メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第304回 ツアーで一番おしゃれな選手は?

2017/05/16

一番はマリア? 天は二物も三物も与えるのです(笑)

 前にも書いたように、女子プレーヤーの多くがファッションに興味を持ち、おしゃれが大好きです。「見られたい」タイプが多いのか、モデルを副業にする選手もたくさんいます。それくらいのほうが選手向きなのかもしれませんね。全員とは言いませんが、上位トップ10クラスは、ほとんどそのタイプでしょうか(笑)。みんなエンタテイナーですし、テニス以外にもいろんなことに興味を持っています。

 特におしゃれが好きなんだなと思う選手に、ウォズニアッキがいます。おしゃれすることも好きだし、ブロンドでブルーアイの彼女が着ると服も栄えますね。

 彼女は米国のスポーツ雑誌では水着モデルもつとめました。“水着”とは名ばかりで実はボディペインティングでしたから、セミヌードのようなもの。よほど自信がないとできないことだと思います。ほかにも、きわどい水着を着けての撮影や、フルマラソンに挑むなど、ほかの人にはできないことをやる勇気と自信があるのだと思います。しかも、注目されることでどんどんきれいになっていますね。

 そんな挑戦がテニスにも好影響を与えているように思います。一時期、ランキングナンバーワンなのにグランドスラムのタイトルを取っていないと批判を浴び、プレーのバランスを崩すような時期もありました。でも今は、自分らしさを取り戻し、さらに女性らしさにも磨きがかかっているという印象です。

 引退したイバノビッチやキリレンコもおしゃれでしたね。また、最近活躍が目立つベスニナもオシャレさんです。私は個人的に彼女のテイストが好きです。今30歳ですが、3月のプレミア大会、インディアンウェルズで優勝。遅咲きというのか、去年あたりから好調をキープしています。15年のオフに結婚して、公私ともに充実しているように見えます。

 ビーナスとセレナのウィリアムズ姉妹は、テニス界にとどまらず、ファッションリーダー的存在です。ビーナスは自身でデザインしたテニスウェアブランドも持っているほどです。彼女は今年の全豪では選手としての成熟を見せ、36歳にして久々のグランドスラム準優勝を飾りました。コート内外の人生で、いろいろなことを乗り越えてきているからこそ、外見だけでなく中身の部分でも魅力を増しているように思います。

 ファッションリーダーと言えば、シャラポワの名前も挙げるべきでしょう。彼女は目の付け所がひと味違うというか、選ぶものがいいですね。メディアやSNSでの発信を見ても、ファッションにとどまらず、アートに関しても勉強熱心なんだなというのがうかがえます。

 ほかには、昨年結婚したチブルコワのレースをあしらったウェディングドレス姿がきれいでしたね。彼女は選手としては小柄ですが、自分をよく知っているし、それを乗り越えるファッションでした。

 やはり、流行に流されるのではなく、それを自分のものにして着こなすのがおしゃれな人だと思います。その意味で、ここに名前を挙げた選手たちは、みな、自分をよく知っていると思いますし、だから、発信力も高いのだと思います。

 そのなかから一番を選ぶなら、やはりマリア(・シャラポワ)でしょうか。天は二物も三物も与えるという感じです(笑)。

 ファッションはひとつの表現方法ですから、選手はみんな、高い関心を持っています。前もお話ししたように、ロッカールームでもファッション誌を見ながら最先端をチェックしています。私はそこまでファッションは意識していませんでした。体格的にも着たい服と現実のギャップを受け入れていましたし、まずは“パフォーマンスありき”で、どうしても足とか腕とかはトレーニングで太くなってしまいますから。今から思えば、もう少し意識してもよかったのかな、とも思います。それくらい意識していなかったので(笑)。


「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
全仏オープンWOWOWオリジナルクリアファイルプレゼント
テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
全仏オープンテニス2017スタンプラリー

オンエア情報

  • 5月
  • 6月
5/28(日)~6/11(日)連日生中継
全仏オープンテニス
6月16日(金)~6月18日(日)連日生中継
【6月16日(金)無料放送】女子テニスWTAツアー ノッティンガム
予選 6月26日(月)~29日(木)
7月3日(月)~7月16日(日)連日生中継 ※7月9日(日)除く
【初日無料放送】ウィンブルドンテニス
6/27(火)午前11:00
6/28(水)午前11:00
テニスグランドスラム名勝負選 全仏2017

一覧へ

WOWOWテニス公式ツイッター
「WOWOWテニス2017シーズン」イメージソング 『TROPHY』稲葉浩志
  • 全仏オープンWOWOWオリジナルクリアファイルプレゼント
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • 全仏オープンテニス2017スタンプラリー
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • テニス太郎ぬいぐるみストラップ 新作発売キャンペーン中!
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中