25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

Column コラム

Column コラム

準決勝でマレーに敗れるも、再確認できたクレーでの実力

2015/05/12

準決勝でマレーに敗れた錦織圭だったが、全仏に向け期待を抱かせる戦いを見せた。(写真:Getty Images)

 バルセロナでの2連覇で、全仏オープンでの優勝候補としても存在感を強める中、早くも迎えたマドリード・マスターズ。初戦となる2回戦から倒していった相手は、ダビド・ゴフィン(ベルギー)、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)、ダビド・フェレール(スペイン)……21位、16位、8位、しかもクレーを得意とする強敵ばかりだ。

 ゴフィンには3セットを強いられ、しかも日付をまたぐタフな初戦になったが、必要なところでギアを上げ、最終セットの勝率歴代ナンバーワンの力を示した。地元スペインのバウティスタ アグートに対しては立ち上がりから圧倒し、第2セットでストロークのリズムをつかんできた相手の攻めにもうまく対応した。そして、クレーで高まる錦織の評価を裏付けたのが、クレーの勝率が7割以上というフェレールを6-4 6-2で破った準々決勝だった。

 フェレールは33歳だが、今季はすでに3つのツアータイトルを獲得している。うち2つがクレーの〈500〉だ。最初のサービスゲームを落とした錦織だがすぐにブレークバックし、第7ゲームでもう一度ブレークに成功。サービング・フォー・ザ・セットで15-40のピンチがあったものの、サーブとフォアハンドのウィナーでしのいだ。ピンチでもリスクを負いながらアグレッシブに勝負できる度胸は、クレーでますます膨らんでいる自信と直結しているのだろう。フェレールのサーブで始まった第2セットは第3ゲームまで互いにブレーク。第5ゲームで錦織がこのセット3度目のブレークで4-1とし、勝負を決定づけ、最後まで流れを手渡さなかった。

 2年連続の決勝進出をかけて挑んだ相手がアンディ・マレー(イギリス)。〈ビッグ4〉との対戦は今年初となった。昨年はスランプだったマレーは勢いを取り戻し、再び〈ビッグ4〉と躊躇なく呼ばれるだけの力を発揮している。フェレール戦までは確実に有効だったショットが、マレーの高度なディフェンス技術によって押し戻され、少しでも甘いショットは一発で仕留められてしまう。ファーストサーブの獲得率でフェレールに対しては76%だったが、マレー戦では58%にとどまり、3-6 4-6で敗れた。

「そんなに悪いプレーをしたわけじゃなかったけど、アンディに勝つにはミスが多すぎた」

 長いラリーは錦織が多く制したが、マレーはそうなることを覚悟していたという。

「だからできるだけ早くポイントを終えるために、早いタイミングでアグレッシブに打っていくことが大切だった」

 標高が約650mと高地のマドリードではボールがよく弾むといわれるが、それでも後ろに下がらず、得意のカウンターショットで相手の時間を奪って苦しめる。その発想と、それを実現するために取り組んできたことは、錦織をクレーでの成功に導いているものと同じといっていい。

 そしてマレーは決勝戦でクレーの王者ラファエル・ナダルを打ちのめし、先週のミュンヘンに続く2つ目のクレー優勝、マスターズでは初のクレーコート・タイトルを手にした。これが意味するものは何か。クレーの戦い方の常識が覆されようとしているのではないだろうか。そして、錦織もまた新たなクレー時代の牽引者であるという認識は、この敗戦によって揺らぐものではないはずだ。


錦織圭の特集ページはこちら>>

5/24開幕!全仏オープン特集ページはこちら>>

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
  • テレビでもオンデマンドを楽しもう!Google Chromecast対応
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中