25th

メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第276回 記者会見もテニス選手の仕事

2016/10/19

記者会見をキャンセルしたりボイコットすると罰則を与えられます

 テニス選手が試合後に行う記者会見について、興味をお持ちの方も多いと思います。

 記者会見は大会主催者側から要請されるのですが、選手は呼ばれれば出席する義務があります。特別な理由もなく自分から会見をキャンセルした場合、罰金などの罰則があります。

 主催者は基本的にメディアからの要請によって記者会見を設定します。四大大会の本戦では日本のメディアも多いので、出場している選手はほぼ全員、記者会見を行います。

 私はプロテニスプレーヤーとして、発信していくことも大切という意識を持って記者会見の場に臨んでいましたが、あるきっかけで、その意識がさらに強くなりました。

 「プレーヤーズ・ミーティング」といって、規模の大きいものは年に一度、ツアーに参加する選手が話し合いを持ったり、講師の話を聞く機会があるのですが、ある年のモチベーションスピーカー(選手のモチベーションを上げるために話してくださる方)としてビリージーン・キング(WTAツアー創設者の一人)さんがいらして、話をされました。キングさんは、いくらあなた方が素晴らしいプレーをしようとも、メディアの力がなければ、それを見られるのはそこにいる人たちだけで、メディアがあるから世界中の人たちにあなたたちのプレーを見てもらうこと、知ってもらうことができるのを忘れないでね、と言われたのです。

 私はテニス選手の活動を広めてもらうにはメディアの絶大な力が必要と感じていましたが、こうしてあらためてキングさんから言われたら当然、意識が高まりますよね。それを聞いてさらにメディアの意味、ありがたみを考えるようになりました。

 ただ、負けたあとなどは頭が整理しにくいので、記者会見に臨むのは決して簡単ではありません。日本人の記者ではあまりいませんが、海外では選手にとってタフな質問、答えるのが難しい質問をしてくるジャーナリストもいます。ストレスを感じている選手も当然いるでしょう。

 私自身、タフな負け方をしたあとなど、「何も話すことないよ」と思うこともなくはなかったのですが、今となっては、会見の要請があって、お話しする機会があるのはありがたいことだったと思っています。

 会見はまず(英語の質問者がいれば)英語で、続いて母国語で行われます。最初の頃は英語で何を聞かれているかさえ分からないことがあり、記者の人に「もういいよ」と言われた時はショックでした。活躍して発信していく立場になったら、英語は必要不可欠なので、もっと勉強しなくてはいけないと感じさせられました。そこで、ほかのプレーヤーが会見で話しているのをきちんと聞くようにして、「この言い回しは使えるな」などと参考にさせてもらったりしました。そのおかげで、使える英語をショートカットで身につけられたと思います。

 試合を終えて自分が感じていることと、記者の方が見ていて感じることの間にギャップがあることもあって、記者会見で「あ、そういうふうに見えたのか」と気づかされることもあります。ですから、選手としては、試合を振り返るために、会見という機会をどう使うかというのも問われると思います。

 私自身、ジュニア年代から将来のための訓練としてやっていましたから、プロになっても記者会見でそんなに困ることがなかったように思います。他競技ではメディアとうまく付き合えない選手もいましたから、「あ、もったいないな」とか「選手として損しているな」と感じることもあり、人の振り見て我が振り直せで、自分の対応の仕方を冷静に考えたりということもできました。



「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
WOWOW iPadサービス
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中