メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第309回 ウィンブルドン予選の見どころ

2017/06/22

「自分の戦う場所はここじゃない」という気持ちが独特のムードを生んでいます

 6月26日からウィンブルドンの予選がスタートします。予選の会場は、本戦を行うオールイングランドクラブから少し離れたローハンプトンのイングランド銀行スポーツセンター。予選と本戦が別会場で開催されるのは四大大会ではウィンブルドンだけです。

 私が最後にウィンブルドンの予選に出たのは1994年のことでした(注:93年に初めて予選突破、94年はラッキールーザーで本戦入り)。
 会場の施設と言えばテントが張ってあるだけ。芝の広場のような所にラインが引いてあって、コートとコートの仕切りも腰くらいの高さしかなくて、周りには何もない。というのが当時のローハンプトンの印象です。まるでジュニア大会のような、のどかな環境でした。イレギュラーバウンドも多く、ウィンブルドンに隣接するアオランギの練習コートの方がよく整備されているくらい。四大大会の雰囲気からはかけ離れた環境と言うしかありません。

 天然芝コートは消耗品なので、本戦と別会場で予選を行うのは仕方がないのですが、それにしても、当時は観客は入場できず、試合を見守るのは関係者だけ。なにかさみしい雰囲気でしたね。プロテニスプレーヤーとして、「こんなところでやりたくない」というのが選手の本音だったと思います。
 とはいえ、そこを通過点にしなければ、どんな栄光も手に入らないのです。選手たちの「自分の戦う場所はここではない」という気持ちが、予選独特のムードを作っているのだと思います。

 もっとも、私がウィンブルドンの予選に出たのは17歳、18歳の頃でしたから、芝のコートでテニスができるということがまず新鮮で、なにか不思議な感覚、楽しいという感覚がありました。
 93年は予選3回戦がロビン・ホワイトというアメリカの往年の名選手との対戦で、この人と戦えるのか、というので、とても印象深い試合でした。というのも、私はジュニア時代にイベントのクリニックでホワイトさんに少し打ってもらったことがあったからです。最初に私がナイスショットを決めたのですが、そうしたら次からはバシッと、まるで「プロというのはこうなのよ」と言うように力を見せつけられたのを覚えています。だからこの対戦は余計に印象深いものになったのです。
 それで勝って、四大大会の本戦に初めて上がることができました。このように、若手もいるし、少しランキングの落ちた往年の名プレーヤーもチャレンジしているのが四大大会の予選です。そんな世代を超えた戦いが見られるのも四大大会の予選の楽しさだと思います。

 芝のサーフェスは球足が速いので、日本選手のテニスに合っているように思います。日本選手は一般的に早いタイミングが得意ですし、相手のパワーを利用することやスピードをうまく使うことに長けています。私自身も芝は好きでしたし、日本選手にはチャンスのあるサーフェスだと思います。ウィンブルドンの本戦も経験している添田豪選手、伊藤竜馬選手などにとっても、芝は得意なサーフェスでしょう。
 ウィンブルドンではまだ本戦の経験はありませんが、加藤未唯選手は前哨戦のスヘルトヘンボスで予選を突破するなど、充実しています。全仏で初めて四大大会の予選を勝ち上がったことも当然、自信になっていると思います。100位以下の選手には四大大会の本戦は一つの目標だと思うので、クリアしたことで、このレベルでやっていけるという手応えを感じられたことでしょう。今、いい循環が生まれていると思うので、今回も期待しています。


「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
  • テレビでもオンデマンドを楽しもう!Google Chromecast対応
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中