WOWOWと一緒にドラマを作りませんか?

WOWOW新人シナリオ大賞

優れたシナリオ作品を発掘し、新人脚本家の育成を通じて
広く映像文化の発展に貢献することと、
その映像化を目的に実施しています。

第2回WOWOW新人シナリオ大賞
受賞作決定!

第2回WOWOW新人シナリオ大賞の受賞作が決定いたしました。
応募総数413編の中から、
大賞1編、優秀賞3編が選出されました。結果は以下の通りです。

画像大賞

2019年度内ドラマ化決定/賞金500万円贈呈

ちち息⼦むすこ地下ちかアイドル

光益 義幸(みつます よしゆき)

あらすじ
一人息子と疎遠になり、寂しく暮らす高校教師の千堂。ある日、事故の知らせを受ける。病室で久しぶりに会う息子は植物状態だった―。悲しみに暮れる千堂の元へ、派手な衣装を着た三人の少女が駆けつける。彼女たちは息子が作り育てている地下アイドルだった。解散寸前のグループを見かねた千堂は、息子に代わってアイドルプロデューサーになることを決意。息子が目覚めるまでグループを守ろうと、地下アイドル業界で奮闘していく。

優秀賞
賞金各100万円贈呈
ヤッホー!
三田 俊之(みた としゆき)

あらすじ
山間の町で「ヤッホー商店」を営む芳峰。山ガールの美女・芽美に一目惚れするが、彼女は東京で働く兄・雄峰のストーカー。偶然を装い芳峰宅に出入りする芽美に夢中になり、芳峰は商売をおろそかにし始める。移動販売に乗り出す大手コンビニ、常連客の不幸、遂に知る芽美の正体…相次ぐ事態に店が存亡の危機に立つ中、芳峰が全力で向かった先はデリヘル嬢・ラムの腕の中だった…。だらしない金ない33才独身男の幸せをめぐる冒険!

優秀賞
賞金各100万円贈呈
選択せんたくのとき
藤田 委甫(ふじた いほ)

あらすじ
小林優香は訪問医療に携わっている主婦で、不妊治療をしながら子どもを授かることを願っている。訪問先の住田京子の息子・光太朗にはダウン症があった。
待望の子どもを授かった優香だったが、出生前診断でダウン症の確率が高いと診断されてしまう。周囲の反対を受けて自分の気持ちに対峙し、〈産む・産まない〉という選択に悩まされる優香。一方、京子は夫と離婚し、実家の山口県に光太朗と共に帰ることを決断する-。

優秀賞
賞金各100万円贈呈
いきめる
弓削 勇(ゆげ  いさむ)

あらすじ
備後尚彦は、子供の頃から憧れた「アニメ」を作るためアニメ会社で働いている。そこで大御所監督・日向由志郎の新作が始動する。しかし鬼監督として有名な日向の暴走や衝突で現場は大混乱。ある日、講演会を頼まれた日向を車で送るハメになる備後だが、一緒にいる中で、日向の人となりを知っていく。そんな時、交通事故を起こし入院する2人。同室という悪夢の空間で、日向によるアニメレッスンが始まる。

選考委員
⽻原⼤介
脚本家
⼆年連続で務めさせて戴いたが、昨年に増して秀作が多く審査は難しかった。「⽗と息⼦の地下アイドル」は、まず『地下アイドル』という題材を選んだことが新しく、テレビ的で魅⼒ある作品。夢を諦めないというメッセージもズシンと伝わった。「ヤッホー!」は、⽥舎の⼈間関係に現代らしい事件を散りばめ、登場⼈物ひとりひとりに感情移⼊しやすかった。「選択のとき」は、ダウン症とわかった⼦を⽣むか⽣まないかという究極の選択を、私⾃⾝も突き付けられたような気にさせる秀作だった。「息を籠める」は、アニメ業界を描いた所謂『業界もの』であるが、そのリアリティが素晴らしく、思わず主⼈公の新⼈スタッフを応援したい気分になった。
残念ながら落選してしまった作品も含め、読み応えのある作品が多く、⼤いに刺激をもらい充実した審査となった。

【⽻原⼤介氏 プロフィール】
芸能プロダクションのマネージャーの職を経てつかこうへいに師事、1992年に脚本家デビュー。主な作品に映画『ゲロッパ!』、『パッチギ!』、『フラガール』、『ゲゲゲの⿁太郎劇場版』、ドラマ「ダブルフェイス」(TBS-WOWOW共同制作)、『マッサン』(NHK連続テレビ⼩説)、「誤断」(WOWOW)、『黒⾰の⼿帖』(EX)など。『パッチギ!』で⽇本アカデミー賞優秀脚本賞、『フラガール』で⽇本アカデミー賞最優秀脚本賞、「とんび」(NHK)でモンテカルロテレビ祭最優秀賞、「ダブルフェイス」で東京ドラマアウォードグランプリを受賞。⾃⾝で旗揚げした劇団『昭和芸能舎』の脚本・演出を担当。

第1回WOWOW新人シナリオ大賞
受賞作放送日決定!

画像大賞

2018年度内ドラマ化決定/賞金500万円贈呈

あかいトマト

圓岡 由紀恵(マルオカ ユキエ)

あらすじ
銀行員の森田克博は、原発の影響で自主避難している家族と離れ、福島の自宅で一人暮らし。子供達の成長は早く、寂しさを感じている。そんな中、妻の千佳から、銀行を辞めて一緒に暮らさないかと提案される。虫が苦手な克博は、妻の実家の農業をする自信が全く持てない。しかし、同郷の元カノ、波子の半ば強引な後押しで、克博は、苦手を克服するためのステップを一つ一つ何とかクリアし、家族と一緒に暮らすために奮闘していく。

「ドラマW 今日、帰ります。」として2019年3月10日(日)よる10:00 wowowプライムにて放送予定です。

脚本:圓岡 由紀恵
脚本協力:藤井道人
監督:藤井道人(『青の帰り道』『デイアンドナイト』)
音楽:岩本裕司
出演:伊藤淳史 木南晴夏 小林未来 河野うさぎ 笠松将 戸田昌宏 / 西岡德馬 / 夏木マリ
放送日:3/10(日)よる10:00 wowowプライム

「WOWOWシナリオ大賞」終了にあたり

2007年より12回に渡り「WOWOWシナリオ大賞」、「WOWOW新人シナリオ大賞」開催をしてきましたが、今回を持ちまして「WOWOWシナリオ大賞」としての公募・受賞を終了いたします。「WOWOWシナリオ大賞」のこれまでの取り組みを通して、11作品の映像化を実現し、新たなクリエイターの発掘およびWOWOWオリジナルドラマブランドの向上を図ることができました。これまで「WOWOWシナリオ大賞」に関わって頂いた全ての皆様に感謝を申し上げます。
今後もWOWOWは、ドラマに限らずオリジナルコンテンツの更なる可能性を追求するべく、新たな才能の発掘と、より質の高いコンテンツ制作に注力していきます。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
閉じる