25th

メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

ストライクバック3:極秘ミッション

ストーリー

テロと戦う男たちの肉体派アクション・シリーズ! 世界中を飛び回りながら、すべてを脱ぎ捨て、無謀なミッションに挑む彼らの豪快な救出劇から目が離せない。

レバノンのベカー高原。テロ組織のリーダー、アル・ズハリを捕らえようとする“セクション20”だが、メンバーのひとりをズハリの手下レオ・カマリに殺される。米国で休暇中だったストーンブリッジとスコットは急遽、カマリが向かった南米コロンビアのボゴタに向かい、同国のジャングルに降り立つ。カマリは麻薬ビジネスによって巨額の活動資金を生み出していたが、彼には別の顔があることが判明する。
その後もストーンブリッジ、スコット、彼らの同僚の女性レイチェルら“セクション20”はズハリを追って、レバノンのベイルート、ロシアのモスクワ、ハンガリーのブダペスト、そしてドイツのベルリンへと移動していく……。

  1. ボゴタ麻薬カルテル潜入作戦
  2. ベイルート 裏切りの報酬作戦
  3. ブダペスト 英雄の真実作戦
  4. モスクワ プリズン・ブレイク作戦
  5. ベルリン バイオテロ撃滅作戦

キャスト

マイケル・ストーンブリッジ

フィリップ・ウィンチェスター

声・高橋広樹

“セクション20”に所属するストイックで有能な軍曹。妻ケリーとの関係修復のため、いったん“セクション20”を離れてイギリス本国のSAS訓練キャンプの指導員になったが、訓練中のハプニングでやむを得ず部下のジェイクを射殺。逆恨みしたジェイクの兄クレイグに妻ケリーを殺害されるという憂き目に遭う。この事件を機に“セクション20”への転属を志願し、再びスコットらと危険な任務にあたっている

ダミアン・スコット

サリヴァン・ステイプルトン

声・藤原啓治

元SAS隊員ジョン・ポーター救出作戦への参加をきっかけに“セクション20”の一員となったタフでワイルドな軍曹。極秘任務の陰謀に巻き込まれ、デルタフォースを不名誉除隊にされた過去がある。型破りな劣等生タイプだが、優等生タイプのマイケルとの相性は抜群。ミッションの遂行能力も高い。無類の女好きでもあり、前シーズンはイスラエルの諜報機関モサドのメンバーのレベッカと惹かれ合ったが……

レイチェル・ダルトン

ローナ・ミトラ

声・藤貴子

“セクション20”に所属する少佐。元は対テロの極秘任務を遂行する英国の特殊偵察連隊の一員だったが、前シーズン、グラント大佐の後任として“セクション20”の指揮を執った。今シーズンは潜入調査に加わり前線で活躍する

ジュリア・リッチモンド

ミシェル・ルークス

声・宮山知衣

“セクション20”に所属する軍曹。ミッション遂行にともなうコミュニケーション全般を統括する責任者だが、状況に応じて前線に出て、自ら危険な任務につくこともある。頭脳明晰でハイテク技術にも明るく、複数の言語も習得している

キム・マルティネス

ミローナ・ジャクソン

声・東條加那子

コロンビアに駐留する現地情報に詳しいDEAの麻薬取締官。以前一緒に仕事をしたというロックも絶賛するほどの腕利き。カマリと付き合いのある麻薬カルテルのボス、ミゲル・ゴメスの拠点付近にて活動中で、マイケルたちの案内役となる

フィリップ・ロック

ロブソン・グリーン

声・森田順平

国防省に籍を置く中佐 。“セクション20”で作戦の指揮を執る。元は特殊部隊の出身で、30年にわたり最前線で活躍。若き日のマイケルをはじめとする訓練生の憧れの存在だった。任務の裏で家族が悲劇に見舞われた過去を抱えている

レオ・カマリ

スービン・ヴァーラ

声・大川透

ヒズボラ(イスラム過激派組織)のリーダー、アル・ズハリの右腕であり、組織の金庫番。“セクション20”のバクスターを射殺した犯人でもある。ズハリの情報をつかむべくこのカマリを追うが、次第に彼の別の顔が明らかに…

撮影秘話

配信は終了いたしました。

配信は終了いたしました。

海外ドラマLINEUP

海外ドラマ 放送ラインナップをチェック