新着番組
連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班

連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班
放送予定日



11/17(日)スタート
毎週日曜よる10:00
※第1話無料放送(全6話)

大ヒットクライムサスペンス「殺人分析班」シリーズ待望の第3弾!
シリーズ史上最も難解な猟奇殺人事件に殺人分析班メンバーが挑む!

木村文乃主演で、2015年「石の繭」、2016年「水晶の鼓動」として放送され大ヒットしたクライムサスペンスシリーズ「殺人分析班」。その第3弾「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」がスタートする。今作では、遺体の首に青い花が活けられる連続猟奇殺人事件が発生。麻見和史著の原作シリーズの中でも、最もミステリー要素が強く難解な事件が描かれる。
キャストは主人公・如月塔子役の木村文乃や、先輩刑事・鷹野秀昭役の青木崇高らおなじみのメンバーが集結。今回、頼れる相棒の鷹野の異動が数日後に迫る中、難解な事件の捜査に行き詰まる塔子の不安と葛藤を木村がどう表現するか期待が高まる。
監督を務めるのは、シリーズ全作の世界観を構築する、内片輝。脚本は、濃厚な刑事ドラマを世に送り出してきた穴吹一朗。
尚、本作は4K・HDR(ハイダイナミックレンジ)版も制作する。

塔子を擁する、殺人分析班メンバーは、相棒・鷹野秀昭役に青木崇高、チームメンバーの徳重英次役に北見敏之、石倉毅役に藤本隆宏、尾留川圭介役に小柳友。チームを見守る上官、早瀬泰之役に渡辺いっけい、手代木行雄役に勝村政信、神谷太一役に段田安則。そして、塔子の母親・如月厚子役に神野三鈴、元刑事の亡き父親・如月功役に仲村トオルとお馴染みのメンバーが再集結した。
そして、ドラマオリジナルの新キャラクター・相羽町子を菊地凛子が演じることが決定した!町子は、主に司法解剖を担当する法医学者で、鷹野とは昔から繋がりがあった人物。本作では事件のヒントを教えてくれるメンター的な存在となる。
3作目となり、殺人分析班をはじめとする周りの登場人物は、実力を備えた塔子をチームのエースとして慕うが、鷹野が去ることに一抹の不安を感じていることを隠し切れていない。殺人分析班は窮地を乗り越えられるのか!

誰にも予想できない、驚愕のラストが待ち受ける!本格クライムサスペンス待望の第3弾!

<ストーリー>
警視庁捜査一課十一係の刑事・如月塔子(木村文乃)が最も信頼する先輩刑事、鷹野秀昭(青木崇高)の公安部への異動が決まり、その異動まであと数日後に迫っていた。そんな中、資産家の天野秀雄が、自宅で惨殺される事件が発生。遺体は切り裂かれた首に“青い花”が活けられた状態で発見され、秀雄の妻・真弓は事件の日から行方知れずとなっていた。捜査本部が真弓を最重要参考人として捜索していると、「クラスター16」と名乗る犯人から新聞社宛てに、犯行声明と真弓の居場所を示唆するメールが届く。
次々と起こる猟奇殺人事件に翻弄され続ける警視庁と殺人分析班。鷹野の異動が迫る中で、塔子に寄せられる期待と責任も大きくなってゆく。しかし、期待とは反対に事件の捜査は難航し、焦りと不安が募る塔子。果たして、塔子や殺人分析班はこの猟奇殺人事件を解決することができるのか!?誰にも予想できない驚愕のラストが待ち受ける!

関連情報

原作:麻見和史「蝶の力学 警視庁殺人分析班」(講談社文庫刊)
脚本:穴吹一朗
音楽:諸橋邦行
監督:内片輝(「連続ドラマW 石の繭」「連続ドラマW 水晶の鼓動」殺人分析班シリーズ)
出演:木村文乃 青木崇高 渡辺いっけい 北見敏之 藤本隆宏 小柳 友/
   神野三鈴 勝村政信 段田安則 仲村トオル/菊地凛子

コメント

木村文乃さん(如月塔子 役)

「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」で、三度、如月塔子を演じることが決定した際のお気持ちをお聞かせください。
「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」から「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」を経て4年経った今、殺人分析班のメンバーが1人も欠けることなく集まって下さいました…

閉じる

木村文乃さん(如月塔子 役)

「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」で、三度、如月塔子を演じることが決定した際のお気持ちをお聞かせください。
「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」から「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」を経て4年経った今、殺人分析班のメンバーが1人も欠けることなく集まって下さいました。
こうして喜びと闘志を感じられるのも、待っていて下さった皆様のお陰様だと言うことを胸に、塔子の新たな葛藤と成長をお届けしたいと思います。

3作目となる本作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」に期待することはどのようなことでしょうか。
それぞれの部署が誇りとプライドを持って妥協することなく挑みます。
海外にも負けない質感と、地上波では出来ない展開で見て下さる皆さんにサプライズを贈れたらと思っています。

スピンオフ作品「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」が生まれたことについて。
こんなに愛されたのも、トレミーを演じた古川雄輝さんのお人柄もあってのことだと思います。

視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。
お待たせいたしました!
三度目の、重く熱い夏がやってきました。
皆さんの応援に背中を押していただいて、良い作品に出来るよう最高のスタッフ陣と共に邁進して参ります!

青木崇高さん(鷹野秀昭役)

「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」で、三度、鷹野秀昭を演じることが決定した際のお気持ちをお聞かせください。
暑い中、熱い現場に挑めること、スタッフ、キャストに厚く御礼申し上げます。…

閉じる

青木崇高さん(鷹野秀昭役)

「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」で、三度、鷹野秀昭を演じることが決定した際のお気持ちをお聞かせください。
暑い中、熱い現場に挑めること、スタッフ、キャストに厚く御礼申し上げます。

3作目となる本作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」に期待することはどのようなことでしょうか。
期待する側ではありません、期待させる側として一生懸命やっていきます。

視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。
ここまでのドラマはWOWOWでしか描けないかも知れません。殺人分析班、そして如月塔子の成長ぶりをお楽しみ下さい。

菊地凛子さん(相羽町子役)

「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」に出演が決定したときのお気持ちをお聞かせください。
シリーズに新たに参加できることに喜びを感じております。…

閉じる

菊地凛子さん(相羽町子役)

「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」に出演が決定したときのお気持ちをお聞かせください。
シリーズに新たに参加できることに喜びを感じております。

最初に脚本を読まれた時の感想についてお聞かせください。
脚本を読んでこのジメッとした匂いに引き込まれ、本能とは何なのか、命の愛し方とは何なのか、この世界で自分が一体どうなるのかまだ想像がつきません。

視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。
そんな危うい世界、倫理を超越したこのサスペンスにどっぷり浸かって頂くことを楽しみにしております。

原作者・麻見和史

「蝶の力学 警視庁殺人分析班」のドラマ化が決定したときの印象をお聞かせください。
以前制作された「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」では、如月塔子が苦戦しながらも刑事として成長する姿が描かれました。今回は…

閉じる

原作者・麻見和史

「蝶の力学 警視庁殺人分析班」のドラマ化が決定したときの印象をお聞かせください。
以前制作された「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」では、如月塔子が苦戦しながらも刑事として成長する姿が描かれました。今回は映像化の第三弾です。塔子は直観を活かした捜査を行うのか、それとも先輩・鷹野に負けないような鋭い推理を見せてくれるのか──。木村文乃さんの演技を楽しみにしています。また、原作小説はシリーズの中でもミステリー要素の濃い作品ですので、謎解きシーンにも期待したいと思います。

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※2019年10月1日施行予定の消費税法改正に伴い、2019年10月分以降の視聴料につきましては消費税率10%を適用させていただきます。

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの