者の妹イディと知り合い、彼女を愛するようになる。しかし、イディが、テリーが兄の死に関与していることを知らないまま、テリーは良心の呵責に苦しみ、正義漢であるバリー神父に事件の全容を告白するかどうか悩むことに……。

作品データ

  • 原題/On the Waterfront
  • 制作年/1954
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/108分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第27回(1954)アカデミー賞作品賞
  • 第27回(1954)アカデミー賞主演男優賞「マーロン・ブランド」
  • 第27回(1954)アカデミー賞助演女優賞「エヴァ・マリー・セイント」
  • 第27回(1954)アカデミー賞監督賞「イリア・カザン」
  • 第27回(1954)アカデミー賞脚本賞「バド・シュールバーグ」
  • 第27回(1954)アカデミー賞モノクロ撮影賞「ボリス・カウフマン」
  • 第27回(1954)アカデミー賞モノクロ美術賞「リチャード・デイ」
  • 第27回(1954)アカデミー賞編集賞「ジーン・ミルフォード」
  • 第15回(1954)ヴェネチア国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞
  • 第15回(1954)ヴェネチア国際映画祭イタリア批評家賞

出演

役名 役者名
テリー マーロン・ブランド
イディ エヴァ・マリー・セイント
チャーリー ロッド・スタイガー
ジョニー リー・J・コッブ
バリー神父 カール・マルデン
パット・ヘニング
リーフ・エリクソン

スタッフ

  • 監督
    エリア・カザン
  • 製作
    サム・スピーゲル
  • 脚本
    バド・シュールバーグ
  • 撮影
    ボリス・カウフマン
  • 音楽
    レナード・バーンスタイン
  • 美術
    リチャード・デイ

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • メッチャ恰好いい、マーロン・ブランド!

    • ★★★★★
    • クロエ4477
    • 2014/04/07 14:40

    たとえ一人になろうとも勇気さえあれば、必ず人は救われるんだ!人は勇気ある人を見ると、その人についていこうとする。そんなメッセージが伝わってくる映画です。マーロン 続きを読む

  • ハトが労働者の自由の権利を象徴

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2014/02/18 16:50

    1954年のモノクロ作品。
      この時期は、過去のアカデミー賞受賞作品が数多く放送されるので嬉しい。
      …あらすじは、解説のとおり。
      タイトルの『波
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの