新着番組
連続ドラマW 監査役 野崎修平

連続ドラマW 監査役 野崎修平
放送予定日

2018年1月14日(日)スタート(全8話)
[第1話無料放送]


毎週日曜よる10:00

大手銀行の監査役が活躍する経済漫画を織田裕二の主演でドラマ化!強い正義感と厚い人情の持ち主である主人公が、銀行の不正を徹底究明すべく行内の抵抗勢力に戦いを挑む!

原作・周良貨、漫画・能田茂による経済漫画「監査役野崎修平」を織田裕二主演でドラマ化。監査役とは取締役の職務執行が正しく行なわれているかどうかを監査する役職。
舞台はバブル経済が崩壊し、金融当局が従来の政策を大転換させる“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末。当時の日本社会では、不良債権をひた隠す銀行、汚職に手を染めてでも権力を欲する政治家、株主総会にのさばる総会屋が幅を利かせ、まさに金と権力が渦巻いていた。このドラマは、そんな時代においても正義を貫くため奮闘するひとりの銀行員・野崎修平の活躍を描く痛快作だ。

野崎を演じるのは織田裕二。「連続ドラマW 株価暴落」で組織の論理に染まらず、自らの信念に忠実に突き進むバンカーを好演した織田が、今度は、持ち前の熱い正義感と人情、そして冷静な判断力で銀行の“悪”を暴いていく大手銀行の監査役を演じる。共演には本作で織田と初共演になる、岸谷五朗、古谷一行。脚本は「連続ドラマW 沈まぬ太陽」「連続ドラマW アキラとあきら」を手掛けた前川洋一、監督は「連続ドラマW 楽園」の権野元が担当する。

強い正義感と厚い人情の持ち主である主人公が、銀行の不正を徹底究明すべく行内の抵抗勢力に戦いを挑む!


<ストーリー>
おおぞら銀行地蔵通り支店長である野崎修平(織田裕二)は、正義感と人情味あるその人柄から行員や街の人々に好かれているものの、出世コースとは程遠い行員生活を送っていた。そんなある日、支店が閉鎖されることになると知らされる。出向を覚悟していた野崎のもとに人事異動の辞令が下る。その異動内容はなんと役員昇進である監査役への就任であった。

監査役になった野崎は銀行内での不正を目の当たりにし、この銀行を変えると決意する。そして銀行が抱える「究極の闇」にたどり着く。そこには、現おおぞら銀行頭取・京極雅彦(古谷一行)の影が…。野崎に対抗すべく、京極が出向先から呼び戻した剛腕の行員・武田真吾(岸谷五朗)も加わり、銀行内で熾烈な戦いが繰り広げられる。

やがて物語は銀行内にとどまらず、魑魅魍魎うごめく政界へも発展する。果たして、新任監査役・野崎修平はこの巨大な闇に立ち向かうことができるのか? 野崎の戦いが、今始まる…。

関連情報

原作:周良貨・能田茂「監査役野崎修平」(集英社刊)
脚本:前川洋一(「連続ドラマW 沈まぬ太陽」「連続ドラマW アキラとあきら」)
監督:権野元(「連続ドラマW 楽園」「連続ドラマW 5人のジュンコ」)
音楽:羽岡佳(「連続ドラマW アキラとあきら」「連続ドラマW 楽園」)
出演:織田裕二、岸谷五朗、古谷一行 ほか

コメント

織田裕二(監査役・野崎修平 役)

「株価暴落」に続いて2作目のWOWOWドラマ「野崎修平」の出演が決まった際のご感想、脚本を読んだ時の印象
「株価暴落」の時にプロデューサーと「また一緒にやれたらいいですね」と話していたので、本当に実現して嬉しいです。
前回と同じ銀行員役なのですが、今回は「野崎修平」という男の成長物語でもあるので、人間臭い野崎を出せないかと意識しています。

閉じる

織田裕二(監査役・野崎修平 役)

「株価暴落」に続いて2作目のWOWOWドラマ「野崎修平」の出演が決まった際のご感想、脚本を読んだ時の印象
「株価暴落」の時にプロデューサーと「また一緒にやれたらいいですね」と話していたので、本当に実現して嬉しいです。
前回と同じ銀行員役なのですが、今回は「野崎修平」という男の成長物語でもあるので、人間臭い野崎を出せないかと意識しています。

