メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第292回 今シーズン開幕を振り返って①

2017/02/16

ディミトロフの復活を確信。ベテランの活躍も興味深い出来事でした

 今回の全豪オープンでは、男女優勝者のフェデラーとセレナ・ウイリアムズをはじめ、ナダル、ビーナス・ウイリアムズ、ワウリンカ、ルチッチ バローニなど、男女のベスト4の多くを30代選手が占めたことが印象的でした。

 まるで2000年代の初めでは? というような顔ぶれです。ひとつには、テニスというスポーツの奥深さが、ベテラン勢が若手を押しのけて活躍するという結果を生んだのかなと見ています。

 最近は科学的なトレーニングやケアの導入、栄養面の改善で、選手寿命が伸びているのは間違いありません。また、賞金額が上がっていることも選手が長く現役を続ける要因のひとつかなとも思います。仕事として、これ以上のものはないと思っている選手も多いのではないでしょうか。

 もちろん、その中でも選手自身が試行錯誤しながら、日常的にトレーニングと体のケアを心がけ、食事面にも気をつけているからこそ、今回のような結果が生まれたのだと思います。

 今大会で見られた特徴のひとつは、コートサーフェス(球足)の速さでした。多くの選手がそうコメントしていましたし、私自身、実際にプレーしなくても、速いんだなというのが手に取るようにわかりました。

 球足が速いことによって、以前の遅いサーフェスのときよりも、クイックポイント、つまりラリーがあまり長引かずに決着するポイントが多かったように思います。総体的に試合時間も短くなったのではないでしょうか。

 球足が速いということは、勝負した選手、仕掛けた選手がポイントを獲得しやすい、というところにつながります。遅い展開も見応えがありますが、やはり、速い展開はスリリングで、面白味がありますね。今回は、いい試合がたくさん見られたので、サーフェスを速くするという大会の試みは成功と言えるのではないでしょうか。

 もっとも感動的だったのは、昨シーズンはケガで不本意なシーズンを送ったフェデラーとナダルの決勝が実現したことですが、この試合に関しては次回、あらためて書こうと思っています。それ以外では、ナダルとディミトロフの準決勝は、大会のベストマッチの一つと言える内容でした。

 けがから復帰したナダルも素晴らしかったのですが、やはり、今シーズン好スタートを切ったディミトロフが、いよいよブレイクスルーしたなと確信させられた試合でした。

 昨年からバルベルデュ・コーチと取り組んできたことがいよいよ実を結んだのでしょう。フィジカル面の充実、さらに、ポジションが前になったことが大きな変化です。今まで彼が心地よいと思っていたところよりもポジションを前にしようと試み、それを自分のものにしたことをこの大会で見せてくれました。

 試合を終えてコートから去る際、退場ゲートにいたのは大会オフィシャルの方だったと思うのですが、その方にほほえんで「やるべきことはやったよ」というような表情で帰っていきました。敗れて悔しいというより、今日はナダルの日だったよね、というような、見ていて気持ちのいい、清々しい敗者でした。そんな態度も含めて、次は彼の番かもしれないなと思わされました。

 しばらく苦しんでいたディミトロフですが、今年はやってくれるだろうな、と感じさせました。同時に、日本のファンは--実は私もそうなのですが、錦織圭選手の手強いライバルがまた増えたなと思っていることでしょうね。



「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料

放送カード

5月28日(日)
全仏オープンテニス2017
午後5:30~よる9:00

WOWOW プライム生無料

女子シングルス1回戦

J.ボーズラップ
(USA)

P.クビトバ
(CZE)

WOWOW プライム生無料

男子シングルス1回戦

ダニエル 太郎
(JPN)

J.ヤノビッチ
(POL)

5月28日(日)
全仏オープンテニス2017
よる9:00~午前4:55

WOWOW ライブ生無料

男子シングルス1回戦

ダニエル 太郎
(JPN)

J.ヤノビッチ
(POL)

WOWOW ライブ生無料

女子シングルス1回戦

A.アニシモア
(USA)

奈良 くるみ
(JPN)

WOWOW ライブ生無料

男子シングルス1回戦

杉田 祐一
(JPN)

S.ジョンソン
(USA)

放送カードプレビュー 一覧へ

Pickup Court 未放送試合を配信

大会第1日 5月28日(日)

A フィリップ・シャトリエ

詳細へ

B スザンヌ・ランラン

詳細へ

C No.1コート

詳細へ

全仏オープンWOWOWオリジナルクリアファイルプレゼント
テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
全仏オープンテニス2017スタンプラリー

オンエア情報

  • 5月
  • 6月
5/28(日)~6/11(日)連日生中継
全仏オープンテニス
6月16日(金)~6月18日(日)連日生中継
【6月16日(金)無料放送】女子テニスWTAツアー ノッティンガム
予選 6月26日(月)~29日(木)
7月3日(月)~7月16日(日)連日生中継 ※7月9日(日)除く
【初日無料放送】ウィンブルドンテニス
6/27(火)午前11:00
6/28(水)午前11:00
テニスグランドスラム名勝負選 全仏2017

一覧へ

WOWOWテニス公式ツイッター
「WOWOWテニス2017シーズン」イメージソング 『TROPHY』稲葉浩志
  • 全仏オープンWOWOWオリジナルクリアファイルプレゼント
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • 全仏オープンテニス2017スタンプラリー
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • テニス太郎ぬいぐるみストラップ 新作発売キャンペーン中!
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中