25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

Column コラム

Column コラム

フェレールの“意地”に屈し、今季2勝目はならず 世界ランクは自己最高の4位へ

2015/03/03

今季2勝目は逃すも、世界ランク4位へと浮上した錦織圭。(写真:Getty Images)

 アカプルコ大会に出場するのは3年ぶりだ。南米といえばクレーコートのイメージだが、このメキシコの大会は昨年からハードコートに生まれ変わり、錦織圭はその間にトップ20プレーヤーからトップ5へと大いに格を上げた。錦織への視線の熱さは3年前とは比べ物にならない。しかも、この週の結果次第で、世界ランクが4位、さらには3位へとアップする可能性があったのだ。

 2週前のメンフィスに続いて第1シードとして優勝が期待される中、トップ100内の選手ばかりを相手にストレートの快勝続き。予選上がりの92位、アレハンドロ・ゴンザレス(コロンビア)を6-3 7-5で退け初戦を突破すると、2回戦では元アジア・ナンバーワンで61位のルー・エンシュン(台湾)を6-1 6-3で片付けた。準々決勝では2度のツアー優勝経験があるアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)に6-4 6-4、メンフィスの決勝を戦ったケビン・アンダーソン(南アフリカ)には第2セットを奪われたが、最終セットではやはり強かった。6-2 3-6 6-3。以前なら崩れていたような場面でも崩れない。危ない場面でこそプレッシャーのかかるラリー戦で圧倒的な支配力を見せた。

 ランキング争いのキーマンで、アカプルコと同格のドバイに出場していたアンディ・マレーが準々決勝で敗れたため、錦織が決勝進出を決めた時点で、少なくとも4位に上がることが確実になった。アジア男子史上最高位の更新であり、日本テニス史上においては90年代半ばのクルム伊達公子に並ぶものだ。

 そのことについてコメントを求められ、「申し訳ないけれど、どうも思っていなくて…」と言ったのは、あまりにも錦織らしくて笑ってしまう。周囲が騒ぐため努めて意識しないようにしているとも考えられたが、松岡修造さんは首を横に振った。

「いやあ、本心でしょう。圭はそういうところでは嘘は言わない。本当に何とも思っていないところがすごいところです。それでも普通は、普通の選手は、『うれしいです』とか『誇りに思います』くらいは言うものなんですけど(笑)」

 少なくともランキングのことはまったく意識せず、平常心で臨んだはずの決勝戦だったが、これまで5連勝している相手、ダビド・フェレール(スペイン)に3-6 5-7で敗れた。

「大事なところで今日の錦織はミスが多かった。僕はそのチャンスを生かせたよ」とフェレールが言った通り、錦織はフェレールのほぼ倍の40本のアンフォーストエラーを記録。両セットとも先にブレークを許し、ブレークバックしてもすぐにまたサービスを落とすというもどかしい展開だった。ネットに出ては強烈なパッシングショットを決められ、得意のドロップショットも有効ではなかった。サーフェスが変わったとはいえ、アカプルコでは過去3度優勝しているフェレールの自信と、対錦織の連敗を止めたいフェレールの意地を感じさせる試合でもあった。

 こうして32歳のフェレールが今季3つ目のツアータイトルを獲得し、ドバイでは33歳のロジャー・フェデラー(スイス)が王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)とのトップ2対決を制した。マレーを破ったのは昨年秋のバーゼルでラファエル・ナダル(スペイン)を破って脚光を浴びた成長株の18歳、ボルナ・コリッチ(クロアチア)だ。そして錦織とのランキング争いでもうひとりのキーマンであったナダルは、ブエノスアイレスで昨年の全仏オープン以来となるタイトルをつかんだ。ツアーはドラマで満ちている。錦織が重要に考えている年末のランキングが決まるまで、波乱もまた数えきれないほどあるだろう。

錦織圭の特集ページはこちら>>
錦織圭出場!男子テニス国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ 1回戦 カナダvs日本 3/7(土)から連日生中継!
新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
テニス総合サイト THE TENNIS DAILY

オンエア情報

  • 6月
  • 7月
予選 6月26日(月)~29日(木)
7月3日(月)~7月16日(日)連日生中継 ※7月9日(日)除く
【初日無料放送】ウィンブルドンテニス
6/27(火)午前11:00
6/28(水)午前11:00
テニスグランドスラム名勝負選 全仏2017

一覧へ

テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
【WOWOWグランドスラムスタンプラリー】WOWOWポイントがゲットできる!
WOWOWテニス公式ツイッター
「WOWOWテニス2017シーズン」イメージソング 『TROPHY』稲葉浩志
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • 【WOWOWグランドスラムスタンプラリー】WOWOWポイントがゲットできる!
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中