食と芸術に彩られた“ベネルクス三国”を巡る極上の鉄道旅。

オランダ&ベルギー

今回は、美しい中世の街が守られ、独自の歴史と文化が息づくベネルクス三国を訪れます。レンブラントやフェルメールを輩出した芸術のオランダへ、そしてビールやチョコレート、ジビエなど美食満載のベルギーからルクセンブルクへ。市民に親しまれるインターシティや、2010年にリニューアルされた国際高速列車タリスで駆け抜けます。

首都ブリュッセルから北部フランダース地方へ

首都ブリュッセルから北部フランダース地方へ

ブリュッセル 多くの国際機関が集まるヨーロッパの十字路
タリス

アムステルダムに戻り、タリスでブリュッセルへは約2時間の旅。ユーロスターや世界一の高速列車TGVも発着する、ブリュッセル南駅へ向かいます。タリスは北ヨーロッパ11都市を結ぶ高速列車で、他にパリ、ケルン間などを時速300kmで走行。一等車では無線LANが無料で使える他、食事、専用コンセント、タクシー予約、数カ国語の新聞など、各種サービスが充実しています。

高速列車タリス
高速列車タリス
ブリュッセル南駅
ブリュッセル南駅
グランプラス

ギルド(同業組合)ハウス、96mの鐘楼がそびえる市庁舎、王の家と呼ばれる市立博物館など、15~17世紀の歴史的建造物に囲まれた広場です。壮麗なゴシック建築、細かな装飾の数々は目を見張るほど。ヴィクトル・ユゴーは世界で最も美しい広場と賞賛しました。中には有名チョコレート店やカフェ、試食もできるチョコレート博物館やビール博物館も。2年に1度のフラワー・カーペットには世界中から観光客が集まります。1998年、世界文化遺産登録。

グランプラス
グランプラス
ブラバン公の館
ブラバン公の館
王の家(市立博物館)
王の家(市立博物館)
小便小僧

ブリュッセルの最長老市民、ジュリアン君。その昔、敵軍が仕掛けた爆薬の導火線におしっこをかけて消化した、勇気ある少年を称えて造られたといわれています。長年市民に愛され、酔ったフランス兵が彼を盗んだときはデモが起きたほど。ルイ15世は謝罪としてジュリアンに豪華な宮廷服を贈呈。これを機に世界中から衣装が贈られるようになり、膨大なワードローブは市立博物館に展示されています。

小便小僧
小便小僧
市立博物館展示の衣装コレクション
市立博物館展示の衣装コレクション
ギャルリー・サン・チュベール

ヨーロッパ最古のショッピングアーケードで1847年完成。ガラス張りの天井から明るい光が差し込み、アール・ヌーヴォー様式の格調高い装飾が印象的です。グランプラスにほど近く、高級ブランドやチョコレート店、レストラン、劇場や映画館などが並び、ブリュッセルでのショッピングには外せないスポットです。

ギャルリー・サン・チュベール
ギャルリー・サン・チュベール
レストラン街、イロ・サクレ地区)
レストラン街、イロ・サクレ地区
ギャルリーのチョコレート店
ギャルリーのチョコレート店
アントワープ 「フランダースの犬」ゆかりの町
アントワープ中央駅

ネオバロックの外観、鉄骨とガラスの巨大ドーム。まるで大聖堂のような中央駅は、1895年から10年もの歳月をかけて建てられ、国の重要文化財に指定されています。数年前に大改修を終え、伝統と先進性が調和した駅に生まれ変わりました。中は4層構造の吹き抜けになっていて、最上階から見下ろすと、各階の両側に4段ベッドのようにホームがあります。

アントワープ中央駅
アントワープ中央駅
石造りのドーム屋根
石造りのドーム屋根
ノートルダム大寺院

ベルギー最大のゴシック教会で、1352年から170余年を経て完成。123mある鐘楼は、「ベルギーとフランスの鐘楼群」として1999年に世界文化遺産に登録されています。本当は2本の塔ができるはずでしたが、南塔は資金難で断念されたそう。祭壇画『キリストの昇架』『キリストの降架』『聖母被昇天』は、フランダースの犬のネロ少年が憧れ続けたルーベンスの最高傑作です。

