メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第287回 全豪オープンのみどころ① ~日本選手編~

2017/01/12

前哨戦好調の錦織選手。尾崎選手は四大大会初出場です

 全豪前哨戦のブリスベン国際で、錦織圭選手は準優勝。前回も書きましたが、選手にとってシーズンの出だしは簡単なものではありません。シーズン終了からある程度、期間があり、オフの休みを経て、トレーニングを積んだうえでの久しぶりの実戦です。ここでどういうスタートが切れるかが、スムーズにシーズンに入れるかどうかにつながります。また、グランドスラムに向けての調整の意味から、なるべく試合を重ねたいというのも選手心理。その中で錦織選手の決勝進出、多くの試合をこなせたことは好材料です。

 ブリスベンでは、オフの練習の成果なのか、サーブ、特にセカンドサーブにキレが見られました。振りもシャープでしたし、決勝ではセカンドサーブのエースもありました。彼のいいときはサーブのリズムがよくて、エースやサービスポイントがなくてもラリーで主導権を握れるのですが、それでもサービスポイントがあればゲーム運びは楽になります。今年はそういう場面も増えるかもしれません。

 以前はセカンドサーブを叩かれることがありましたが、去年はかなり改善されましたし、さらに今年、磨きがかかることを期待しています。彼の唯一とも言える課題でしたから、そこにプラス要素があれば、もっと「上」が見えてきます。

 大坂なおみ選手は、前哨戦でベスト8でしたが、左手首の故障で準々決勝を途中棄権したのは少し心配です。今年は、ケガさえなければ、去年以上の好成績が十分に期待できます。爆発力があって、あれだけハードヒットできるというのは、筋肉にも相当な負担がかかるということでもあるので、フィジカル面の強化は課題です。体の使い方もそうですし、ケガをしない体づくりも求められるところです。今年1年、さらに今後の選手生活においても重要なところです。

 尾崎里紗選手はグランドスラム初出場となります。これまで、グランドスラム本戦圏内の100位に入れそうなところまできていながら突破を逃し、四大大会の予選決勝で勝ちきれなかったりと、惜しいところで出場を逃していました。苦しい時期もあったと思いますが、頑張り屋さんの彼女らしく、とうとう実力で本戦出場をつかみました。

 彼女の躍進は同年代の刺激にもなるはずです。こうして「94年組」の若手に元気が出てくると、日本女子全体が盛り上がってきそうな予感がします。

 尾崎選手の長所は気持ちが強いところです。ジュニア時代から日本のトップでしたが、四大大会出場では日比野菜緒選手などに先を越されてしまいました。ただ、勢いよく行く時期と停滞する時期は選手なら誰にでもあるもの。苦しい時期も、次のステージに上がるために必要な時間だったのだと思います。今の彼女には、そうした苦しい時間を過ごしたことがプラスに働いているはずです。

 力をつけて、ひとつ上のステージでプレーできるようになったのですから、今度はさらに上のレベルを目指してほしいですね。本戦では、予選や下部ツアーとはちがう何かを感じるでしょう。勝っても負けても、いい勉強になるはずです。

 男子の西岡良仁選手も本戦に出場します。昨年はアジア枠のワイルドカードでの出場でしたが、今回、自力で本戦ダイレクトインしたのは立派です。21歳にして、早くもグランドスラムの常連になりつつありますね。初戦突破はすでに果たしているので、3回戦、4回戦と勝ち上がっていく姿を見たいところです。

 彼が牛若丸のように大柄な選手に立ち向かっていく姿は頼もしさを感じさせます。小柄な選手が工夫しながらやっているのは、見る者に感動を与えるので、この全豪でも爆発を期待しています。



「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料

放送カード

5月30日(火)
全仏オープンテニス2017
午後5:55~深夜0:00

WOWOW ライブ生

女子シングルス1回戦

加藤 未唯
(JPN)

T.タウンゼント
(USA)

WOWOW ライブ生

男子シングルス1回戦

T.コキナキス
(AUS)

錦織 圭
(JPN)

WOWOW ライブ生

女子シングルス1回戦

大坂 なおみ
(JPN)

A.バン ウィトバンク
(BEL)

5月30日(火)
全仏オープンテニス2017
深夜0:00~午前5:00

WOWOW ライブ生

女子シングルス1回戦

大坂 なおみ
(JPN)

A.バン ウィトバンク
(BEL)

WOWOW ライブ生

女子シングルス1回戦

尾﨑 里紗
(JPN)

E.ブシャール
(CAN)

放送カードプレビュー 一覧へ

Pickup Court 未放送試合を配信

大会第3日 5月30日(火)

A フィリップ・シャトリエ

詳細へ

B スザンヌ・ランラン

詳細へ

C コート3

詳細へ

全仏オープンWOWOWオリジナルクリアファイルプレゼント
テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
全仏オープンテニス2017スタンプラリー
WOWOWテニス公式ツイッター
「WOWOWテニス2017シーズン」イメージソング 『TROPHY』稲葉浩志
  • 全仏オープンWOWOWオリジナルクリアファイルプレゼント
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • 全仏オープンテニス2017スタンプラリー
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • テニス太郎ぬいぐるみストラップ 新作発売キャンペーン中!
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中