メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

KO率97% 剛腕ワイルダーのV5戦
挑戦者は19戦無敗のワシントン 2017.02.24

 37戦全勝(36KO)、KO率97パーセント超という驚異的なレコードを誇るWBC世界ヘビー級王者、デオンテイ・ワイルダー(31=アメリカ)の5度目の防衛戦が25日(日本時間26日)、アメリカのアラバマ州バーミンガムで行われる。挑戦者は同級8位のジェラルド・ワシントン(34=アメリカ)。こちらも19戦18勝(12KO)1分と無敗だ。今回もワイルダーの豪腕が唸りをあげるのか、それとも大番狂わせが起こるのか。

 ワイルダーは十代のときにバスケットボールやフットボールで特別な才能を発揮していたが、難病の娘の医療費を稼ぐため仕事をかけ持ちしながらボクシングに転じたというエピソードを持つ。20歳になるころの話である。この格闘スポーツが性に合っていたのだろう、ワイルダーはわずか3年で08年北京五輪に出場し、91キロ以下のヘビー級で銅メダルを獲得してみせた。

 キャリアが浅く細身のためプロ転向後は慎重なマッチメークが施されたこともあり、デビューから32連続KO勝ちをマーク。しかも、すべて4ラウンド以内という速戦即決ぶりだった。33戦目で12回判定勝ちを収めWBC世界ヘビー級王座を獲得。連続KO勝ちは止まったが、代わりにベルトを腰に巻いた。以後、4度の防衛戦は9回KO、11回TKO、9回KO、8回終了TKOとすべて規定ラウンド内で終わらせ、試合ごとに経験値を上げている。

 一方、挑戦者のワシントンもスポーツ万能の異色選手だ。少年時代はテニスに興じ、18歳から4年ほど海軍のヘリコプター整備士を務めた経歴を持つ。そのあとで大学に行ってフットボール選手に転じて活躍。しかし、ケガのため大成はしなかった。12年7月、30歳のときにプロボクサーとしてデビューし、以来4年半に19戦して無敗をキープしている。17戦目で準世界ランカー級のアミール・マンスール(アメリカ)と引き分け、昨年は世界挑戦経験者ふたりに8回判定、4回KOで勝っている。身長201センチ、リーチ211センチのワイルダーに対し、ワシントンも198センチ、208センチと見劣りしない体格を持ち、直近の試合では102.6キロのワイルダーよりも約8キロ重い110.5キロを計測している。

 12対1というオッズが出ているように、攻撃力や経験で勝るワイルダー有利は不動といえる。圧力をかけたうえで左ジャブから打ち下ろす右ストレートをヒットして序盤にけりをつけてしまう可能性もある。ワシントンが番狂わせを起こすとしたら、踏み込んで放つ右が当たったときだろう。無敗の異色選手同士の世界ヘビー級タイトルマッチに要注目だ。



Written by ボクシングライター原功

新着記事

バックナンバー
2017を閉じる▲

バックナンバー
2016を開く▼

バックナンバー
2015を開く▼

2010~2015年まで

RING JAPAN
日本ボクシングコミッション
TEIKEN.com
NAOPIX Fight Gallery by Naoki Fukuda
マイ番組登録をしよう!
ご加入はこちら
マイ番組登録をしよう!