{"prg_cd":"111294"}
{"prg_cd":"111467"}
{"prg_cd":"111375"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"110423"}
{"prg_cd":"111420"}
{"prg_cd":"110350"}
{"prg_cd":"110744"}
{"prg_cd":"110680"}
{"prg_cd":"110952"}
{"prg_cd":"111436"}
{"prg_cd":"111321"}
{"prg_cd":"109765"}
{"prg_cd":"110471"}
{"prg_cd":"111583"}
{"prg_cd":"110813"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"107235"}
{"prg_cd":"109585"}
{"prg_cd":"111507"}
{"prg_cd":"111365"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"111162"}
{"prg_cd":"110789"}
{"prg_cd":"075521"}

ステージ
「プレイヤー」藤原竜也×仲村トオル 作:前川知大 演出:長塚圭史 

「プレイヤー」藤原竜也×仲村トオル

11/25(土)よる6:00

WOWOWライブ 初回

演劇界の次代を担う才能、前川知大と長塚圭史が初タッグを組んだ話題作。劇中劇と稽古場という2つの人間関係を行き来しながら、虚構と現実の境界が曖昧になっていく。

この作品のもとになったのは、前川が主宰する劇団「イキウメ」のために書き下ろした戯曲。前川は、9月9日公開の映画『散歩する侵略者』の原作者でもあり、日常に潜む超常的な世界を描くことに定評がある。一方、演出を手掛ける長塚も主宰する劇団「阿佐ヶ谷スパイダース」で作・演出・出演を務めるマルチな才能を発揮する。そんな2人が生み出した作品を演じるために、蜷川幸雄の演出舞台に多数出演し、圧倒的な存在感を放つ藤原竜也、今回で前川作品への出演が5作目となり前川の世界観を知り尽くす仲村トオル、透明感と力強さを併せ持つ成海璃子、確かな演技で舞台を締める木場勝己、元宝塚トップスターの真飛聖ほか豪華俳優陣が集結した2017年夏の話題作。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 313

演劇界の次代を担う才能、前川知大と長塚圭史が初タッグを組んだ話題作。劇中劇と稽古場という2つの人間関係を行き来しながら、虚構と現実の境界が曖昧になっていく。

前川知大と長塚圭史。演劇界の次代を担う才能がタッグを組んだ舞台。死者の言葉が生きている人間を通して「再生」されるという戯曲『PLAYER』に携わる俳優やスタッフたちの物語。ある公共劇場でリハーサルが行なわれるうちに、やがて現実の世界と劇中劇の世界の境界線があいまいになっていく。
【ストーリー】
ある公共劇場のリハーサル室に俳優やスタッフが集い、戯曲『PLAYER』の稽古が行なわれている。刑事の桜井を演じる道彦(藤原竜也)、環境保護団体代表で瞑想ワークショップの指導者・時枝役の悟(仲村トオル)、時枝の助手・神崎を演じる恵(成海璃子)、妻子を失い瞑想ワークショップに参加している大河原役の和夫(木場勝己)らも参加し、演出家・東(真飛聖)が演出している。
物語は「行方不明の女性・天野真が遺体で見つかるが、彼女は肉体を失った後も意識として存在し続け、友人の口を借りて自分の想いを伝え始める。真相を追う桜井を前に、彼女を死に導いた時枝は、死者との共存こそが物質文明の行き詰まりを打開し世界を変えるのだと主張する」というもの。死者の言葉を「再生」することと、台本のせりふを「再生」することが意識の中で重なった俳優やスタッフたちは、やがて戯曲の中の倒錯した死生観に感覚を浸食されていく。

出演

  • 藤原竜也
  • 仲村トオル
  • 成海璃子
  • シルビア・グラブ
  • 峯村リエ
  • 高橋努
  • 安井順平
  • 村川絵梨
  • 長井短
  • 大鶴佐助
  • 本折最強さとし
  • 櫻井章喜
  • 木場勝己
  • 真飛聖

スタッフ

  • 作/前川知大
  • 演出/長塚圭史

収録日・場所

  • 2017年8月16日/東京 Bunkamuraシアターコクーン
並び替え
絞り込み

関連特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの