メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

イントロダクション

有村架純主演! 有人潜水調査船「しんかい6500」の日本人初となる女性パイロットが、神秘的な深海の世界に挑む、海洋ロマン溢れるヒューマンドラマをお届けする。

朱野帰子が執筆した同名小説をドラマ化。
本作は、海洋科学に関する研究機関、JAMSTEC(海洋研究開発機構)を舞台にした壮大なるヒューマンドラマだ。

深海には、未知の生物が存在し、新たな資源が眠っていると考えられている。さらに深海は巨大地震の発生源でもあり、そのメカニズムの解明が求められている。今回JAMSTECの全面協力を得て、2014年に完成25周年を迎えた有人潜水調査船「しんかい6500」をはじめとした潜水船、研究船で撮影を行ない、「リアルな深海世界」「海洋科学技術の最先端」を圧倒的なリアリティで描く。また今年「しんかい6500」に撮影クルーが搭乗し、沖縄本島近海、水深1500mでの撮影を敢行。前代未聞の神秘的でかつ、驚異的な深海の映像美を体感できるのも、このドラマの大きな魅力だ。さらに本ドラマは全編4K収録を行ない、深海の美しさを追求している。なお、放送はフルハイビジョン画質でお送りする。

物語の主人公を演じるのは、連続ドラマ初主演となる有村架純。
大ヒットした『映画 ビリギャル』の主演を務めるなど、女優として今最も活躍著しい有村が、組織の中で奮闘し、亡き父の遺志を受け継ぎ、深海の謎に命を懸けて臨むパイロット役に挑戦する。

場面写真

ストーリー

場面写真

JAMSTEC(海洋研究開発機構)で、有人潜水調査船「しんかい6500(6K)」の運航チームに所属する天谷深雪(有村架純)は、6Kのパイロットになることを夢見ていた。父・厚志もパイロット兼研究者だったが、志半ばで病死。深雪は、幼少期に父が話してくれた“深海の宇宙”を探索することを目標に、パイロット候補生として日々業務にいそしむ。

場面写真

そんなある日、深雪は6Kに搭乗するチャンスをつかむ。JAMSTECも日本人初の女性パイロット誕生とあって広報活動に余念がない。しかし潜航直前、深雪は父のロッカーの中から1本のテープを見つける。そこに記録されていたのは、未知なる巨大な物体や深海に取り残されたパイロットたちの恐怖の映像であった。そこには父の最期の姿も映っていた。美しき深海とは程遠い、衝撃的な映像を目にした深雪は、激しい恐怖に襲われる。果たして彼女は、暗黒の深海から無事に帰還できるのか。

キャスト

  • 有村架純
  • 井上芳雄
  • 板谷由夏
  • 筒井道隆
  • 高橋和也
  • 石田卓也
  • 水澤紳吾
  • 飯田基祐
  • 時任三郎
  • 西岡德馬
  • 平泉成
  • 竹中直人
  • 原田知世
  • 遠藤憲一

スタッフ

原作:朱野帰子「海に降る」(幻冬舎文庫)

1979年東京生まれ。2009年『マタタビ潔子の猫魂』(メディアファクトリー)で第4回ダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞しデビュー。他の著書に『真実への盗聴』『駅物語』(以上、講談社)、『真壁家の相続』(双葉社)などがある。

監督:山本剛義(「夜行観覧車」)

脚本: 徳永友一 
山浦雅大 
三浦駿斗 
浅野敦也

音楽:稲本響(「連続ドラマW 私という運命について」)

プロデューサー: 岡野真紀子 
浅野敦也

協力:JAMSTEC(海洋研究開発機構)

製作: WOWOW 
ドリマックス・テレビジョン

コメント

有村架純(天谷深雪 役)
心臓がドキドキというよりもバクバクしました。

台本を初めて読んだとき、心臓がドキドキというよりもバクバクしました。
「海に降る」という作品は、 海洋研究の世界を描いています。その海洋研究が担っているのは、日本や世界の未来です。だからこの作品の背負っているテーマは、すごく大きなもので本当に身が引き締まりました。
初めての連続ドラマの主演という大役を頂き、不安や戸惑いはありますが、男社会の厳しい環境の中で立っている深雪のように、私も甘えることなく、強くたくましく演じられたらと思います。
このドラマを通して、未来を担っている機関、JAMSTECのことを沢山知って頂きたい。「自分の夢」や「世界の未来」のような、まだ見ぬ先のみなさんの希望を、改めて見直す機会になってくれたら嬉しいです。キャスト・スタッフ全員で力を合わせて素晴らしい作品を作っていきます。是非、楽しみにしていて下さい。

井上芳雄(高峰浩二 役)
物語に触れるに従って、どんどん興味が沸いてきました。

深海という馴染みのなかった世界でしたが、物語に触れるに従って、どんどん興味が沸いてきました。まだ分からないことも多く、それ故に限りない可能性が広がっている海の底は、もの凄く魅力的でロマンがあります。 そんな中、僕の演じる高峰は偏屈と言われながらも、信念をもって研究を進めていく。 その彼に恥ずかしくない姿勢で、僕もこの作品に向かい合いたいです。WOWOWでは、トニー賞のサポーターやディズニーコンサート、舞台中継、僕らのミュージカルソング、といろんなことをやらせてもらっていますが、遂にドラマにも出演させてもらいます!ありがたいことです。素敵なキャスト、スタッフの皆さんとの現場は刺激に溢れていて、幸せです。ご期待下さい!

板谷由夏(正田眞美子 役)
しんかい6500を眺め、未知の世界に思いを馳せました。

台本を開き、その世界に引き込まれ、ジェームス・キャメロン監督の映画「アビス」を思い出し、小学一年生の長男の本棚から海の図鑑をひっぱり出してしんかい6500を眺め、未知の世界に思いを馳せました。
有村架純さん演じる深雪を、支えたいと思います。
観てくださる方々がワクワクするような作品になりますように。私も楽しみです。

時任三郎(天谷厚志 役)
天谷厚志はひたすら夢を追い続ける人物です。

深海の有人探査をテーマとした話は、とても興味深い内容でした。実際に「しんかい6500」を見学させていただいたり、パイロットの方や関係者の方々のお話を伺ったりするうちに、とても夢のある仕事だと感じました。理想と現実の狭間で苦悩する登場者達の中で、天谷厚志はひたすら夢を追い続ける人物です。その夢を追う純粋さやひたむきさを表現出来ればと思っています。
撮影ではJAMSTECの方々の協力もあり、実際の深海の映像や、実際の支援母船「よこすか」を使用させていただいたりと、迫力ある映像世界が出来つつあります。また、スタッフ出演者一丸となって面白い作品になるように頑張ってます。ぜひご覧になって下さい。

原田知世(天谷直子 役)
どんな時も温かく見守っていく母の姿が印象的でした。

私が演じる天谷深雪の母「天谷直子」はしなやかな心を持った女性です。 パイロットを目指し、時に挫けそうになりながらもひたむきに夢を追いかけてく深雪を、しっかりと受け止め、どんな時も温かく見守っていく母の姿が印象的でした。 深海の宇宙を追い求めた夫、厚志にとってそうであったように、深雪にとっても、 直子は帰る場所であり、灯台のような存在です。

遠藤憲一(石堂将司 役)
石堂は最後まで見ないと本意が分からない深さのある人物です。

脚本を読んでワクワクしました。石堂は最後まで見ないと本意が分からない深さのある人物です。その深さの表現に四苦八苦しています。海洋研究者たちの葛藤や深海の魅力など、今までにないスケール感で描かれており、見ごたえのある連続ドラマです。キャスト、スタッフの熱い思いが画面いっぱいにほとばしっています。スリル満点の社会派ドラマであり、深く染み入る人間ドラマになっていますので楽しみにして下さい。

原作者:朱野帰子
今回ドラマ化のお話をいただき、とても嬉しく、感慨深く思っております。

『海に降る』を書いたのは四年前のことです。デビューしたての新人作家だったこともあり、JAMSTECのみなさんから「映像化したら全面協力するよ」と言っていただくたびに「そうなったらすごいけど、でも、そんな夢みたいなこと実現しないだろうなあ」と思っていました。なので、今回ドラマ化のお話をいただき、しかも撮影は〈しんかい6500〉の実機を使って行われると聞いて、とても嬉しく、感慨深く思っております。
私が原作で書いたのは震災直後の日本でしたが、ドラマではそこからさらに時間を進めて、海洋科学の最新情報をこれでもか!というほど盛りこんでくださっているようです。なので、深海オタクの私も、放送中はテレビの前に張りついて視聴しようと思っています。数年前に世間を騒がせたダイオウイカたちが棲んでいるところよりも、さらに深い海へ、4Kカメラの鮮明な映像とともに降りていく体験を、みなさまとごいっしょできる日が待ち遠しいです。

監督:山本剛義
研究者、パイロット、運行チームの人間ドラマをうまく切り取っていきたい

今年4月、実際に「しんかい6500」に搭乗し、沖縄本島近海、水深1500mに潜航させていただきました。深海には光が届かないからこその「気高さ」、しんかい6500が光をあてなければ「光」という存在さえも知らずに一生を終える生物の数々。想像していたよりも多くの命がそこにありました。宇宙ならば宇宙服を着て船外に出られますが深海では絶対に船外に出られない、決して触れることのできない故の「神々しさ」に圧倒されました。普段目にすることのない「深海の世界」をこの作品を通じて少しでも体感して頂き、「しんかい6500」に関わる研究者、パイロット、運行チームの人間ドラマをうまく切り取っていきたいと思います。「深海の世界」に挑む研究者やパイロットの純粋な思い、それを支える人々の思いや葛藤…「深海の世界」は遠い場所かもしれませんが、それに関わる人々はとても身近で人間臭く様々なドラマが詰まっています。今回は4Kで撮影しています。ぜひ体感してください。

映像

映像の配信は終了しました。

相関図

新人コパイロット

天谷深雪 [有村架純]

優秀なパイロットだった亡き父の遺志を継ぎ、6Kのパイロットを目指す。男ばかりの職場でも物怖じせず負けず嫌いな性格。広告塔として日本初の女性パイロットに抜擢される。

司令

多岐隆司 [西岡德馬]

6Kの運航責任者。深雪をコパイロット(副操縦士)に抜擢し、時に厳しく時に温かく指導する。

潜航長

神尾 宏 [筒井道隆]

高い操縦技術を誇る6Kのパイロット。深雪の亡き父の後輩にあたり、深雪にとっては良き先輩。

整備長

近藤恒哉 [高橋和也]

6Kは男の職場だという考えから、深雪に何かと冷たく当たる。6Kへの思いは人一倍熱い。

JAMSTEC理事

皆川彰平 [平泉 成]

政府の要請で民間企業(国海研)から来た石堂に理事長の座を奪われる。押しが弱く事なかれ主義。

JAMSTEC
広報課・広報戦略室長

正田眞美子 [板谷由夏]

エリート広報ウーマン。JAMSTECの知名度を高めるために広告塔として深雪をパイロットに推薦する。

地質学研究者

高峰浩二 [井上芳雄]

「偏屈王子」と呼ばれるほど理屈っぽくて変わり者。深雪とも最初は衝突するが、やがて協力関係に。

技術センター長

陣内公彦 [竹中直人]

石堂が新理事長に就任した際に石堂の所属していた企業グループ・国海重機からJAMSTECに引き抜かれる。

JAMSTEC新理事長

石堂将司 [遠藤憲一]

資源開発部門を増強するために、JAMSTECの舵取り役に任命される。深雪の父とは旧知の仲。

深雪の母

天谷直子 [原田知世]

10年前に夫を亡くして以来、カフェを経営しながら女手一つで深雪を育てた。

深雪の父/
元6Kパイロット兼研究者

天谷厚志 [時任三郎]

超深海の謎の現象”深海の宇宙”を追い求め、志半ばで病死。ロッカーから謎のビデオが見つかる。

エピソード

連続ドラマW 海に降る 番組詳細ページはこちら
 

第1話

JAMSTEC(海洋研究開発機構)の新人・天谷深雪(有村架純)は有人潜水調査船「しんかい6500」(6K)のパイロットを目指していた。亡き父・厚志(時任三郎)もパイロットで、命を賭けて「深海の宇宙」と呼ばれる現象の解明に挑んでいたが、志半ばで病死。深雪も「深海の宇宙」に辿り着こうとしていた。そんな折、厚志のかつての友人・石堂(遠藤憲一)が新理事長となり急激な組織改革を始め、深雪の夢をも否定する。

第2話

JAMSTECの広報活動の一環としてパイロットに抜擢された深雪。だが出航直前に、父のロッカーにあるビデオテープから謎の映像を発見してしまう。それは6Kが深海で忌まわしいトラブルに襲われた映像であり、亡き父も映っていた。動揺する深雪を乗せ、研究船よこすかは出航する。そのころ石堂は、資源分野以外の研究を切り捨て始める。あまりの苛烈な改革に反発する研究者たち。一方深雪は、ついに6Kに乗り深海に臨むが…。

第3話

深雪が見つけたビデオテープは父が命を落とした10年前の6K潜航時の映像だった。しかもそれは公の記録に残っていない「消された潜航」だった。なぜ、病死したはずの父が潜航していたのか、なぜ隠蔽されたのか、6K内で起きたトラブルはなんなのか? 一方、石堂と国海重機の陣内(竹中直人)は研究者を次々に解雇していく。性急な改革に深雪と高峰(井上芳雄)は石堂に対して疑念を抱くが、やがて高峰も解雇対象とされ…。

第4話

10年前の「消された潜航」に厚志と乗船していたのは潜航長・神尾(筒井道隆)と当時研究者だった石堂だった。深雪と高峰に問い詰められた神尾は、すべての真相を語り始める。その潜航は石堂、陣内、そして国会議員の菊屋(浜田晃)によって隠蔽されたものだった。潜航ポイントは、今は進入禁止になっている南海トラフの大規模泥火山だった。そこは、亡き父・厚志が追い続けた「深海の宇宙」がかつて発見された場所でもあった…。

第5話

10年前の「消された潜航」とは、墜落した米軍の軍用機の調査潜航だった。すべてを知った深雪は石堂に公表を迫るが、石堂はかたくなに拒否し、6Kの廃船を決定する。JAMSTECを資源に特化した団体とし、潜水船を全て資源掘削機に変えようと言うのだ。このままでは父が愛した6Kも守れず、「深海の宇宙」にもたどり着けない。深雪、高峰そして広報の
正田(板谷由夏)は、石堂の決定にあらがうべく、あらゆる行動に出るが…

最終話

高峰たちの努力により「深海の宇宙」の存在が証明され始めた。石堂は深雪の強い決意を受け、「深海の宇宙」の調査を許可する。そんな時、厚志が6Kで病死し、JAMSTECがそれを隠した事実がマスコミにリークされる。それは軍用機調査を知られたくない菊屋と陣内の妨害工作だった。マスコミが騒ぎ立てる中、深雪と高峰は「深海の宇宙」にたどり着くために、石堂はJAMSTECを守るために闘い始めるが……。

4K 壁紙

驚異的な深海の美しさを堪能できる4K壁紙をお楽しみください。

×

×

おめでとうございます!しんかい6500を発見!

WOWOWポイント50pt GET! WOWOWポイント50pt GET! WOWOWポイント50pt GET! WOWOWポイント50pt GET! WOWOWポイント50pt GET! WOWOWポイント50pt GET! WOWOWポイント50pt GET!

WOWOWポイントをGETするにはオンラインID登録(無料)が必要です。
登録はこちらから >