WOWOW NBA ONLINE

「激動の10-11シーズン」新たな歴史を見逃すな!

NBA見るならWOWOW!
[an error occurred while processing this directive]

WESTERN CONFERENCE

ゴールデンステート・ウォリアーズ

Golden State Warriors

ゴールデンステート・ウォリアーズ

    ※9月28日現在
  • チーム名の由来

    ウォリアーとは「戦士」の意味。元々ペンシルバニア州フィラデルフィアに所在していて、独立戦争で戦った戦士たちに敬意を表して命名された。

  • 創設

    1946年

  • ファイナル制覇

    2回(BAA時代に1回)

  • ファイナル進出

    5回(BAA時代に1回)

  • アリーナ

    オラクル・アリーナ

  • ヘッドコーチ

    キース・スマート

  • ゼネラル・マネージャー

    ラリー・ライリー

※BAAはNBAの前身となったリーグ
Key Players~注目プレイヤー~

#10

デイビッド・リー

1983年4月29日生まれ 2005年ドラフト1巡目全体30位
高さと走力と年々向上するオフェンススキル。更にハッスルプレーに加え、甘いマスクまで兼ね備えたニューヨークのアイドル的存在だったが、チーム事情で放出され、今季からウォリアーズに加入。ラン・アンド・ガンのウォリアーズは相性抜群だ。

#30

ステフェン・カリー

1988年3月14日生まれ 2009年ドラフト1巡目全体7位
ルーキーイヤーの昨季、僅かにタイリーク・エバンスに及ばず新人王投票2位、スティール部門では堂々のリーグ3位。「線が細すぎる」という批判を一蹴し、後半戦はエリスとのバックコートコンビで爆発した。

#8

モンタ・エリス

1985年10月26日生まれ 2005年ドラフト2巡目全体40位
爆発的な攻撃力でエースに定着し、昨季は遂に平均25点越えを達成。長距離のシュートは得意ではないが、果敢にゴールにアタックして得点を量産する。ディフェンス面も向上の一途で、スティールランキングでは惜しくもリーグ2位に終わった。

[an error occurred while processing this directive]

PAGE TOP

[an error occurred while processing this directive]