ノートルダム大聖堂
ノートルダム大聖堂
ルーベンス『聖母被昇天』
ルーベンス『聖母被昇天』
ルーベンス『キリストの降架』
ルーベンス『キリストの降架』
ルーベンスの家

画家が1610年から5年かけて築き、終の棲家とした邸宅とアトリエは、美術館として公開されています。画家として外交官として、輝かしい名声を手にしていた彼のもとには、各国の貴族や芸術家も訪ねてきました。そんなプロフィールを伺わせる宮殿のような室内には、豪華な調度品やインテリアが品良く並んでいます。ダイニングルームの肖像画は、彼が残した数少ない自画像の1枚です。

ルーベンスの家 中庭
ルーベンスの家 中庭
ルーベンスの家 アトリエ
ルーベンスの家 アトリエ
ブルージュ 中世の景観をそのまま残す世界遺産の街
マルクト広場

旧市街の中心にある、ヨーロッパで5本の指に入る美しい広場です。中央に立つ銅像は、ヤン・ブレーデルとピーテル・デ・コーニンク。1302年にフランスの圧政から独立を掲げて立ち上がったブルージュの英雄です。南に鐘楼、東に州庁舎など歴史的建造物が囲み、一帯は「ブルージュ歴史地区」として2000年、世界文化遺産に登録されています。

ヤン・ブレーデルとピーテル・デ・コーニンク像
ヤン・ブレーデルとピーテル・デ・コーニンク像
マルクト広場
マルクト広場
鐘楼

遠くからでも目に入る鐘楼は街のランドマーク。13~15世紀に拡張工事を繰り返し、今の3層構造になりました。地上88mの最上部からフランドル平原のパノラマが、中層部では15分ごとに鳴り響くカリヨンを間近で見ることができます。その音色は世界的に評価が高く、47個の鐘を駆使したカリヨンコンサートも人気。1999年、「ベルギーとフランスの鐘楼群」として世界遺産登録。

鐘楼
鐘楼
カリヨン
カリヨン
カリヨン奏者
カリヨン奏者
聖母教会

この教会も、13~15世紀に改修を繰り返して建造されました。尖塔は、塔の街ブルージュの中でも突出して高い122m。かつての豪商が金貨100枚で購入したという『聖母子像』は、イタリア以外で見るのは珍しいミケランジェロ作品です。教会の奥には、ブルゴーニュ公国シャルル突進公と娘マリーの霊廟が。美しく領民思いで誰からも愛されたマリーを、今も慕って参拝する人が絶えません。

聖母教会
聖母教会
ミケランジェロ『聖母子像』
ミケランジェロ『聖母子像』
霊廟
霊廟
オステンド ベルギー最大の海辺のリゾート地
魚市場

小さな港町オステンドは、かつて海を渡ってきたイギリスの人々が、ヨーロッパ大陸へ入る玄関口でした。今は、夏になるとヨーロッパ各地からバカンス客が集まるリゾート地です。港には魚市場や屋台があり、新鮮なシーフードが美味。のれんのように魚の干物が並んでいる風景は、日本の海辺の町を思い出させます。

魚市場
魚市場
ベルギー沿岸軌道

北はオランダ国境のクノック・ヘイストから、南はフランス国境のデ・パンネまで、北海の海辺に沿って走るトラム。ライトレール路線としては世界一長い、68kmをゴトゴトと走ります。オステンドは1885年の開業時は始発駅。徐々に南北へ延長され、今は70の停留所を2時間20分で結んでいます。小さいながらも実は繁忙路線で、フランドル地域政府は2007年に路線網拡大計画を発表しました。

北海を走るベルギー沿岸軌道
北海を走るベルギー沿岸軌道