映画
レッド・オクトーバーを追え!

レッド・オクトーバーを追え!
現在、放送予定はありません。

ベストセラー小説を映画化したミリタリーアクション。東西冷戦中、ソ連の原潜が米東海岸に接近したことで巻き起こる一触即発の危機に、CIAのジャック・ライアンが挑む。

本作で大活躍した主人公“ジャック・ライアン”のシリーズは、演じる俳優を替えながら、「パトリオット・ゲーム」「今そこにある危機」「トータル・フィアーズ」「エージェント:ライアン」などへ続く。本作は「ダイ・ハード」第1作のJ・マクティアナン監督らしく、海中の密室たる潜水艦で男たちが繰り広げる熱いドラマを、スケール感豊かに描いたのが見応え満点だ。ソ連原潜の艦長役を威厳たっぷりに演じたは初代“007”スターのS・コネリー。惜しくも本作だけだがライアン役を演じたのはA・ボールドウィン。

My番組登録者数
  • 0
レッド・オクトーバーを追え!

ベストセラー小説を映画化したミリタリーアクション。東西冷戦中、ソ連の原潜が米東海岸に接近したことで巻き起こる一触即発の危機に、CIAのジャック・ライアンが挑む。

核兵器を搭載したソ連の原潜“レッド・オクトーバー号”は艦長ラミウスに率いられていたが、“レッド・オクトーバー号”は突如、訓練海域を離脱して米国の東海岸に向かい始める。米本土への奇襲を警戒してペンタゴン(米国防総省)は自国の艦を迎撃に向かわせるとともにCIAの分析のスペシャリスト、ライアンに調査を開始させる。実はラミウスと部下たちは、米国への亡命を希望していたが、ソ連がそれを見過ごすはずはなく……。

作品データ

  • 原題/The Hunt for Red October
  • 制作年/1990
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/136分
  • 内容時間(吹替版)/136分
  • ジャンル/アクション/冒険

受賞歴

  • 第63回(1990)アカデミー賞音響効果編集賞

出演

役名 役者名
マルコ・ラミウス艦長 ショーン・コネリー
ジャック・ライアン アレック・ボールドウィン
バート・マンキューゾ艦長 スコット・グレン
ジェームズ・グリーア提督 ジェームズ・アール・ジョーンズ
ジェフリー・ペルト リチャード・ジョーダン
ヴァジリー・ボロディン サム・ニール
ニコライ・ペトロフ ティム・カリー

スタッフ

  • 監督
    ジョン・マクティアナン
  • 製作
    メイス・ニューフェルド
  • 脚本
    ラリー・ファーガソン
  • 脚本
    ドナルド・スチュワート
  • 撮影
    ヤン・デ・ボン
  • 音楽
    ベイジル・ポールドゥリス

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • ショーン・コネリーがかっこいい~♪

    • ★★★★★
    • さすらいダイバー
    • 2020/02/16 20:45

    ラミウス艦長の謎の行動とジャック・ライアンの読みが面白いストーリー展開。
    原題は「The Hunt for Red October」なので「レッドオクトーバーを
    続きを読む

  • 豪華な配役・スタッフで1級品のアクション

    • ★★★★★
    • busuka
    • 2009/03/20 17:23

    芸達者を揃えての男と男の対決、迫真の演技と潜水艦、ヘリコプター、艦船のアクションが楽しい作品です。
    撮影監督のヤン・デ・ボンがまた良質作品に貢献してます。彼は
    続きを読む

  • 潜水艦映画の傑作

    • ★★★★★
    • ゴロチ
    • 2008/10/23 17:00

    シリーズの中で唯一”面白い”と思える作品。2~3作目の”モサッ”とした感じはなく、ハード&シャープ! 畳み掛ける展開に2時間15分が”あっ”という間。まだ観てな 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの