25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第251回 試合前の練習相手の選び方

2016/04/28

■初戦で当たる選手とは練習しませんが、なるべく似たタイプの選手を探します

 視聴者の方から、よく「試合前の練習相手はどうやって選ぶのですか?」というご質問をいただきます。答えは、対戦相手が決まっているかどうかで異なります。大会に入って、ドロー(組み合わせ)が出る前、つまり誰と対戦するか分からない時は、どんなタイプの選手に対しても対策がとれるように、できるだけ色々な球種、色々なプレースタイルの選手と練習するようにしていました。

 自分の調子がよくない時は、自分にリズムを与えてくれるような相手を選ぶこともありましたね。また、例えばクレーコートシーズンに入ったらクレーが得意な選手と練習するなど、いいボールを打ってくる選手と練習をアレンジするように心がけていました。

 ドローが決まったら、もちろん初戦で当たる選手とは一緒に練習しませんが、なるべく似たような球種、プレースタイルの選手を選んで練習していました。試合当日の練習では、より対戦相手と似たスタイルの選手を探しました。対戦相手が左利きなら、できるだけ左利きの選手を探しました。例えばサービスひとつにしても、左利きの選手は独特のスライス回転で打ってくることがあるので、少しでも慣れておきたいというのはどの選手も考えることだと思います。

 練習相手を決める時は、直接、声を掛けたり掛けられたりというのが一番多かったと思います。若い頃は、シュテフィ・グラフさんのようなトップの選手から声を掛けてもらったことも何度かあります。彼女はコーチのグンタードさんとの練習を好み、選手同士で練習する印象が少なかったので、声を掛けられたこと自体、意外でした。若かったので、最初は練習なのに試合より緊張するほどでしたが、もちろん私にとってはありがたいことでした。

 私自身、これから上がってきそうな若手選手と実際にボールを打ってみたい気持ちがあったので、よく声を掛けていました。向こうもすごく喜んで、一所懸命練習してくれるので、練習していて新鮮でした。よく知らない選手でも、少しでも打っておくと情報が得られるので、実際に対戦するときにプラスになります。そんな意味もあって、若い選手と積極的に練習するように心がけていました。

 また、私は普段から仲の良い選手とダブルスを組んでいたので、ダブルスパートナーと一緒に練習することも多かったですね。ダブルスの試合前はもちろんですが、それ以外でも、お互いの予定を合わせて一緒に練習することがありました。

 選手も色々で、例えばジュスティーヌ・エナンは自分の色が強く、練習でもいきなりサイドに打ってきたり、自分から決めにいくような場面が多くて……。彼女はナンバーワンになる前はヒッティングパートナーを帯同させていなかったのですが、練習相手を探そうにも、みんなに断られていたようです。私も一緒に練習してみてはじめて「あ、こういうことか!」とわかりました(笑)。ただ、自分のやるべきことがこのように明確になっているからナンバーワンになったんだなと、納得させられるところもありますね。とはいえ、できることなら、あまり一緒に練習をしたくない選手の一人かもしれません(笑)。

 やはり、選手同士の練習では自分勝手にはできません。自分のリズムを上げながら、同時に練習パートナーのことも考える人が大半です。私はダブルスパートナーでもあったキム・クライシュテルスと練習するとプレーのリズムが作りやすかったのですが、彼女のリズムがいいので、こちらもリズムがよくなって調子が上がるというパターンが多かったように思います。

 ツアーに入りたての若い選手にとって、練習相手を探すことは容易ではありません。それでも、いつも同じ人と練習するより、周りの選手にどんどん声を掛ける姿勢が重要です。相手が相当上位の選手でも、若い選手が一所懸命練習すれば「あ、またこの子と練習しよう」という気持ちになるものです。もちろん、声を掛けた時に相手が決まっていたら断られてしまいますが、それは仕方ありません。「ダメだった」と落ち込まず、“ダメもと”のつもりで果敢に声を掛けることが大切なのです。

 初めは勇気がいることですが、一人にかわいがってもらえると、その輪が広がっていくこともあります。そうしていくうちに、若い選手はツアーの中で自分の居場所が確保できるのです。



「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
WOWOW iPadサービス
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中