新着番組
アニメプレミア ロボマスターズ

アニメプレミア ロボマスターズ
放送予定日

10月13日(金)スタート(全6話)[第1話無料放送]  毎週金曜夜10:30

中国で実際に開催されているロボットコンテストがテーマの日中共同制作オリジナルアニメ。近未来を舞台に、大学生たちが技術開発に打ち込む姿と心の成長を描く。

 中国全土からロボットやコンピューターを研究している大学生が出場し技術力を競うロボット競技大会「ロボマスター」。民生用ドローン市場で世界最大のシェアを誇るDJI社が主催している実在する大会で、2017年で3回目を迎える。このイベントに青春を懸ける若者たちの心の成長を描いた日中共同制作オリジナルアニメの日本語版を放送する。
 アニメーションは日本の制作会社が担当。プロデュースとCGを「3月のライオン」「龍の歯医者」のダンデライオンアニメーションスタジオが、作画は「ブレイブ ストーリー」「アフロサムライ」のGONZOが手掛けた。また、音楽ではドラマ「相棒」シリーズ、テレビアニメ「TIGER&BUNNY」などに楽曲を提供してきた作曲家・池頼広が、オープニングテーマ曲ではツイッターのフォロワーが34万人を超えるネット発シンガーのun:cが参加している。

<ストーリー>
 舞台は近未来。入学シーズンを迎え、省港科技大学はサークルの勧誘でにぎわっていた。だが、内気な新入生のタンタンはサークル活動などまったく興味がない。彼の関心は自作のドローンKAKAの改良にのみ注がれていた。KAKAは音声認識機能でタンタンの指示通りに動く優れもの。ある日、彼は投げたフライングディスクをKAKAにキャッチさせる飛行テストを行なっていたが、海風にあおられディスクは歩いていた女性・ショウに衝突してしまう。
 駆け寄り謝るタンタン。実は、彼女はロボット競技のサークル清水湾工作室のマネジャーだった。KAKAの出来栄えに感心するショウはタンタンに勧誘のチラシを手渡す。そのチラシにはロボット競技大会「ロボマスターズ(ロボマス)」の試合の写真が掲載されていた。タンタンは、ロボマスに対してつらい思い出があり遠ざかっていた。だが、ショウとの出会いがタンタンを再びロボマスへと近づけていく。

関連情報

<スタッフ・キャスト>
製作:DJI、企画:RoboMasters Team、エグゼクティブプロデューサー:Swift Lee/Jason Gu/YY Shuo、プロデューサー:西川和宏/Nakazawa Chen、監督:山本靖貴、シリーズ構成・脚本:山下憲一、キャラクターデザイン:葵玲、メカニックデザイン:渡辺浩二、3DCG監督:山崎拓哉、美術監督:市倉敬、音響監督:高寺たけし、音楽:池頼広、アニメーション制作:ダンデライオンアニメーションスタジオ/GONZO、オープニングテーマ:「super nova」 作曲:成田旬 歌:un:c、エンディングテーマ「Higher Maker」 作曲:Starving Trancer 歌:福山沙織 
声の出演:山下大輝(役名:タンタン)、梅原裕一郎(役名:テイ)、Lynn(役名:ショウ)、大久保瑠美(役名:シャオアイ)、落合福嗣(役名:オウシュン)、武内駿輔(役名:モウ)、青木瑠璃子(役名:カトリーナ)、木村昴(役名:リー)、濱野大輝(役名:ラオワン)、梅津秀行(役名:キョウ)

<関連番組>
「無料でWOWOW!」にて第1話無料放送   10月17日(火)[無][字]

<「ロボマスターズ」公式サイト>
http://anime.robomasters.com/

<「ロボマスターズ」公式Twitter>
https://twitter.com/robomas_anime

ネットからならe割がお得です! 通常2,300円(税込2,484円)が、最大2か月1,800円(税込1,944円)に

15程度※1で視聴スタート!

ご加入はこちら

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの