映画
ダーティハリー4

現在、放送予定はありません。
ダーティハリー4

人気ポリス・アクションシリーズの第4作。ハリーはミステリアスな女性と出会うほか、ワルどもを一気に引き受けての大暴れ。ハリー役C・イーストウッドがシリーズ初監督。

公開当時は“12大見せ場”(なぜか第2作と同じだった)が売りとされた本作。全編にハリーの活躍がふんだんで、7年のブランクを吹き飛ばすサービスぶり。中でも序盤、人質に銃を突きつける犯人にハリーが拳銃を向けて言うキメ台詞“ゴー・アヘッド、メイク・マイ・デイ(撃ってみろ、楽しませてくれ)”は、最も有名なハリー語録の一つとなった。クライマックスで使われる大型拳銃オートマグも迫力たっぷり。製作当時のイーストウッドの恋人S・ロックの役柄にイーストウッド流フェミニズムが読み取れる新趣向も。

ダーティハリー4

人気ポリス・アクションシリーズの第4作。ハリーはミステリアスな女性と出会うほか、ワルどもを一気に引き受けての大暴れ。ハリー役C・イーストウッドがシリーズ初監督。

サンフランシスコ。手荒い捜査が有名な殺人課刑事ハリーは、マフィアのボスを脅して心臓マヒ死させてしまう。その一件の責任を取らされ、ハリーは北部の小都市に左遷されることに。そこで男性が股間を銃で撃たれて殺される事件が発生、先日シスコで起きた事件と手口が同じだったため、ハリーはそれを手がかりに捜査を開始し、孤独に暮らす女性画家ジェニファーにたどり着くが、実は彼女にはレイプされたという暗い過去があり……。

作品データ

  • 原題/Sudden Impact
  • 制作年/1983
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(吹替版)/118分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
ハリー・キャラハン クリント・イーストウッド 山田康雄/多田野曜平
ジェニファー ソンドラ・ロック 藤田淑子
ジャニングス パット・ヒングル 宮川洋一
ブリッグズ ブラッドフォード・ディルマン 宮田光
ミック ポール・ドレイク 千田光男
クルーガー ジャック・チボー 安田隆
キング アルバート・ポップウェル 郷里大輔

スタッフ

  • 監督
    クリント・イーストウッド
  • 製作
    クリント・イーストウッド
  • 原案
    チャールズ・B・ピアース
  • 原案
    アール・E・スミス
  • 脚本
    ジョゼフ・C・スティンソン
  • 撮影
    ブルース・サーティーズ
  • 音楽
    ラロ・シフリン

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • シリーズでは一番嫌い(笑)

    • ★★★★☆
    • newmorning
    • 2023/10/19 21:45

    DVDを持ってはいますが、たまたま冒頭目にして最後まで鑑賞・・・まぁ、数回は見てるけど、シリーズでは一番嫌いかな(笑)なぜなら物語が暗くて重いし・・・再見しても 続きを読む

  • Auto Mag

    • ★★★★☆
    • kiribako
    • 2012/05/13 16:04

    44オートマグが懐かしすぎる。
    当時最強といわれたガンだが、後に数々の欠点が露呈。
    僕は、オートマグの形をした空気銃を持っていた。

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの