映画
アダムス・ファミリー(1991)

アダムス・ファミリー(1991)

10/26(火)よる11:00

1960年代にドラマ化もされた米国の伝説的人気コミックを1990年代に当時最新のVFX・特殊メイクを使って映画化。全米第1位の大ヒットを記録し、続編も作られた。

1964年から全米放送されたTVドラマ版「アダムズのお化け一家」が何度も再放送された人気コミックを原作にし、魔女のママや手の先しかない“ハンドくん”など、不気味な怪物ファミリーが起こす奇想天外な騒動をユーモラスに描写。コミカルな原典を現代的なセンスでよみがえらせたのがヒットの勝因だろう(後に日本の自動車CMのキャラに取り上げられた)。続編「~2」も1993年に作られた。父親役のR・ジュリアは1994年に惜しくも逝去。監督は「メン・イン・ブラック」シリーズのB・ソネンフェルド。

My番組登録者数
  • 27
アダムス・ファミリー(1991)

1960年代にドラマ化もされた米国の伝説的人気コミックを1990年代に当時最新のVFX・特殊メイクを使って映画化。全米第1位の大ヒットを記録し、続編も作られた。

怪しい館に住むゴメズとモーティシアの夫妻をはじめとするアダムス一家もまた、怪しい一家だった。彼らの莫大な財産を狙い、一家の弁護士タリーは高利貸しのアビゲイルにそそのかされ、25年間も行方不明であるゴメズの兄フェスターにゴードンという男性がそっくりであることを利用し、彼をフェスターと偽ってアダムス一家に送り込む。ゴードンは最初、はちゃめちゃな一家に戸惑うが、いつしか一家を好きになってしまい……。

作品データ

  • 原題/The Addams Family
  • 制作年/1991
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(吹替版)/100分
  • ジャンル/コメディ

楽曲情報

  • MCハマー
    アダムス・グルーヴ

出演

役名 役者名
モーティシア アンジェリカ・ヒューストン 高島雅羅
ゴメズ・アダムズ ラウル・ジュリア 玄田哲章
フェスター クリストファー・ロイド 麦人
アビゲイル エリザベス・ウィルソン 谷育子
タリー ダン・ヘダヤ 青野武
ウェンズデー クリスティナ・リッチ 近藤玲子
グラニー ジュディス・マリーナ 京田尚子
パグズリー ジミー・ワークマン 大谷育江

スタッフ

  • 監督
    バリー・ソネンフェルド
  • 製作
    スコット・ルーディン
  • 脚本
    キャロライン・トンプソン
  • 脚本
    ラリー・ウィルソン
  • 撮影
    オーウェン・ロイズマン
  • 音楽
    マーク・シャイマン

関連特集

吹替で楽しむ!実写劇場版「アダムス・ファミリー」一挙放送

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 碧洛さんに便乗

    • ★★★☆☆
    • jun市
    • 2016/11/27 19:30

    やはりクリストファーロイドの声は青野武さんで聞きたいです。でも「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は穂積隆信さん。

  • これじゃない

    • ★★★☆☆
    • 碧洛
    • 2016/11/27 16:10

    WOWOW、放送してくれてありがとう。でも吹き替えは日本テレビ版を頼む。
    ソフト版は違う。日本人が思う吹き替え作品は日本テレビ版。金曜ロードショー最強時代の吹き
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

吹替で楽しむ!実写劇場版「アダムス・ファミリー」一挙放送

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの