25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

WOWOW TENNIS ONLINE

Column コラム

Column コラム

自身初、大会史上初の4連覇達成。若手の挑戦退けたトップ10プレーヤーの貫禄

2016/02/18

挑戦を受ける立場となってきた錦織。今回はそれを見事はねのけ大会4連覇を達成した。(写真:Getty Images)

 大会史上初の4連覇を達成したチャンピオンに、インタビュアーが微笑みかけた。

「バンドが作れますね」

 ブルースの故郷、エルビス・プレスリーが住んだ町……音楽とゆかりの深い土地を舞台としたこの大会は、ギターを象った優勝トロフィーが有名だ。それが本物のギターになったのは昨年からだから、最初の2つから音は出ないはずだが、それはもののたとえとして、錦織は自然に顔をほころばせた。

 しかしのちの記者会見で「価値はあるけどほとんどうれしくない」と言ったのもまた本音なのだろう。錦織以外にトップ20の選手はおらず、50位以上とは一人も対戦しなかった。また、同一大会での4連覇は現役ではほかにロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルとノバク・ジョコビッチしかいないといっても、彼らはグランドスラムやマスターズでもその記録を持っている。極端に持ち上げられることを軽く拒否するような発言に、プライドと自制の念がのぞいた。

 それはそれとして、勝ちっぷりはあっぱれだった。

 18歳の頃からほぼ毎年ここに出場し、過去3連覇が示すように相性のいい大会だ。しかし、その〈相性〉を決める要素であるサーフェスとボールが今年変わった。塗り替えられた室内ハードコートは例年よりもはるかにスピードが落ち、ボールは「重い」と多くの選手が口を揃えた。想定とはあまりに異なるコンディションにどれだけ順応できるかが、錦織4連覇のカギだったともいえる。

 まずは初戦となる2回戦で世界ランキング124位のライアン・ハリソン(アメリカ)を6-2 7-5、準々決勝では同93位のミカイル・ククシュキン(カザフスタン)を6-2 6-4で退けた。問題のコートとボールに関しては「ウィナーがなかなかとれない」と苦手意識ものぞかせていたが、ほぼ危なげない試合運びにはこの数年のクレーコートで得た自信も働いたに違いない。

 続く準決勝、元トップ20のサム・クエリー(アメリカ)にこの大会初めてセットを奪われた。198cmのクエリーのサーブ力とストロークの強打は脅威だが、それが最後まで続かないから58位までランキングを落としているのだろう。実際、第2セットになるとプレーの幅を見せる錦織に対し、クエリーのほうは持ち味の強打にミスが出始める。錦織はそこから徐々に流れを自分のほうへ引き寄せ、第2、第3セットともに早いブレイクを奪い、そのリードを最後まで守った。

 そして決勝。思いがけない選手が勝ち上がってきた。ワイルドカードの中の一人で昨年のジュニア・ナンバーワンのテイラー・フリッツ(アメリカ)だ。2回戦で第2シードのジョンソンを破って勢いに乗り、決勝まで駒を進めてきた。193cmの長身からのサーブ力はフリッツの持ち味で、長いリーチから両サイドともに伸びのあるショットを放つ。

「このコートでは特に彼からウィナーをとるのは難しい。脚力とか全てを使って、最後まで攻めきらないといけない」

 第1セットの序盤こそ0-3までリードを広げられたが、第5ゲームでブレイクバックしてからは一度もリードを許すことはなく6-4 6-4。フリッツは計9本のエースを決め、錦織のほうは1本だったが、ファーストサーブでのポイント獲得率はフリッツの72%に対して錦織が82%だった。ラリーの主導権を握るには多少リスキーなプレーも求められたが、まだ18歳の未完のプレーヤーに対し、錦織は経験でもテクニックでもスピードでも優った。

 その内容は、「ケイは僕には強すぎた」というフリッツの言葉がよく表しているが、また一人、将来の手強い敵が現れたことは確かだ。同じ週に行なわれていた他の大会からも若手の活躍が聞こえてきた。この先、挑戦を受ける立場はますます困難になっていくだろう。今回のようにそれを力強く、巧くかわしながら、錦織自身が挑戦する次の舞台へ向けて力を蓄えていってほしい。

【ハイライト】錦織 圭 vs T.フリッツ/男子ATPツアー メンフィス 決勝
錦織圭特集ページはこちら>>
新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
全仏オープンWOWOWオリジナルクリアファイルプレゼント
テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
全仏オープンテニス2017スタンプラリー

オンエア情報

  • 5月
  • 6月
5/28(日)~6/11(日)連日生中継
全仏オープンテニス
6月16日(金)~6月18日(日)連日生中継
【6月16日(金)無料放送】女子テニスWTAツアー ノッティンガム
予選 6月26日(月)~29日(木)
7月3日(月)~7月16日(日)連日生中継 ※7月9日(日)除く
【初日無料放送】ウィンブルドンテニス
6/27(火)午前11:00
6/28(水)午前11:00
テニスグランドスラム名勝負選 全仏2017

一覧へ

WOWOWテニス公式ツイッター
「WOWOWテニス2017シーズン」イメージソング 『TROPHY』稲葉浩志
  • 全仏オープンWOWOWオリジナルクリアファイルプレゼント
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • 全仏オープンテニス2017スタンプラリー
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • テニス太郎ぬいぐるみストラップ 新作発売キャンペーン中!
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中