メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第306回 全仏オープンの見どころ①

2017/05/24

今季好調のナダル。ズベレフ、ティームの新鋭が上位を狙います

 ナダルがシーズンのスタートから好調です。全豪は決勝でフェデラーに敗れましたが、クレーコートシーズンに入り3大会連続優勝と飛ばしています。ローマ大会では準々決勝でティームに敗れてしまいましたが、優勝した3大会ではティーム、アレクサンダー・ズベレフといった好調の新鋭をしっかり押さえ込んで勝っています。クレーコート・キングの名にふさわしい、充実した内容です。

 3度の優勝は全仏に向けてのウォーミングアップというより、一つ一つの大会を丁寧にプレーして、ベストを尽くした結果です。毎大会、毎ポイント、ベストを尽くす姿勢は以前と変わりません。

 一時、限界説がありましたが、元気がない時は体に不安要素を抱えていることが多かったように思います。また不安要素があるとメンタル面でも攻撃的に行けず、どうしてもボールが浅くなってしまうのです。そこでナダルは、トップスピンの回転量を抑え、より攻撃的なテニスを目指して改革に取り組みました。そんな時期を乗り越え、攻撃的なプレーを自分のものにして進化したのです。上位選手でありながら、すでに確立されたものを壊し、それで一度は後退しても、最後は乗り越えていくというのが素晴らしいと思います。この全仏でも一番の本命と言っていいでしょう。

 次に注目したいのは、先ほども名前を挙げたティームとズベレフですね。期待されている新鋭、次のトップではないかと見られている二人です。今シーズンはクレーでもしっかりしたテニスを見せ、好成績を残しています。着実に力をつけているという印象です。

 ズベレフには、トップになる選手にふさわしい存在感があるように思います。新しいテニスというのか、真のオールラウンダーで、攻撃も守備も何をやらせても上手という印象です。バランスがすごくいいからでしょうね。一般に選手は攻撃型と守備型に分かれますが、彼のように攻守両方できるにこしたことはありません。幅があると、その時の調子によって、また相手によって変化を持たせることができるからです。

 近い将来、トップになると予想できますし、四大大会初優勝がクレーの全仏になる可能性もあると思います。今大会でも、トップ選手が最も恐怖を感じる対戦相手だと思います。

 前哨戦で準優勝2回のティームも、クレーは一番得意なサーフェスでしょう。ダイナミックなフォームが一番の特徴で、あれだけテークバックが大きいと時間が必要になりそうですが、球足の遅いクレーなら持ち味を発揮できます。コートを広く使える選手ですし、若くしてメンタルが安定している選手でもあると思います。

 ジョコビッチは長年一緒に戦ってきたコーチ、スタッフと別れて、クレーコートシーズンを戦っています。長い付き合いで、結果も出してきたスタッフと別れるのは大きなチャレンジで、勇気がいることだったと思います。ただ、これだけ大胆にチームを変えたのは、最近の自身のパフォーマンスに物足りなさを覚え、空気の入れ換え時と感じていたのでしょう。必要に迫られての、リスクを伴う改革です。彼に何が起きているのか。そして、四大大会の全仏でどんな結果を残すのか、注目です。

 女子は、セレナとシャラポワ不在の大会となりましたが、好調を続ける上位選手も多く、優勝争いは激しくなりそうです。

 ハレプは前哨戦のマドリードで優勝、ローマでは準優勝しています。全仏では14年に準優勝。シャラポワとの決勝は好ゲームで、強く記憶に残っています。クレーは得意なサーフェスだと思います。小柄ですがフットワークがよく、引き出しも多くて多彩なテニスができる選手です。その良さを見せてくれると、テニスの面白さが伝わるでしょうね。

 あとは最近、ムラデノビッチがいいですね。ジュニア時代から期待されていた選手ですが、なかなか結果が出ませんでした。ですが、フランス代表として活躍するフェドカップも含め、経験を積んで、このところ急成長しています。

 才能のある選手で「まとまってきたら絶対に間違いない」と思っていたのですが、思ったより時間がかかりました。ただ、そこがテニスの奥深さで、テニスだけの要素では安定した成績に結びつかないのです。精神的な成熟度も要する競技だからこそ、その時期が24歳になった“今”だったのかなと思います。

 ほかには、前哨戦のイスタンブールとローマの2大会に優勝したスビトリーナも絶好調です。09年に優勝したベテランのクズネツォワも今季は充実しています。彼女とは何度も対戦していますが、クレーで対戦するのは一番嫌でした。そこから考えても、彼女にとって一番得意なサーフェスだと思います。


「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
テニス総合サイト THE TENNIS DAILY

放送カード

6月26日(月)
ウィンブルドンテニス
【予選第1日】男子シングルス予選1回戦
よる7:00~よる10:00

WOWOW プライム 生 無料 WOWOW メンバーズオンデマンド

男子シングルス 予選1回戦

内山 靖崇
(JPN)

B・ベッカー
(GER)

WOWOW プライム 生 無料 WOWOW メンバーズオンデマンド

男子シングルス 予選1回戦

M・ウィリス
(GBR)

A・マルティン
(SVK)

WOWOW プライム 生 無料 WOWOW メンバーズオンデマンド

男子シングルス 予選1回戦

S・グロス
(AUS)

S・ボレッリ
(ITA)

6月26日(月)
ウィンブルドンテニス
【予選第1日】男子シングルス予選1回戦
よる10:00~深夜3:00

WOWOW ライブ 生 無料 WOWOW メンバーズオンデマンド

男子シングルス 予選1回戦

M・ウィリス
(GBR)

A・マルティン
(SVK)

WOWOW ライブ 生 無料 WOWOW メンバーズオンデマンド

男子シングルス 予選1回戦

S・グロス
(AUS)

S・ボレッリ
(ITA)

WOWOW ライブ 生 無料 WOWOW メンバーズオンデマンド

男子シングルス 予選1回戦

D・クドラ
(USA)

サンティラン 晶
(JPN)

放送カードプレビュー 一覧へ

オンエア情報

  • 6月
  • 7月
予選 6月26日(月)~29日(木)
7月3日(月)~7月16日(日)連日生中継 ※7月9日(日)除く
【初日無料放送】ウィンブルドンテニス
6/27(火)午前11:00
6/28(水)午前11:00
テニスグランドスラム名勝負選 全仏2017

一覧へ

テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
【WOWOWグランドスラムスタンプラリー】WOWOWポイントがゲットできる!
WOWOWテニス公式ツイッター
「WOWOWテニス2017シーズン」イメージソング 『TROPHY』稲葉浩志
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • 【WOWOWグランドスラムスタンプラリー】WOWOWポイントがゲットできる!
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中