25th

メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

リゾーリ&アイルズ6

※この作品は、クローズドキャプション対応番組です

捜査の最前線で活躍するタイプの異なる2人、刑事リゾーリと検視官アイルズが挑む本格犯罪ミステリー第6弾。

動画

閉じる
もっと見る

ストーリー

ボストン市警殺人課の刑事ジェーン・リゾーリと検視官モーラ・アイルズは、時に対立し合うこともあるが男性社会の警察で少数派の女性同士、なんでも本音で言い合える仲だ。
前シーズン、陸軍に戻った恋人ケイシー(クリス・ヴァンス)の子どもを妊娠したリゾーリだが、ある目撃者を守ろうとして犯罪者に襲われ、おなかの子どもを流産してしまった。一方、アイルズは付き合い始めた大学教授と別れる結果に……。

新シーズン、リゾーリの弟の刑事フランキーは追っていた容疑者ではない別の男性を撃ってしまい、罪のない市民に発砲した疑いで内部調査が入る事態に。果たして、フランキーは有罪になってしまうのか!?今シーズンも数々の極悪事件が発生し、リゾーリやアイルズ、そして彼女たちの仲間の身に危険が迫る。

閉じる
もっと見る

エピソード

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
閉じる

キャスト

ジェーン・リゾーリ

(アンジー・ハーモン/声・朴璐美)

史上最年少で刑事に昇格したボストン警察唯一の女性刑事。タフで負けず嫌いで男勝り。元相棒のコーサックと追っていた連続殺人鬼ホイトにより心身ともに深い傷を負わされた過去がある。男社会の警察の中、自分と正反対の性格のモーラは誰よりも気を許せる相手。恋人のケイシーとは、彼が軍を退役できなかったことにより破局。その後、妊娠が判明するが、任務遂行中に命を狙われた高校生を守ろうとして負傷し、流産してしまう。現在は、傷病休暇を経て現場に復帰。持ち前の刑事魂を発揮して、日々難事件に取り組む。

[アンジー・ハーモン]
プロフィール

1972年、テキサス州ダラス生まれ、モデルを経て女優に。
ドラマ「LAW&ORDER:性犯罪特捜班」などに出演

モーラ・アイルズ

(サッシャ・アレクサンダー/声・井上喜久子)

ケンブリッジ大卒の優秀でファッショナブルな主任検視官。冷静沈着で、憶測で発言することを嫌う。人付き合いは苦手で、博識ゆえに余計なうんちくを披露して周囲をしらけさせることもしばしば。名家で育った令嬢らしくエレガントだが、実の父親ドイルはマフィアの殺し屋で服役中。前シーズンは、大学教授のジャックという恋人ができるが、彼の元妻が娘を連れて州外に引っ越すこととなり、ジャック自身も引っ越しをするかどうか悩む事態に。彼と娘の関係を大事にしたいモーラは、自ら身を引いて彼と別れる。

[サッシャ・アレクサンダー]
プロフィール

1973年、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。
「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」などのドラマや映画に出演

ヴィンス・コーサック

(ブルース・マクギル/声・楠見尚己)

ジェーンの同僚のベテラン刑事。ジェーンにとっては仕事上の良き相談相手で、父親的な存在。3度の離婚歴があり、別れた妻との間に義理の息子がいる。前シーズン、退職後の準備を兼ねてジェーンたち行きつけのバーを買い取り、オーナーとなる。

アンジェラ・リゾーリ

(ロレイン・ブラッコ/声・寺内よりえ)

お節介が玉にキズな愛情深いジェーンとフランキーの母。署内のカフェに勤務し、ジェーンの上司カヴァナーと交際していたが、彼との別れを機に署内のカフェを辞め、就職活動を経験。最終的には、コーサックが買い取ったバーで働いている。

フランキー・リゾーリ・ジュニア

(ジョーダン・ブリッジス/声・茶花健太)

ジェーンの弟。姉を尊敬しており、彼女の影響を受けて警察官となった。念願の刑事への昇格を果たした後は、昇進に向けてさらに奮闘。前シーズンは、勤務のかたわらコンピューター・サイエンスの夜間授業を受けるなど、スキルアップに励んだ。

ニーナ・ホリデー

(アイダラ・ヴィクター/声・世戸さおり)

前シーズン、亡きフロストの穴を埋めるべくボストン警察殺人課に異動してきた新入りの情報分析官。元は刑事。ITスキルに長けており、かなり優秀。基本的に現場へ出ることはなく、署内でジェーンたちを後方支援する。

ケント・ドレイク

キキ

閉じる
もっと見る