25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

Column コラム

Column コラム

久々のツアー出場は上々の内容

2015/10/12

錦織圭

大会2連覇は逃すも、タフな相手から重い3勝挙げた錦織圭。(写真:Getty Images)

 錦織圭の特徴は、優れた対応力、もう一つ挙げるとしたら負けず嫌い。この楽天ジャパンオープンの結果には納得がいかなかっただろう。準決勝での敗退はさておき、敗れた相手が全米オープンの1回戦で敗れた同じ相手、ブノワ・ペール(フランス)だっただけに試合後の失意と怒りは隠せなかった。

 全米オープンの後、敵地コロンビアでデ杯プレーオフを2試合戦って、この楽天オープンからツアーに戻った。昨年は全米オープン準優勝の後、クアラルンプールのツアー250で優勝、翌週の楽天ジャパンオープンへと繋げ、上海、パリのマスターズからロンドンのATPツアーファイナルに初出場している。今年はウィンブルドン前後の故障があり、ワシントンで優勝したものの全米は1回戦負け……こうした凸凹状態からシーズン終盤へのイメージを修正した。

 クアラルンプールをスキップ、プレッシャーのかかるデ杯で気持ちを建て直し、やはりプレッシャーの大きい楽天オープンの連覇を乗り切って弾みをつけ、そこから、昨年は初戦敗退だった上海、ベスト8だったパリのマスターズ、最大の目標はATPツアーファイナルでの飛躍――今シーズンのトップ8だけによるファイナルに残るかどうかは、選手のプライド、来季に向けたモティベーションに大きくかかわってくる。昨年はラウンドロビンを勝ち上がって4強入りを果たした。インドア、短期勝負は得意なだけに自信もあるだろう。

 地元開催の楽天オープンはもちろん重要な大会だ。しかし、こうしたシーズンの流れ、目標の軌道修正から見たとき、この大会は1か月半ぶりのツアー出場という助走段階であり、気持ちの切り替えは意外に早いのではないか。振り返れば、厳しいドローだった。

 1回戦は新世代の代表格ボルナ・コリッチ(クロアチア)、2回戦は対戦成績が五分のサム・クエリー(アメリカ)、準々決勝は昨年の全米オープン決勝の宿敵マリン・チリッチ(クロアチア)で、準決勝は今年の全米オープンで敗れた、今シーズン絶好調のペール。4人の対戦相手は、対極で勝ち上がった第1シードのスタン・ワウリンカ(スイス)とは比較にならないタフなドローだった。前回と同じ相手に敗れた悔しさは大きいだろうが、上海へ向かう機中では、助走段階での<重い3勝>の手応えも実感しているはずだ。

 ペールとの準決勝のポイントは第2セットの第7ゲームだった。

 第1セットを6-1、わずか20分で片付けた錦織はサーブ、ショットとも好調だったが、安心していたわけではない。何を考えているか分からないというペールの評価は、裏を返せば、切り替えが巧いということでもある。第2セットの3-3と均衡状態で迎えた第7ゲームのレシーブゲームにチャンスを掴んだ。相手のダブルフォルトも絡んでデュースに入ると、5度のブレークポイントを迎えた。最初のブレークポイントでのリターンミスが悔やまれるが、錦織はこの5度のチャンスを生かせず、ペールのビッグサーブ、ビッグショットを甦らせることになった。少なくとも2本はミスだった。

 試合後の会見では「自分もいいテニスをしていた。あそこで1本、取れていれば簡単に終わっていたでしょう」と感想を述べた。ホームゲームだっただけに、落ち込むのは仕方がないとして、久しぶりのツアーということ、故障したふくらはぎの不安が消えたことを思い出したとき、気持ちの切り替えはそう難しいとは思えない。

 連日スタンドを埋めたファンは、錦織らしい、素晴らしいショットを堪能しただろう。国内の重圧から脱け出たシーズン終盤、いいニュースが流れてくるのではと期待できる内容だった。


文:武田薫




錦織圭の特集ページはこちら>>
楽天ジャパンオープン特集ページはこちら>>
新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
テニス総合サイト THE TENNIS DAILY

オンエア情報

  • 6月
  • 7月
予選 6月26日(月)~29日(木)
7月3日(月)~7月16日(日)連日生中継 ※7月9日(日)除く
【初日無料放送】ウィンブルドンテニス
6/27(火)午前11:00
6/28(水)午前11:00
テニスグランドスラム名勝負選 全仏2017

一覧へ

テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
【WOWOWグランドスラムスタンプラリー】WOWOWポイントがゲットできる!
WOWOWテニス公式ツイッター
「WOWOWテニス2017シーズン」イメージソング 『TROPHY』稲葉浩志
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • 【WOWOWグランドスラムスタンプラリー】WOWOWポイントがゲットできる!
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中