映画
妖星ゴラス

妖星ゴラス
現在、放送予定はありません。

本多猪四郎監督、円谷英二特技監督の黄金コンビによる大スケールのディザスターパニック巨編。地球の6000倍もの質量を持つ妖星ゴラスが接近。果たして人類の運命は?

当時における米ソの冷戦や核開発・宇宙開発競争の激化を背景にしたスペクタクル巨編。天体衝突のパニック映画は21世紀の今でこそ珍しくないが、本作の妖星ゴラスは地球の6000倍もの質量を持ち、破壊も軌道変更も不可能という、後年の同類作品と比べても類を見ないもの。地球の危機を前に、全世界が力を結集する様が感動的だ。大スケールの天変地異を映像化した円谷特撮の冴えに加え、後に特撮ドラマ「ウルトラマン」にジェットビートルとして木型が流用されたことも有名なVTOL機などのメカにも注目だ。

妖星ゴラス

本多猪四郎監督、円谷英二特技監督の黄金コンビによる大スケールのディザスターパニック巨編。地球の6000倍もの質量を持つ妖星ゴラスが接近。果たして人類の運命は?

1980年、富士山麓宇宙港から発進した土星探査船が謎の新星を発見する。ゴラスと名付けられたその星は、地球の6000倍もの質量を持ち、このままでは地球に衝突してしまう。世界中の核兵器を集めても、ゴラスの破壊どころか軌道を変えることすらできないと判明、国連は地球そのものをロケットに変え、衝突軌道から逃すことに決定する。各国の科学者は総力を結集し、南極に地球を動かす巨大エンジンを建造し始めるが……。

作品データ

  • 制作年/1962
  • 制作国/日本
  • 内容時間/89分
  • ジャンル/SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
田沢博士 池部良
園田智子 白川由美
村田宇宙省長官 西村晃
河野博士 上原謙
遠藤艇長 平田昭彦
斎木副長 佐原健二
園田謙介 志村喬
園田艇長 田崎潤
金井達磨 久保明
野村滝子 水野久美
木南法相 小沢栄太郎
関総理大臣 佐々木孝丸

スタッフ

  • 監督
    本多猪四郎
  • 製作
    田中友幸
  • 特技監督
    円谷英二
  • 脚本
    木村武
  • 撮影
    小泉一
  • 音楽
    石井歓

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの