メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第296回 マイケル・チャンは、どんなコーチ?

2017/03/17

マイケル・チャン

錦織選手と深い信頼関係。熱血指導という言葉がぴったりです

 3月18日からWOWOWで「マイケル・チャンのテニス塾」がスタートします。私が現役の頃に親身に面倒を見てくれたマイケルの“人となり”については前に書きましたが、今回はコーチとしてのマイケルについて、書いてみたいと思います。

 現役時代のプレーを見てもわかるように、マイケルはとても熱いものを持った方です。体格的に恵まれているとは言えない彼が、どうやって四大大会、全仏オープンのタイトルを取ったかと言えば、強靱なメンタル、そして頭を使うテニスです。とても頭のいい方で、そこはプレーをご覧になった皆さんならおわかりだと思います。
 コーチとして錦織圭選手について4年目に入りましたが、圭のテニスがよくなっているのは間違いありません。彼の良さを理解したうえで、足りないところをしっかり見極め、追求していく作業を続けているからでしょう。

 言葉にすれば、たやすいことのようにも聞こえますが、それを続けるのは容易ではないと思います。最初のうちは選手の足りないところが目につきやすいので、そこを直し、補うことで選手は向上します。そうして2014年の圭の飛躍がありました。ところが、そうした修正が、ある程度、一段落してしまうと、そこからさらに伸び続けるのは、実は選手にとってもコーチにとっても簡単ではないのです。
 選手目線で言えば、マンネリ化と言うと言葉が悪いのですが、同じことを言われ続けると、どうしても耳にたこができてしまいます。素晴らしいコーチであるとわかっていても、最初の頃の真剣さに比べると、どうしても焦点のぼやける部分が出てきます。そこを乗り越え、アドバイスをどう聞き入れるかが選手の側の課題になります。

 一方、コーチは選手をずっと見ていますから、絶対に口を酸っぱくして言わなくてはならないことはあるのですが、実はコーチの側も、同じことばかり言い続けるのは決して簡単ではありません。ですから、普通は3、4年経つと師弟関係が難しくなってくるところもあるのです。しかし、この二人に関しては、それがまったくありません。
 16年のオフに話を聞く機会があったのですが、その時もマイケルは、圭には新しいシーズンまでにいくつか直さなくてはならないところがあるので、徹底的にやるとおっしゃっていました。彼の熱い思いが、インタビューでも感じられました。その熱さがあるからこその、圭の活躍なのだと思います。そして、そこがマイケルが名コーチと言われるところなのだと思います。

 最初に圭のコーチになるときも、マイケルの思いが一つの出発点になりました。全仏で圭のプレーを見たマイケルは「こんなものではない、もっとできるのに」と一種のいらだちを覚えたようです。それに彼の奥さんのアンバーが気づき、「もしかしたら、マイケルはコーチとして圭を見たいと思っているのかもしれない」と感じ取って、圭の陣営とメールアドレスを交換したと聞いています。
 そういった熱い思いと、マイケル自身、圭のテニスに魅力を感じたことから、二人の関係が始まりました。また、両者がそれぞれ人間性の部分でも相手に魅力を感じ、本当の信頼関係が生まれたからこそ、二人はスタートしたのです。

 マイケルは研究熱心なコーチでもあります。昨年の全米でも、次の対戦相手の動画を見せてほしいと言ってWOWOWのコンパウンドにやって来ました。雨の中断の際にも来て、映像で確認の作業をしていました。それくらい勝利に執着するコーチです。
 執着心と言えば、優勝した89年全仏のレンドル戦で見せた、あのアンダーハンドサーブが彼の勝利へのどん欲さを物語っています。あれこそ彼をあらわすショットであり、あれができるのがマイケルという人物なのです。

 また見逃せないのがユーモアのセンスです。エキシビションマッチをご覧になったことがある方ならおわかりだと思いますが、プレー中のジェスチャーとか、声を出すタイミングとか、笑いのセンスがあるのがよくわかります。
 そんなマイケルが皆さんにテニスを教えてくれるのですから、これはもう、見逃せませんね。


「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
WOWOW iPadサービス
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中