新着番組
メトロポリタン・オペラ モーツァルト《イドメネオ》

メトロポリタン・オペラ モーツァルト《イドメネオ》
放送予定日

8月4日(土)午後5:45 WOWOWライブ

父との葛藤を抱えたモーツァルトが「自分のことのようだ」と作曲に熱中した青春の記念碑的作品。悩める登場人物たちの歌が重唱となるモーツァルトの傑作。

 ニューヨークにある世界最大級のオペラハウス「メトロポリタン歌劇場(MET)」。1883年に創設されたこの舞台は、世界のトップ歌手たちの夢の競演に加え、セットや衣装など、なにもかも華麗。また、新演出を積極的に取り入れることでも知られ、常に進化し続けるオペラの姿を体現してきた。
 WOWOWでは、最新技術を駆使したカメラワークと5.1chのダイナミックな音声で収録された、METライブビューイングを放送する。幕間では、今まさに歌い終わった歌手たちへの直撃インタビューなど、劇場では見られない映像も満載。オペラファンにも、初心者にも、METのすばらしさを余すことなくお届けする。

<内容>
 モーツァルトが24歳のとき、これこそ自分が世に出るオペラだと信じて作った傑作が登場。ギリシャ神話の父子の葛藤の物語を、父親から独立しようとしていたモーツァルトは自らに投影したと言われている。登場人物たちは皆悩みを抱えて苦悩し、それぞれがなんとか打開しようとする試みが、モーツァルトの壮麗な音楽とともにドラマを進展させていく。
 演出は20世紀最大の演出家のひとり、ジャン=ピエール・ポネル。18世紀の宮廷で上演されていた、王侯貴族たちが愛したオペラの最後の美をよみがえらせたと絶賛され、彼の名演出で「イドメネオ」の真価が認められたといわれる。聞きどころは、父イドメネオ王の苦悩のアリアや、イダマンテ王子が父に冷たくされて悩む歌。それぞれの悩みが絡み合い、一つの歌になる四重唱で、歌がそのままドラマとなりオペラの醍醐味が味わうことができる。マシュー・ポレンザーニをはじめ、旬のモーツァルト歌いが集結。

関連情報

収録日/2017年3月25日
スタッフ・キャスト/
 指揮:ジェイムズ・レヴァイン
 演出:ジャン=ピエール・ポネル
 出演:マシュー・ポレンザーニ(イドメネオ)、アリス・クート(イダマンテ)、ネイディーン・シエラ(イリア)、エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァー(エレットラ)

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの