メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

「神の左」V11王者、山中慎介が語るパッキャオの強さと魅力 2016.11.4

 20キロ近い体重の壁を破って6階級制覇を成し遂げた実績を持つスーパー・スター、マニー・パッキャオ(37=フィリピン)が11月5日(日本時間6日)、アメリカのネバダ州ラスベガス、トーマス&マックセンターでジェシー・バルガス(27=アメリカ)の持つWBO世界ウェルター級王座に挑む。今年4月の試合を最後に一度はグローブを壁に吊るしたパッキャオにとっては、7ヵ月ぶりの復帰戦となる。(11月6日WOWOWで生中継)世界的に注目度の高い一戦だが、WBC世界バンタム級王座を11度防衛中の山中慎介(34=帝拳)も大きな期待を寄せている。

「7ヵ月の空白は問題ない」
 パッキャオは今年4月、過去1勝1敗のライバル、ティモシー・ブラッドリー(アメリカ)との決着戦に臨み、2度のダウンを奪って圧勝した。戦前から「これがラスト・ファイト」と宣言していたとおり試合後には引退を表明し、5月にはフィリピンの上院議員選挙に出馬して当選を果たした。しかし、その前後から「いまは引退するけれど、本心を言えば戦い続けたい気持ちはある。その割合は50-50」と複雑な胸中を明かしてもいた。したがって戦線復帰のニュースを聞いて驚いた人は意外に少ないのかもしれない。山中も「ブラッドリー戦を見た誰もが『まだまだ現役のトップとしてやっていける』と思ったでしょう。自分を含めパッキャオの試合を見たいファンは多いし、嬉しいですね」と話し、復帰を歓迎している。
 気になるのは4月以降に身辺の環境が急変した点だ。それまでも下院議員としての肩書を持っていたパッキャオだが、復帰を決めてからは議会が始まる前の早朝にロードワークやジムワークを行ってきた。今回の試合もプロモーターは10月下旬を候補に挙げていたが、パッキャオ自身が「議会が閉会したあとの時期にしてほしい」と要請。それに沿って日程が決まったという経緯がある。7ヵ月という試合間隔に関して山中は「4月以降、どんな生活を送ってきたかということは分からないが」と前置きしたうえで、「ボクサーにとっての7ヵ月はブランクというほどの期間ではないし、まったく問題ないと思います。練習も新たな気持ちで再開したんじゃないですかね」と説明する。事実、山中も世界挑戦前に8ヵ月、世界王者になってからも初防衛戦と2度目の防衛戦の間に7ヵ月空いたことがあるが、それぞれ11回TKO勝ち、7回KO勝ちを収めている。

「パッキャオの力が存分に発揮される」
 今回の復帰に関し、パッキャオは記者会見で「支えてくれる皆さんに恩返ししたい。ボクシングを続けながら(フィリピンの)国民を救えるということを証明する」と話している。これを聞いた山中は「自分の場合は(ボクシングに専念して)11回の防衛に成功したけれど、ほかのことをやりながら……ということは考えられないですね」と舌を巻く。そして「本当にすごいと思います。国民の期待を背負っているのでプレッシャーも大きいはず。並外れた精神力だと思います」と加える。
 パッキャオは95年1月、年齢を偽って16歳でプロデビュー。以来、21年間に20度の世界戦を含めて66戦して58勝(38KO)6敗2分という戦績を残している。歴史に残る名勝負、数多くの激闘を展開してきたが、山中はパッキャオのベスト・ファイトとして、09年5月、リッキー・ハットン(イギリス)を左一発で失神させた試合を挙げる。「わずか2ラウンドでしたが、パッキャオの魅力がすべて詰まった試合。フィニッシュも文句の言いようがないでしょう」と絶賛する。
 今回の復帰戦の相手、ジェシー・バルガス(アメリカ)は身長178センチ、リーチ180センチと大柄で、パッキャオよりもそれぞれ12センチ、10センチ上回っている。経験値ではパッキャオに及ばないが、それでもスーパー・ライト級とウェルター級の2階級を制覇した実績を持っている。28戦27勝(10KO)1敗と決してKO率は高くないが、今年3月の戴冠試合では前評判の高かった元五輪戦士、サダム・アリ(アメリカ)から2度のダウンを奪って9回TKOで屠っている。唯一の黒星は昨年6月、ブラッドリーに喫したものだが、そのときも最終回にKO寸前まで追い込んでいる。破壊力のある右ストレートを軸にした攻撃は波瀾を起こす可能性を秘めているといえる。パッキャオにとってはリスクのある復帰戦ともいえるが、山中は「不安よりも楽しみの方が大きい」という。「(20代後半の)スーパー・フェザー級時代のような踏み込みは難しいかもしれないけれど、パッキャオにはテクニックもありますからね。それに自分は気持ちを前面に出すスタイルが好きなので、それが見られるかも。バルガスは正統派なので、パッキャオの力が存分に発揮できると思います」と期待を込める。
 ハットン戦のような鮮やかなKO劇が見られるかどうか。「戦う上院議員」に世界中の注目が集まる。

 なお、パッキャオ対バルガスは11月6日(日)午前11時からWOWOWプライムで生中継される。



◆◆◆WOWOW番組情報◆◆◆

★「生中継!エキサイトマッチスペシャル マニー・パッキャオ復帰戦 マニー・パッキャオvsジェシー・バルガス」
ゲスト:長谷川穂積(真正)

【放送日】11月6日(日)午前11:00 [WOWOWプライム] ※生中継
WBO世界ウェルター級タイトルマッチ
マニー・パッキャオ(フィリピン)/元6階級制覇王者 vs ジェシー・バルガス(アメリカ)/WBO世界ウェルター級チャンピオン

WBO世界フェザー級タイトルマッチ
オスカル・バルデス(メキシコ)/WBO世界フェザー級チャンピオン vs 大沢 宏晋(日本)/WBO世界フェザー級2位

WBO世界S・バンタム級タイトルマッチ
ノニト・ドネア(フィリピン)/5階級制覇王者 vs ジェシー・マグダレノ(アメリカ)/WBO世界S・バンタム級1位

★「マニー・パッキャオ 珠玉の名勝負選」
メキシコ勢とのライバル対決、ハットン戦、コット戦を含む永久保存の5試合
【放送日】11月5日(土)午後3:30 [WOWOWライブ]

新着記事

バックナンバー
2017を閉じる▲

バックナンバー
2016を開く▼

バックナンバー
2015を開く▼

2010~2015年まで

RING JAPAN
日本ボクシングコミッション
TEIKEN.com
NAOPIX Fight Gallery by Naoki Fukuda
マイ番組登録をしよう!
ご加入はこちら
マイ番組登録をしよう!