映画
犬神家の一族(1976)

犬神家の一族(1976)

6/14(月)よる9:00

7/9(金)午前6:00

横溝正史の原作を、市川崑監督が絢爛たる映像美を駆使して映画化した本格推理映画。公開当時、一大キャンペーンで大ヒットを飛ばした、“角川映画”の記念すべき第1作。

横溝正史のおどろおどろしい世界を、市川崑監督が、豪華キャストや絢爛たる美術、叙情的な音楽等を配して華麗に映画化。本作を皮切りに映画製作に乗り出し、原作本と映画の相乗的な宣伝タイアップを図った角川書店の商法も大成功を収め、その後の日本映画の流れに決定的な一石を投じることになった記念碑的作品だ。石坂浩二演じる名探偵・金田一耕助も一躍評判を呼び、以後、同じ監督・主演コンビで計5本の作品が製作された。30年後の2006年には同じ市川監督・石坂主演によるリメイク版も作られている。

My番組登録者数
  • 525
犬神家の一族(1976)

横溝正史の原作を、市川崑監督が絢爛たる映像美を駆使して映画化した本格推理映画。公開当時、一大キャンペーンで大ヒットを飛ばした、“角川映画”の記念すべき第1作。

製薬業で財を成した信州の富豪、犬神佐兵衛が他界。遺言状に従い、その全遺産は佐兵衛が生前に世話になった恩人の美しい孫娘・野々宮珠世に贈られることになる。ただし、それには、珠世が、佐兵衛の3人娘、松子・竹子・梅子がそれぞれ産んだ男子のうち、いずれかと結婚することが条件となっていた。早速彼女をめぐる男たちの争奪戦が始まり、やがて連続殺人事件へとエスカレート。その事件の謎に、名探偵・金田一耕助が挑む。

作品データ

  • 制作年/1976
  • 制作国/日本
  • 内容時間/146分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
金田一耕助 石坂浩二
犬神松子 高峰三枝子
橘警察署長 加藤武
犬神佐兵衛 三國連太郎
野々宮珠世 島田陽子
犬神梅子 草笛光子
犬神佐清 あおい輝彦
犬神竹子 三条美紀

スタッフ

  • 監督
    市川崑
  • 製作
    角川春樹
  • 製作
    市川喜一
  • 脚本
    市川崑
  • 脚本
    長田紀生
  • 脚本
    日高真也
  • 撮影
    長谷川清
  • 音楽
    大野雄二

関連特集

市川崑×石坂浩二「金田一耕助」シリーズ一挙放送

横溝正史ブームを起こした名シリーズを特集

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • 「あの人のこと、忘れられない」

    • ★★★★☆
    • lunalovegood
    • 2015/03/09 09:43

    昔、断片的に観たような気もするけど、細かいところはすっかり忘れていたので今回、改めて観てみました。「獄門島」でも思ったけど、全体にドロドロして重苦しいトーンの中 続きを読む

  • \◇ 日本の「映画音楽史上」に残る美旋律 ◇/

    • ★★★★★
    • mis@
    • 2015/02/26 17:06

    祭ばやしが聞こえるさん、こんにちは。ご無沙汰しております。貴殿がご覧になられた作品を私が観賞していないことが多いため、なかなかレビューが噛み合いませず申し訳ござ 続きを読む

  • 金田一さん!! またまた事件ですよ!

    • ★★★★★
    • 祭ばやしが聞こえる
    • 2015/02/25 23:53

    スト-リ-は犬神製薬の創立者・犬神佐兵衛翁(三國連太郎)が莫大な遺産を残して他界するシ-ンからドラマは始まります。遺産の配当や事業相続者を記した遺言状は親類縁者 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

市川崑×石坂浩二「金田一耕助」シリーズ一挙放送

横溝正史ブームを起こした名シリーズを特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの