25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第236回 全豪オープンのみどころ ~日本選手編~

2016/01/13

■錦織選手には去年の8強以上を、土居選手には自分らしいテニスを期待

 いつものように2回に分けて全豪オープンの見どころを書いていきます。まず、日本選手編から。

 最初に錦織圭選手。去年の全豪では、トッププレーヤーとしてグランドスラムに臨むプレッシャーをうまく消化し、ベスト8に残りました。その後はアップダウンもありましたが、全体的に安定した1年だったと思います。今年はそれとは少し違った心構えでシーズンに臨んでいると想像できます。

 トップ10にいることが当たり前のようになった今、今度はどれだけ自分へのチャレンジができるかが問われます。去年の反省点を修正しつつ、自分のテニスを磨き、トップをねらうシーズンになるはずです。その意味では、去年より平常心が保ちやすいかもしれません。その最初のトライになるのが全豪です。

 オフは、エキシビションマッチやテレビ出演、スポンサー対応など忙しく過ごしたことでしょう。どれだけリフレッシュできたか、少し心配ではありますが、これもトッププレーヤーの宿命です。これを乗りこえて、当たり前のようになっていくのだと思います。

 全豪のハードコートは好きなサーフェスだと思いますので、去年のベスト8以上の成績は十分ねらえると思います。もちろん、いろいろな要素が噛み合い、運にも恵まれれば優勝もありえます。それだけの実力はありますし、上位シードがつくのも彼には大きいと思います。いずれにしても、今年は大切な年になるので、まずは最初のグランドスラムでどんなパフォーマンスを見せてくれるか、注目です。

 ダニエル太郎選手は初めて全豪の本戦に出場します。去年のデビスカップ・プレーオフ・コロンビア戦で見せてくれたように、着々と力をつけ、テニス自体のレベルが上がっているのを感じます。もともと、上背があり、すごくガッツもあって、ねばり強さもある選手です。グラウンドストロークも力負けもしません。伸び盛りの選手ですから、この全豪、そして今年のグランドスラムはすごく楽しみです。

 西岡良仁選手はアジア予選で全豪本戦のワイルドカードを勝ち取りました。体格には恵まれているとは言い難いのですが、タイミングを変えるなど様々な工夫で不利を補い、スマートなテニスを見せてくれます。コートを広く使ってプレーし、左利きの有利さをうまく生かします。また、相手の力を利用してカウンターショットを放つなど、魅力的なテニスの持ち主です。彼も初の全豪本戦ですが、だれよりも彼自身が一番楽しみにしていると思います。大舞台で活躍できる選手なので、気後れせず、やってくれるでしょう。

 女子に話題を移しましょう。土居美咲選手の15年は躍進のシーズンでした。彼女は、トップ選手に善戦しても、なかなか最後のところで勝ちきれないところがあったのですが、昨年秋にルクセンブルクでツアー初優勝を飾り、いろいろなことが卒業できたように思います。自分自身、一つ上レベルに行けたという手応えも得ているでしょう。今年はさらに大きな舞台での活躍が期待されます。まずは彼女らしいテニスを見せてもらいたいですね。そうすれば、結果はおのずとついてくるに違いありません。

 土居選手と同じように昨年ツアー初優勝を飾った日比野菜緒選手は、全豪前哨戦のオークランドで早速、ベスト8という結果を残しました。調子に乗っているというか、とにかく自信に満ちあふれているように見えます。ITFサーキットを卒業して、トップ100にも入り、今はすごく楽しい時期だと思います。ポイントのディフェンドもなく、文字通り、失うものがない状態です。これは若さの特権とも言えます。そのアドバンテージを生かし、グランドスラムの常連に定着してほしいところです。今の勢いをうまく使って、それを自分の実力としてしまうことが大切です。今しか味わえないこともあると思うので、とにかく思い切り楽しんでもらいたいですね。

 奈良くるみ選手は、団体戦のIPTLに出場するなど、これまでと違ったオフを過ごしたことでしょう。セレナ・ウイリアムズに勝つなど素晴らしい経験をしたと思います。ただ、試合に出ながらどれだけ練習ができていたのか、私も把握はできていませんが、ひとつの不安要素ではあると思います。精神的にも大変だったでしょうし、移動の負担もあり、コンディションを上げていくのは簡単ではなかったと思います。とはいえ、原田夏希コーチも帯同していましたし、トップ選手と同じ時間を過ごすことは、なかなかできる経験ではなく、プラス面もあったでしょう。通常とは違う形のオフは、ひとつの賭けでもあったと思いますが、いい試みだったと思います。奈良選手のことですから、吸収したことを今後に生かしてくれると思います。その成果が全豪でも見られることでしょう。

「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
テニス総合サイト THE TENNIS DAILY

オンエア情報

  • 6月
  • 7月
予選 6月26日(月)~29日(木)
7月3日(月)~7月16日(日)連日生中継 ※7月9日(日)除く
【初日無料放送】ウィンブルドンテニス
6/27(火)午前11:00
6/28(水)午前11:00
テニスグランドスラム名勝負選 全仏2017

一覧へ

WOWOWテニス公式ツイッター
テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
「WOWOWテニス2017シーズン」イメージソング 『TROPHY』稲葉浩志
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中