> >
> >

Beat ビート

Beat ビート

番組情報ページはこちら

DVD好評発売中!

Beat ビート イントロダクション・ストーリー

家族の絆の再生を描く異色警察ドラマ。

2006年「隠蔽捜査」で吉川英治文学新人賞、2008年「果断―隠蔽捜査2―」で山本周五郎賞と日本推理作家協会賞を受賞、その後も“警察小説の気鋭”として高い評価を得る今野敏原作の2000年に発表した異色警察小説「ビート」を映像化。組織と家庭の間で揺れる一人の刑事の姿を丹念に描きながら、家族の絆、警察内部の葛藤などをスリリングに描いてゆく。
 監督・主演を務めるのは、個性派俳優として活躍しながらも、監督としても意欲的な挑戦を続ける奥田瑛二。2001年に『少女』で監督デビュー。2006年の監督第3作『長い散歩』で第30回モントリオール世界映画祭グランプリ、国際批評家連盟賞、エキュメニック賞三冠獲得の快挙を成し遂げた奥田が、このたび初めてテレビドラマの演出に挑む。
 共演は、高良健吾、宮崎美子、平田満、塩見三省、緒形直人、ら実力と人気を兼ね備えた俳優たち。
 二転三転するストーリー、“家族と組織”の狭間で苦悩する男たちの葛藤、最後のダンスシーンでの大どんでん返し。これまでの警察ドラマとは一味違う、ヒューマンサスペンスドラマにご期待ください。

ストーリー

 警視庁捜査二課に勤める警部補、島崎(奥田瑛二)は頭を悩ませていた。現在調査中の日和銀行の粉飾決算疑惑の内偵情報を、自分の長男・丈太郎(奥村知史)が、日和銀行員で柔道部のOBでもある富岡(ウダタカキ)に漏らしてしまったからだ。丈太郎を守るため、組織を裏切る決意をする島崎だったが、その富岡が捜査中に何者かによって殺されてしまう。秘密が漏れる心配がなくなり安堵した島崎だったが、その殺人事件の容疑者として、自分の次男・真次(高良健吾)が突如捜査線上に浮上する。何もかも専制的で、規律、けじめ、厳しさばかりを追求する父親・島崎に反発し、今では高校も中退してブラブラしている真次ではあったが、まさか息子が人殺しを犯すとはにわかに信じられない島崎は、一人で真次の動向を調査しはじめる。果たして富岡殺しの真犯人は真次なのか?

島崎洋平 [奥田瑛二]
捜査二課主任・警部補

二人の息子に柔道を教え込んだ。息子が事件に関係したことを知り、組織と家族の間で悩む。

島崎好子 [宮崎美子]
洋平の妻

夫の身や丈太郎の就職を案じる主婦。夫と真次の不仲に心を痛める。

島崎丈太郎 [奥村知史]
洋平の長男

就職に悩む大学生。銀行の先輩を訪ね、取り引きを持ちかけられる。

島崎真次 [高良健吾]
洋平の次男

ダンスに没頭し、練習を重ねるストイックな青年。家族の問題に心を痛める。

樋口顕 [緒形直人]
捜査一課主任・警部補

日和銀行に関わる事件の捜査のため、島崎と協力する。家庭のことで悩みを持つ。

天童隆一 [塩見三省]
捜査一課・警部

樋口の同期。拳銃を持ったまま飛び出した島崎の行動を気にする。

タエ [水野絵梨奈]
真次の恋人?

ニューヨークでダンサーになる夢をかなえるため、キャバクラで働く。真次の心の支え。

根岸民雄 [平田満]
財務企画部 融資審査課
課長

銀行内の不正を知る男。強制捜査の日取りを知るため暗躍する。

児島美智代 [佐藤めぐみ]
財務企画部 融資審査課

不倫相手の根岸の指示で、不正の隠ぺい工作に関わる。旅行好き。

富岡和夫 [ウダタカキ]
財務企画部 融資審査課
課長代理

警察の捜査内容を知るため、就職をチラつかせて丈太郎に近づく。