野崎修平を演じるにあたっての、表現したいこと、チャレンジしたいこと等、意気込み
原作は約20年前の設定で、バブルが弾けた後の不良債権の話がベースになっています。僕が演じる野崎修平は誠実で正義感溢れる真面目なキャラクターで、演じるのはとても難しいと感じています。
監査役はこれまでのドラマでは見た事のない役どころです。コンプライアンスが重視される現在を先取りした原作だと感じており、やりがいがあります。
20年前は今と比べて、良くも悪くも人間臭さが色濃く出ている時代なので、その雰囲気を出せたらいいなと思っています。

岸谷五朗さん、古谷一行さんとの初共演について
岸谷さんが演じる武田専務、古谷さんが演じる京極頭取は、原作では強烈なキャラクターですが、お二人がどのように演じるのか楽しみです。
共演も初めてなので「これは名シーンになった」と思えるお芝居がお二人とできればと思っています。

メッセージ
僕が演じる野崎修平は不条理と戦う男です。でも彼は市井に生きる普通の男です。その男が勇気を出して行動する事によって、周囲の一人一人を変え、やがて大きな組織すらも変えられる力になる。というメッセージがこのドラマの一番の見どころです。
個性豊かな登場人物も多く、各話で大変なイベントがあり、僕も覚悟して演じています。
ぜひ楽しみにしてもらえればと思います。

■役柄説明
熱い正義感と人情、そして冷静な判断力をもつサラリーマンの理想を絵にかいたような男。同期一のエリートと目されたが、ある事件の罪をかぶり左遷される。その後、三流支店の支店長をやっていたが、このたび、突然の監査役に抜擢された。自社内で行われている不正を目の当たりにし、企業体質を変えるため、役員を監査する「監査役」として孤軍奮闘する。

岸谷五朗(専務・武田真吾 役)

「監査役野崎修平」への出演が決まった際の感想、脚本を読んだ印象
社会の厳しさと誠実に生きる事の難しさ、己へのジャッジメント。
様々なテーマが混在するストーリーでとても魅力的な作品に出会えたと感謝しております。
しかもWOWOWで作品創りができる事、権野監督の作品である事とても幸せです!

閉じる

岸谷五朗(専務・武田真吾 役)

「監査役野崎修平」への出演が決まった際の感想、脚本を読んだ印象
社会の厳しさと誠実に生きる事の難しさ、己へのジャッジメント。
様々なテーマが混在するストーリーでとても魅力的な作品に出会えたと感謝しております。
しかもWOWOWで作品創りができる事、権野監督の作品である事とても幸せです!

織田裕二さんとの共演で楽しみにしているところ
織田さんは長年真摯に作品と向き合い難しい作品をクリアーしてきた俳優です。
主人公の真っ直ぐさと織田さんの作品への取り組み情熱などがリンクするような気がして、楽しみにしております。

■役柄説明
おおぞら銀行の関連会社・おおぞら興産社長から、おおぞら銀行頭取・京極により専務として呼び戻された豪腕実力者。総会屋に襲われるも、腕力で跳ね返すほどの力を持つ。

古谷一行(頭取・京極雅彦 役)

「監査役野崎修平」への出演が決まった際の感想、脚本を読んだ印象
WOWOWの作品には数多く出演させて頂いています。
作品のクオリティが高く、我々の年齢層の大人達が見ても興味をもてるテーマ、作品が豊富です。
今回も銀行を舞台にしたスケールの大きなドラマです。

閉じる

古谷一行(頭取・京極雅彦 役)

「監査役野崎修平」への出演が決まった際の感想、脚本を読んだ印象
WOWOWの作品には数多く出演させて頂いています。
作品のクオリティが高く、我々の年齢層の大人達が見ても興味をもてるテーマ、作品が豊富です。
今回も銀行を舞台にしたスケールの大きなドラマです。
表面は穏やかで柔和な頭取役の京極雅彦ですが、何を考えているのか解らない男。
一筋縄ではいかない、やり甲斐の有る役ですね。

織田裕二さんとの共演で楽しみにしているところ
この年齢まで役者をやっていると
初めての俳優さんは珍しい事ですが、織田さんとは初めての仕事になります。
今まで同じ作品に出演していて絡みがなかったというニアミスも無かった様です。
すごく楽しみにしております。

■役柄説明
穏やかな外見とは裏腹、その実は冷徹な策士。政治家とも近く、権力を意のままに操る。

原作

周良貨・能田茂「監査役野崎修平」(集英社刊)

ネットからならe割がお得です! 通常2,300円(税込2,484円)が、最大2か月1,800円(税込1,944円)に

15程度※1で視聴スタート!

ご加入はこちら

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの