映画
生きる

生きる
現在、放送予定はありません。

名匠・黒澤明監督が1952年に発表し、その代表作の1本となった人間ドラマの名作。真面目に生きてきた中年男性は、自分が胃がんにかかったと知る。後に英国でリメイク。

2022年、英国で「生きる LIVING」としてリメイクされて再注目を集めた、感動の名作。主演は黒澤作品の常連のひとりだった志村喬で、その役どころは、真面目な公務員だが、自分が胃がんだと知ったことをきっかけに、生まれて初めて“生きる”ことの意味を考えさせられる中年男性。志村は哀愁たっぷりに一世一代の名演を披露し、特に主人公が公園のブランコに乗って「ゴンドラの唄」を歌うシーンは日本映画史上、屈指の名場面。キネマ旬報ベスト・テン第1位や毎日映画コンクール日本映画大賞などに輝いた。

生きる

名匠・黒澤明監督が1952年に発表し、その代表作の1本となった人間ドラマの名作。真面目に生きてきた中年男性は、自分が胃がんにかかったと知る。後に英国でリメイク。

市役所の市民課長である渡邊勘治は、30年間も無欠勤を続けてきた真面目な人物。しかしある日、胃に痛みを感じて欠勤し、病院で診察を受けてみたところ、医師の態度から自分が胃がんにかかっていると確信する。すでに妻を失い、息子の光男が自立していることもあって、自暴自棄気味になった勘治は貯金の大半を下ろし、人生でやり残したことがないようにと盛り場にやって来て人並みに遊ぼうとするが、それでも気は晴れなくて……。

作品データ

  • 制作年/1952
  • 制作国/日本
  • 内容時間/143分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
渡邊勘治 志村喬
木村 日守新一
坂井 田中春男
野口 千秋実
小田切とよ 小田切みき
小原 左ト全
大野 藤原釜足
渡邊光男 金子信雄

スタッフ

  • 監督
    黒澤明
  • 製作
    本木荘二郎
  • 脚本
    黒澤明
  • 脚本
    橋本忍
  • 脚本
    小国英雄
  • 撮影
    中井朝一
  • 音楽
    早坂文雄

ユーザーレビュー

現在、5件のレビューが登録されています。

  • 『生きる』見た

    • ★★★★☆
    • wer*******
    • 2023/12/10 21:20

    羅生門しかまだ観ておらず、今回の放送で黒澤映画『生きる』をようやく観る事ができた。
    時代背景や志村さんの細かい演技と監督の意図する部分でわからなかったところもあ
    続きを読む

  • 黒澤作品を

    • ★★★★★
    • ISHU
    • 2019/01/12 15:07

    初めてじっくり見ました。

    主人公を演じた役者さんの存在感、モノクロ映画でありながらも、彼の眼光パワーが非常に印象に残る。

    現代にも通ずる、「生きる」ことの意
    続きを読む

  • 強く印象に残る素晴らしい黒澤映画

    • ★★★★★
    • yohra
    • 2018/10/09 12:08

    何とも暗い映画です。。
    しかし、そこには人間の本質が鋭く描かれています。。
    昔の映画らしく画質も悪いし、進行もゆっくりです。。
    恐らく若い方には、退屈な古い映画
    続きを読む

  • ネタバレ命短し 恋せよ乙女

    • ★★★★★
    • herocomeon
    • 2016/08/17 14:27

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 構成の面白さ

    • ★★★★☆
    • ウォルシュ
    • 2012/07/29 13:11

    「生きる」と聞いて、まず最初に思い出す言葉は
    “命短し 恋せよ乙女”
    生きる=ブランコ=ゴンドラの唄
    のイメージが強烈で、
    主人公の娘が余命幾ばくも無い
    続きを読む

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの