メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第300回 ジュニア育成について

2017/04/18

育成の鍵を握るのは、コーチ以外の第三者、メンター的存在だと思います

 読者の方から、日本のジュニア育成について知りたいというご質問がありました。ジュニア育成は地道な活動です。練習は毎日のことなので、(練習拠点で指導を行う)プライベートコーチが大きな影響力を持ち、その指導が選手を作るベースになっているのは間違いありません。技術面での研究など、コーチングには多くの要素が必要ですが、第一に選手の良さを引き出す指導がコーチには求められると思います。これらを考えると、日本には素晴らしいコーチがたくさんいらっしゃると思います。
 ジュニアを教えるのがうまいコーチ、初心者からある程度の所までもっていけるコーチ、プロを教えるコーチと、あらゆるレベルでコーチングの能力が求められます。例えば一番最初の段階で楽しんでもらうことができなかったら、その子にテニスを続けてもらうのは難しくなります。ですから、コーチに求められるニーズはいろいろですし、コーチ自身も自分の強みがわかっているとその指導に集中しやすくなるでしょう。

 私もいろいろなコーチに習ってきました。そのときどきのニーズ、コーチとの相性によって、一緒に活動した期間は長短さまざまです。コーチに求めるものはその時々で違いますから、ひとりのコーチからもらうものをもらったらそこで「卒業」というのも、選手には普通にあることです。
 私が幸運だったのは、一人のコーチから別のコーチに引き継ぐときに「自分の仕事は終わったので、次お願いします」と、スムーズに、しかも愛情を持って引き継ぎをしていただいたことだと思っています。どのコーチにも、すごく愛情を持って、さらに指導の一貫性を保って、見ていただけたと思っています。

 選手が育つ過程で、家族とプライベートコーチのサポートは絶対に不可欠ですが、それに加えて、選手とコートを外側から見る目があるといいと思います。コーチとは別の、信頼できるメンター(助言者、相談相手)的な存在です。
 第三者の意見を全部聞いていると混乱するし、方針も見えにくくなってしまいますが、外側からだから見えるものも必ずあるはずです。それをひとつのガイドラインとして、必要であれば方針を修正することも可能です。客観的な目が加わることで、育成がショートカットできるかもしれません。
 育成はその時々で難しさがありますが、ジュニアから一般への移行過程は、環境も大きく変わり、テニス自体も変わっていく時期で、必要なことも変わっていく難しい時期です。だからこそ、問題点がどこにあって、何をするのが先決なのか、プライオリティを重視しなければうまくいきません。そこで、何が足りなくて何を補ったらそこから脱出できるかというのを客観的に見られる人がいれば、選手の成長は早まると思います。

 私自身、振り返ってみて、よかったと思うのは、ジュニアから一般へのトランジション(移行)がうまくいったことだと思っています。ジュニアとプロは、選手に求められるメンタルも大会の雰囲気自体も違うので、そこに大きな差を感じてしまう場合も少なくありません。そこで大切なのが、本当の実力を見て、正しくトライしていくことです。
 例えば同じ賞金総額(グレード)の大会でも、国や地域によってレベルも違えば、勝ちやすさも違ってきます。私は「2万5000ドル」グレードでは最初、イタリアのクレーの大会に挑戦したのですが、全然勝てない、ゲーム奪取すら危ういような時期がありました。その時、周囲に「テニス自体は悪くない。でも今やるべきなのは、イタリアのクレーじゃないな、アメリカのハードコートだな」という見方がありました。そこで、すぐにアメリカに転戦し、準優勝、優勝と結果が出たのです。その冷静な目、見極めがあったから、ランキングポイントが獲得できて、下部ツアーを早く卒業できたのだと思います。
 これは遠征の回り方というテクニック面の話ですが、外側からの目が大切というのは、例えばそういうことです。

 ひとことで「調子が悪い」と言っても、どこに問題点があるのか--メンタル的なことなのか、それもテニス以外のことで悩んでいるのか、また、私の例のように遠征の回り方に問題があるのか、もちろん技術的に問題がある場合もありますし、本当に多様な要因が考えられます。それがうまく回り出すと、結果に結びつくのです。
 ジュニア育成においては特に、そうした総合的な見方、取り組み方が重要だと私は考えています。これが私のひとつの提案です。


「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
テニス総合サイト THE TENNIS DAILY

放送カード

6月28日(水)
ウィンブルドンテニス
【予選第3日】男子シングルス予選2回戦/女子シングルス予選1回戦
よる7:00~深夜2:55

WOWOW ライブ 生 無料 WOWOW メンバーズオンデマンド

女子シングルス 予選1回戦

H・ダート
(GBR)

C・ブイヤカカイ
(TUR)

WOWOW ライブ 生 無料 WOWOW メンバーズオンデマンド

女子シングルス 予選1回戦

加藤 未唯
(JPN)

A・エス
(FRA)

WOWOW ライブ 生 無料 WOWOW メンバーズオンデマンド

女子シングルス 予選1回戦

M・エラコビッチ
(NZL)

M・サディコビッチ
(SUI)

WOWOW ライブ 生 無料 WOWOW メンバーズオンデマンド

男子シングルス 予選2回戦

L・ブローディ
(GBR)

M・ウィリス
(GBR)

WOWOW ライブ 生 無料 WOWOW メンバーズオンデマンド

男子シングルス 予選2回戦

L・ロソル
(CZE)

R・ラム
(USA)

放送カードプレビュー 一覧へ

オンエア情報

  • 6月
  • 7月
予選 6月26日(月)~29日(木)
7月3日(月)~7月16日(日)連日生中継 ※7月9日(日)除く
【初日無料放送】ウィンブルドンテニス
6/27(火)午前11:00
6/28(水)午前11:00
テニスグランドスラム名勝負選 全仏2017

一覧へ

テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
【WOWOWグランドスラムスタンプラリー】WOWOWポイントがゲットできる!
「WOWOWテニス2017シーズン」イメージソング 『TROPHY』稲葉浩志
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • 【WOWOWグランドスラムスタンプラリー】WOWOWポイントがゲットできる!
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中