WOWOW TENNIS ONLINE

放送カードプレビュー


大会第2日

女子シングルス1回戦

6月22日(火)よる8:55~深夜0:00 センターコート 第1試合
193chLIVE
セレナ・ウイリアムズ
(アメリカ)
VS
ミシェル・ラルシェル デ ブリート
(ポルトガル)

解説:坂本 正秀 実況:鍋島 昭茂

 2日目のセンターコート第1試合は女子のディフェンディング・チャンピオンの定位置だ。男女差別だという声もあるが、伝統を受け入れ、セレナが三たび前年覇者として登場する。試合不足が目に見えていた全仏オープンでは準々決勝敗退に終わったセレナ。それ以来となる実戦でラルシェル デ ブリートは楽な相手ではない。
 グランドスラム・デビューとなった昨年の全仏で、その強打とともにマリア・シャラポワも顔負けの“絶叫少女”として一躍有名になったポルトガルの17歳。一昨年にアメリカのハードコートで一度対戦しているが、当時予選上がりでランキング226位だった15歳に、セレナは第1セットを奪われた。接戦になれば、すさまじい“声”対決にも!?



大会第2日

男子シングルス1回戦

6月22日(火)よる8:55~深夜0:00 センターコート 第2試合
193chLIVE
6月22日(火)深夜0:00~午前5:59
BS-5ch/191chLIVE
錦織圭
(日本)
VS
ラファエル・ナダル
(スペイン)

解説:柳 恵誌郎 実況:木村 季康

 あの劇的な初優勝から2年ぶりにウィンブルドンのセンターコートに帰ってきた現王者ナダル。本来なら昨年、ディフェンディング・チャンピオンとしてセンターコートの開幕試合を飾るはずだったが、膝の故障で無念の欠場に至っただけに、この1回戦には特別な思いがあるはずだ。
 その最初の相手が日本のホープ錦織。この1年が試練だったという点は共通する。右ひじの故障を経て2年ぶりのウィンブルドン。「ケガがなければトップ10に入る力がある」というナダルの錦織評には、同情と警戒が入り交じる。錦織にとっては4大大会を通じて初めて入るセンターコートで、世界1位を相手に平常心で戦うことができるか。1ポイント目から、否、入場シーンから目が離せない。



大会第2日

女子シングルス1回戦

6月22日(火)深夜0:00~午前5:59 コート14 第3試合
BS-5ch/191chLIVE
クルム伊達公子
(日本)
VS
アレクサンドラ・ダルゲルー
(ルーマニア)

解説:神尾 米 実況:久保田 光彦

 ツアー最年長の39歳クルム伊達vs伸び盛りの若手、という対決の図式は見慣れたが、今回もまさしくそれ。21歳のダルゲルーは、昨年1年間で385位から52位までランキングを上げた新鋭だ。昨年4月、モンソン(スペイン)でのITF大会決勝で対戦している。勝ったクルム伊達にとってはそれが海外ツアー参戦以降初の優勝となったが、当時のダルゲルーはまだランキング325位。翌月にワルシャワのWTAツアー大会で予選から優勝し、一気にトップ100入りすると、上昇は止まらず、今やシードの仲間入りだ。
 全仏オープンで再発した右ふくらはぎの痛みはもうないというクルム伊達だが、1か月近く試合をしていない不安は残る。メンタルもカギだが、序盤の打ち合いで早くリズムをつかみたい。


放送カード

3月放送予定
ジョコビッチ、マレーら現役トップ選手に加えて、アガシ、サンプラスらレジェンドたちも出場。
往年のチャンピオンたちが集う男子ATP公式シニアツアーの2013シーズンを放送。
4月放送予定
ワールドグループ制になって初のベスト8進出を果たした日本代表が3連覇を狙う王者チェコとの一戦に挑む!
往年のチャンピオンたちが集う男子ATP公式シニアツアーの2013シーズンを放送。
母国の名誉と威信を懸けて、強豪国が激突する“テニスのワールドカップ”。ワールドグループ準々決勝の模様をハイライトでお届け
女子テニスの国別対抗戦・フェドカップ。
強豪8カ国による熱戦を1回戦から決勝まで放送

オンエア情報一覧


あなたもお友達も視聴料1ヵ月無料