メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第295回 コートサーフェス(球足)の速さとプレーについて

2017/03/14

質の高いプレーとエンタテイメント性を目指してサーフェスは微調整されます

 1月の全豪では、コートサーフェス(球足)の速さがプレーに大きな影響を与えることに驚かれた方も多かったと思います。

 球足が遅いと、長いポイントが増え、試合時間が長くなります。同じ全豪でも、例えば2009年の準決勝、ナダル-ベルダスコ戦は5時間を超える試合になり、最後は二人ともノックアウト寸前のボクサーのようになりました。以前はそうした粘り合いの展開がよく見られたのですが、今回はサーフェスが速かったことで、自分から勝負してポイントを取りにいくテニスが求められました。

 選手には、球足の速さへのアジャストが求められ、その難しさもあるのですが、それもワザの見せどころなのです。

 サーフェスの速さは、主に大会側がいろいろ考え、工夫しています。微妙なところで選手の感じ方は違ってくるので、難しい判断になるのですが、今回は絶妙な速さだったと思います。前に書いたように、この全豪ではいい試合がたくさん見られましたし、結果的に、サーフェスを速くするという大会側の試みは成功だったと言えそうです。

 90年代の一時期、男子はサーブだけで決着するポイントが多すぎて、面白くないと言われました。単調になりすぎても困りますが、逆にラリーが長くて試合時間が長くなると、集中して見るのは容易ではありません。男子は5セットマッチですから、1試合見ると疲れてしまうとか、全部見るのは大変だから休憩しながら見るという方もいらっしゃると思います。

 そこで、ツアーや大会は、試合時間がちょうどいい案配になるような、球足の速さを探ってきました。伝統のあるウィンブルドンでさえ、ボールがしっかりバウンドするようにコートの基盤を硬くして、球足をどんどん遅くしていった時期がありました。その結果、ストロークが有利になり、安易にネットに出ていくと簡単にパッシングされてしまうようになったのです。

 そうした案配は決して簡単ではないと思うのですが、全豪の成功がほかの大会に波及する可能性もあるかもしれません。各大会のトーナメントディレクターも見ていたと思いますし、選手からの声も聞いているでしょう。選手の間ではそんなにマイナスの声は聞かれなかったと思うので、採り入れるところが出てくるかもしれません。

 これまでは、球足が遅いのがはやりというか、一度遅くなるとどんどん遅くなる傾向もあったので、それが今度は、よりスピーディな展開、少し試合のスピードアップを求める方向に進む可能性もあると思います。

 男子では、守りがベースでそこから攻撃に切り替えるスタイルのジョコビッチとマレーがナンバーワンに座ってきました。女子でも、自分から攻めることもできるけれど、守りがベースというケルバーがナンバーワンを獲得しました。ですが、サーフェスの速さが変わっていけば、選手には、より攻撃的なプレー、早めに仕掛けていくテニスが求められるようになるかもしれません。

 サーフェスの速さやプレースタイルは、微妙に変わっていくものだと思います。大会主催者や男女ツアーは、いろいろ探りながら、よりエンタテイメント性の高いものを目指しています。テニスは人気スポーツだから、積極的に仕掛けやすいとも言えそうです。四大大会あるいは男女ツアーは、他の競技も意識しながら、今の人気を保つには、競技をよりよいものにしていくには、と意欲的に取り組んでいます。サーフェスの速さの調整も、そうした意欲の表れなのです。

「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料

放送カード

5月28日(日)
全仏オープンテニス2017
午後5:30~よる9:00

WOWOW プライム生無料

女子シングルス1回戦

J.ボーズラップ
(USA)

P.クビトバ
(CZE)

WOWOW プライム生無料

男子シングルス1回戦

ダニエル 太郎
(JPN)

J.ヤノビッチ
(POL)

5月28日(日)
全仏オープンテニス2017
よる9:00~午前4:55

WOWOW ライブ生無料

男子シングルス1回戦

ダニエル 太郎
(JPN)

J.ヤノビッチ
(POL)

WOWOW ライブ生無料

女子シングルス1回戦

A.アニシモア
(USA)

奈良 くるみ
(JPN)

WOWOW ライブ生無料

男子シングルス1回戦

杉田 祐一
(JPN)

S.ジョンソン
(USA)

放送カードプレビュー 一覧へ

放送カードプレビュー 一覧へ

Pickup Court 未放送試合を配信

大会第1日 5月28日(日)

A フィリップ・シャトリエ

詳細へ

B スザンヌ・ランラン

詳細へ

C No.1コート

詳細へ

全仏オープンWOWOWオリジナルクリアファイルプレゼント
テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
全仏オープンテニス2017スタンプラリー

オンエア情報

  • 5月
  • 6月
5/28(日)~6/11(日)連日生中継
全仏オープンテニス
6月16日(金)~6月18日(日)連日生中継
【6月16日(金)無料放送】女子テニスWTAツアー ノッティンガム
予選 6月26日(月)~29日(木)
7月3日(月)~7月16日(日)連日生中継 ※7月9日(日)除く
【初日無料放送】ウィンブルドンテニス
6/27(火)午前11:00
6/28(水)午前11:00
テニスグランドスラム名勝負選 全仏2017

一覧へ

WOWOWテニス公式ツイッター
「WOWOWテニス2017シーズン」イメージソング 『TROPHY』稲葉浩志
  • 全仏オープンWOWOWオリジナルクリアファイルプレゼント
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • 全仏オープンテニス2017スタンプラリー
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • テニス太郎ぬいぐるみストラップ 新作発売キャンペーン中!
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中