25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第260回 ウィンブルドン見どころ 大会展望編

2016/06/27

マレーとレンドルさん、ラオニッチとマッケンローさんのコラボに期待

 ウィンブルドンは27日に本戦が開幕します。今回は大会全体の見どころを書いてみます。

 今大会は、男子のトップ選手と新コーチの契約が目立っています。アンディ・マレーは元コーチのイワン・レンドルさんと再契約し、ミロシュ・ラオニッチはジョン・マッケンローさんをコーチに招きました。さらにスタン・ワウリンカはウィンブルドンの優勝経験者リカルト・クライチェクさんを陣営に加えました。

 マレーはレンドルさんについたからこそグランドスラム・タイトルが取れたと言っても過言ではないと思います。もちろん、あれだけの実力者ですから、レンドルさんがついてプレーがガラッと変わったわけではありませんが、もともと持っているものにレンドルさんが磨きをかけたと見るべきだと思います。特に精神的な部分、大切な場面やプレッシャーがかかるところでの気持ちの持ち方を習得し、それがグランドスラム・タイトルに結びついたと言っていいと思います。

 前コーチのアメリ・モレスモさんとの活動も成功していましたが、コーチの側の事情で継続は困難になり、新たにコーチを探す中で、特にメンタル的なところでレンドルさんの力が必要であると再認識したのだと思います。

 レンドルさんも、最初の契約が終わってからのマレーの姿を見ていて、ヘルプできることがありそうだという手応えがあったからこそ、今回のオファーを受けたのだと思います。プロフェッショナルな考え方のかただと思うので、それがなければ、受けていなかったでしょう。

 最近のマレーは、いい試合をしても最後にはノバク・ジョコビッチに取られてしまう、という悔しい敗戦が増えています。ですから、レンドルさんを招いたのは主にジョコビッチ対策と言っていいでしょう。

 ジョコビッチがすごすぎて、マレーといえどもギャップが埋められないかのように見えますが、ディフェンス力では負けていませんし、そこまで大きな開きはないと私は思います。ただ、大事な場面で、気持ちの部分で押されてしまうようなところが見てとれます。そこが変われば、結果も変わってくるのではないかと思います。

 ラオニッチの陣営には、マッケンローさんという、まったくタイプの違うコーチが加わりました。どんな化学反応が起こるか、興味深いところですね。

 似たような性格あるいはプレースタイルのコーチに相談に乗ってもらうことがプラスに作用することもあれば、まったく逆のタイプで、自分に持っていないものを持っている人にコーチを頼んでうまくいくこともあります。両極端のケースがありますが、これは明らかに後者です。絶妙のタッチとか戦術的なところとか、ラオニッチが自分にないものをプラスアルファしたいという狙いがまずはあったと思います。

 マッケンローさんは、選手時代は感覚的なプレーも見せる選手でしたが、今、解説を聞いていると理論的な考えの持ち主であることがよく分かります。解説者になりたての頃は辛口なコメントも目立ちましたが、時間の経過とともに、選手に対する彼なりのやさしさも加わってきました。最初は現役生活を終えてすぐの頃で、強気に言いたくなるところもあったと思うのですが、今は、言うことは言うにしても、選手個々の立場をふまえてコメントするようになり、表現がソフトになったように思います。

 私自身、現役時代に試合を見ていたのとはまったく違う感覚でテニスを見られるようになりました。それによって、これまで見えなかった所も見えるようになったと思います。自分自身のプレーとはかけ離れたところから、真っ白な気持ちで見れば、テニスの見方にもいろいろ切り口が増えてくるのだと思います。マッケンローさんにはコーチングの経験はなく、実際、トップ選手をコーチする難しさはあると思うのですが、そこは私は心配していません。技術面、精神面、戦術面と、いろいろな要素があるのがテニスですから、そこを見る視点の幅、テニスを理解する幅は、解説者として過ごした年月で積み重ねたものがあると思います。

 そもそも、あれだけの一流選手ですから、コーチング哲学としてもしっかりしたものをお持ちだと思います。それがラオニッチを通してどんな形で見られるか、ラオニッチにどんな変化をもたらすか、すごく楽しみです。



「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
  • テレビでもオンデマンドを楽しもう!Google Chromecast対応
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中